CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

山口県東部のこころの糧マガジン「くるとん」49号 新しいステージへ

[2017年05月11日(Thu)]
発刊以来、毎回山口県東部(特に岩国地域)の地域を絞って、その地域々の話題を提供してくれてきた「雑誌くるとん」(私は、対象人口が少なすぎるという意味で、この雑誌の無謀とも思える心意気に惚れていて、2009年の創刊号から持っています)。

1705くるとん49.JPG

今回から、地域の枠を取り払って、より人を取り上げた読み物にしていく方針に変わったようです。

最後のほうに、編集長の藤井さんがインタビューされる側になった記事があり、そのあたりの方針転換も含めて「くるとん」についての制作秘話が語られていて必読です。

全体としては基本的に、ライターが自分の得意分野を取材して、写真も文も手がけるというスタイルをとっていて、それが記事の最後に明記してあり、それも好ましい。そして、取り上げてある人や事柄は興味の持てるものばかり。

地域に紹介したい人、応援したい人がいて、
その人を応援するための紙のメディア「くるとん」を作る人がいる。

インターネットで手軽に情報が手に入れられる時代になりましたが、紙のメディアの良さには変えがたいものがあります。なんだかんだ言ってもアナログデータのほうが心に残る率が高いからです。それを続けるためには、やはり定期購読者が一定程度必要だと思います。是非あなたもお仲間になって、一緒に支えていきましょう。

市内の書店などで手にすることができるし、私も持ち歩いていますので、声をかけていただければ見せることができます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ