CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

01はたけの来訪者

[2008年06月24日(Tue)]
5月から紙ベースで出していた、ワンポイントはたけ通信が、11号になっていたので、とりあえずそれをブログ用に書き直そうかと思ったら、はたと筆が(指が)止まりました。やはり、読者が想定できる紙の通信と、よく読者がわからないブログでは書こうとする時の心構えが違うので、とまどってしまいます。

気を取り直して、書き直せそうなものを書いてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はたけには、近所の猫やうちの猫がちょっとトイレを拝借に来たり、蝶やいろんな虫が野菜を食べに来たり、モグラがミミズを食べに来たりしてます。去年は、これまで来たことのなかった猪までやって来ました。寒い時期、夜中に来るので、少しだけはたけから離れている私は気づかなかったのですが、はたけの前の人にはわかったようです。私が耕している部分で、ほっておいてもいいところに、楽しそうに泥遊びをした跡(本当は、ミミズを探して鼻で土をかきわけた跡)があったので、そこの部分は猪に解放してやることにしました。他の人のはたけに行くのがそれで少しでも防げるのならと思って。どうせ、春まではそこの部分は作る予定はなかったし、春になったら山にも食べ物ができて降りてくることはないはずですから。

その他、鳥たちもやって来ます。はたけを耕しているとき、掘り返されて出てきた虫やミミズを狙って、私から付かず離れずのところにムクドリなどがやって来ることがあります。

先日、水をまいていたら、コンコンコンとリズミカルな音が聞こえてきました。隣の人が何か作業をしているのだろうかと見てみると、キュウリの支柱をコゲラというキツツキ系の小さな鳥がつついているのでした。支柱は笹竹なので、中の虫を狙っているのでしょう。日ごろはあまり人を近づかせない鳥なので珍しいなと思いながら、ちょっと写真でも撮らせてもらおうと、心の中で声をかけながら近づいていくと、3mくらいまで近づかせてくれました。簡単なカメラでこれだけ大きく撮れるなんて、時にはこういうこともあります。拡大してみると、木の幹につかまる鳥なので足の指と爪が立派なのがよくわかります。

コメント
コメントありがとうございます。またどうぞ。
Posted by:村夏至  at 2008年06月26日(Thu) 22:12
音符畑の話がたのしいです。
また、きてみようと思います。
Posted by:由緋里葉  at 2008年06月26日(Thu) 12:21
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ