CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

435_はたけの花たち14

[2014年09月15日(Mon)]
6月に撮ったのに、同定ができずに掲載保留になっていた花もあったのでちょっと時期がずれてしまいましたが(もう、いきなり秋になってきたので)。

最初の4枚は、6月の花です。

まずは小茄子(コナスビ)の花。小さな花ですが、時計草のような雄しべ?が特徴です。5oくらいの小さな丸いナスのような実が成るのでこの名前が付いたようです。

140608コナスビの花01.JPG

鷺苔(サギゴケ)。羽を広げた鷺を連想させる花で、低姿勢ではびこっていく野草です。

140608サギゴケの花02.JPG

溝隠(ミゾカクシ)。上半分は?と思わせるような可愛らしい花。名前のとおり、畝と土手の間の溝にはびこっていました。

140608ミゾカクシの花01.JPG

掃溜菊(ハキダメキク)。江戸の世田谷区の掃き溜めで見つかったためこんな命名になってしまった熱帯アメリカ原産の外来種。でも、案外かわいい花です。

140626ハキダメギク01.JPG

ここからあとは8月に撮った花です。

野紺菊(ノコンギク)だと思われます。名前ほど紺色ではなく、淡い紺色。

140810ノコンギク?花.JPG

雌日芝(メヒシバ)。姫芝ではありません。似ているけど、茎や葉がより丈夫な野草があり、それを雄日芝(オヒシバ)というのに対比して付けられた名前のようです。

140810メヒシバ花02.JPG

雌日芝の花を拡大したところ。

140810メヒシバ花拡大.JPG

バジルの花。シソ系なので、小さな花がたくさん付きます。

140823バジルの花02.JPG

モロヘイヤの花。

140823モロヘイヤの花.JPG

韮(ニラ)の花。賑やかで好きです。

140828ニラの花.JPG

これはなぞのつる性の花。星型で鮮やかな花が特徴です。多分お隣の庭からのこぼれ種から毎年咲くので、花を愉しむ栽培植物なのでしょう。

140812○△花.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ