CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

10キュウリの好きなウリハムシ

[2008年06月28日(Sat)]
キュウリが採れはじめました。夏野菜の季節のはじまりです。

キュウリにもいろいろ食べ方がありますが、この時期のうちの食べ方の定番は、朝、はたけからもいできたキュウリを厚めにスライスして氷水の入った大きな皿に入れて食卓の真ん中に乗せ、それぞれが手づかみでボリボリ食べるだけというシンプルなもの。実はこれが一番うまい(甘い)。

キュウリなどのウリ科の葉を好んで食べる虫は、そのものずばりのウリハムシといいます。キュウリの苗を植えるとどこからともなくやってきます。最初の何枚目(専門的には何節目)かまでの葉は、ほとんど食べられてしまいます。

でも、心配しなくても大概は大丈夫。つぎつぎ出てくる葉っぱはだんだん食べられなくなってきます。

ウリハムシというのは、近くでよく見るとなかなかひょうきんな顔をしています。目が点って感じなんですよね。おまけに、口の部分も色が濃くなっているものですから。見かけるとつぶしちゃいますけど。



コメント
コメントありがとうございます。
私もやっつけるようにしているのですが、意外とすばやく逃げますよね。
Posted by:村夏至  at 2008年07月01日(Tue) 03:38
はたけ通信楽しくよませてもらってます。
ウリハムシ、“畑初心者”の頃は、こんな小さな虫がキュウリの葉をレースにしてしまってるなんて信じられませんでしたよ。
写真よく撮れてますね。にっくきヤツの意外に可愛いお顔、しかと見届けました。
でも、いくら可愛くたって許しません。

見たら速攻やっつけます。

Posted by:マンゲツ  at 2008年06月30日(Mon) 21:43
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ