CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「鼻人ぬ宝&高森とことん祭・2014」に参加してきた

[2014年11月02日(Sun)]
10月31日から11月3日にかけて開催されている「鼻人ぬ宝(はなんちゅたから)」の2日目は、岩国市周東町の佐伯屋ホテルで「高森とことん祭・2014」として行われました。

オープニングは、地元高森のお姉さま方で結成する「高森チンドン隊」。弾けた衣装で楽しませてくれます。何より、楽しそうに演じているのがいいですね(先日長門市の俵山で行われたチンドンコンテストでグランプリを受賞したそうです)。鼻笛の合奏を披露。

141101鼻人ぬ宝09.JPG

続いて登場したのは、地元ではお馴染み。周防大島の兄弟デュオ「マウンテンマウス」。この日は昼間は山口市での出演から帰って来ての出演。いつもながらあったかな気分にさせてくれます。通常のコンサートでも鼻笛を使っているようです。

141101鼻人ぬ宝10.JPG

休憩中に出てきた「錦帯橋SKY丼」。岩国西商工会が、合併した周東町、玖珂町、由宇町の特産品を活用して開発したどんぶりだそう。周東町からは高森牛、玖珂町からはハーブソルト、由宇町からはトマト。初めて食べましたが、なかなかいけます。

141101鼻人ぬ宝11.JPG

最後は、日本随一の鼻笛奏者のモスリンさんのステージ。鼻笛の歴史などのお話もたっぷり聞かせてもらい、今回のツアーが終わったら、富山でレコーディングを行う予定の鼻笛のために書いてもらった曲も演奏してくれました。さすがの美しい音色です。

写真は、速いフレーズが難しい鼻笛での「トルコ行進曲」を演奏しているところ。超絶技巧です。

141101鼻人ぬ宝12.JPG

三重では年末に、鼻笛で第九を演奏する会が開催されるらしく、三重から参加している人もいたりと、鼻笛文化の拡がりを感じさせるイベントでした。

「鼻人ぬ宝」は11月2日には光市で、3日には大島でも開催されます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ