CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

26『やさしくなあに〜奈緒ちゃんと家族の35年〜』2018横川シネマにて21

[2018年03月22日(Thu)]
『やさしくなあに〜奈緒ちゃんと家族の35年〜』
(監督:伊勢真一、出演:西村奈緒、西村記一、西村信子、西村大乗、110分、2017年、日本ドキュメンタリー映画)

1803やさしくなあに.JPG

2018年、映画鑑賞26作品目にして、劇場での鑑賞21作品目。

癲癇(てんかん)と知的障がいをあわせ持ち、2、3才の時に長く生きられないと医者から宣告された奈緒ちゃんとその家族を、奈緒ちゃんが8才のときから35年間追い続けたドキュメンタリー映画。

元々は、奈緒ちゃんのお母さんが、監督のお姉さんだったため、家族のための記録として撮影をはじめたものの、結果として、この作品を含めて4本のドキュメンタリー映画になっている(私が観たのは、この作品だけ)。

そういった経緯もあって、映画は、アットホームなというか、お母さんとお父さんのいざこざや奈緒ちゃんの弟の葛藤などについて、近い位置で描写していきますので、本当に個人的な記録なのですが、それ故に、自分の家族のことやいろいろ思い巡らせてしまう。

奈緒ちゃんが、家族や仲間が険悪な雰囲気になったときに発する「ケンカしちゃいけないよ。やさしくなあに、でしょ・・・」という言葉が映画のタイトルになっていて、奈緒ちゃんの存在の大きさが、ほのぼのと伝わってくる作品です。

3月31日まで、横川シネマにて。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ