• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

478_間引いた苗は、また苗として使えるのか?

[2017年04月26日(Wed)]
タネから苗を育てるとき、最初に2、3粒のタネを蒔くことが多いので、うまくいけば(大概うまくいく)2、3本の芽が出てくるので、背が高くならないように3本立てにするオクラなどを除けば、1本立ちにするために、ある程度大きくなったところで一番育ちのいいのを残して、あとは抜き取ります。

そのとき、密接して生えているので、引き抜く感じになるので、小さい根までは抜ききれないため、これまでは、もうダメだと単純に思い、間引いた苗は捨てていました。

しかし、最近観た、震災で流されたタネ屋さんを追いかけたドキュメンタリーフィルム『息の跡』の中に苗を植え替えるシーンがあり、結構、大胆に植え替えていたので、もしかしたら、植え替えてもちゃんと育つかもしれないと思い、やってみることにしました。

これまでより、気持ち丁寧に抜いてやって、別に用意したポットに植え替えてやるわけです。

170425苗の実験03.JPG

170425苗の実験04.JPG

170425苗の実験05.JPG

最初は当然、しおれてしまいますが、

170423苗の実験01.JPG

1日後、見てみると、復活しています。もしかしたらうまくいくかもしれません。

170424苗の実験02.JPG

最初は、今大きくなってきているミニトマトの苗でやってみたのですが、茄子(ナス)やピーマンも苗が大きくなってきたらやってみようかと思います。


実は、先ずミニトマトが大きくなったからこそやってみようかと思ったところがあります。というのも、トマト、茄子、ピーマンは、同じナス科なのに、ぜんぜん違って、トマトはとても乾燥に強く、むしろ乾燥していたほうがおいしい味の濃い身になります。ピーマンも比較的乾燥に強いのですが、トマトほどではない。そして、茄子は、水が大量に必要で、夏の時期、水遣りが大変です。

というわけで、トマトは大丈夫かな、という予想があったのでやってみた部分があります。

でも、苗のときの強さというものは、大人になったときのとは違うだろうし、ちょっと苦しめてやったほうが、より丈夫になるということもあるので、実際のところはよくわかりません。

だいたい、葱(ネギ)みたいに、死んでしまったんではないかと思うくらい1、2ヶ月乾燥させておいて(乾燥葱と呼びます)から植えると、また旺盛になったりするので不思議です。

何はともあれ、これで苗が増やせるのなら、人に分けてあげる苗も作りやすいというものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ