CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

502_苣(チシャ)の脇芽と蛞蝓(ナメクジ)

[2017年06月22日(Thu)]
近所でもらった苣の苗。少しずつ大きくなった葉っぱをかいては、使っています。

170620チシャ.JPG

だんだん、背が高くなってきているので、そろそろ薹(とう)が立って終わってしまうかなと思っていたら、脇芽が出てきて、いかにも柔らかくて食べよさそう。

170618ちしゃの枝芽01.JPG

ここまでしっかりした脇芽が出てくるのは珍しいような気がします。何か出やすくなるような条件があるのでしょうか?

170618チシャの枝芽02.JPG

私が気づいていないだけで、いつも結構出てるのかもしれませんが。

それはそうと、苣やレタスは、虫が齧(かじ)ると乳白色の液体が出てきて、それに催眠作用があるために、虫が付きにくいということは以前にも書きました。

一見、やわらかくて虫に食べやすいそうに見えるので、農薬なんかがたくさん使われていそうな印象ですが、使わなくてもぜんぜん大丈夫(私は他の作物も含めて農薬は使ったことはありません)なんです。

ただ、蛞蝓(ナメクジ)にだけは、少し食べられてしまいます(それほど大きな影響はない)。それって、もしかしたら、蛞蝓は、もともと動きが鈍いため、その毒の影響が少ないということでしょうか?蛞蝓がのろまなのにも、利点があるということになるような。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ