CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

416_梅雨時期のはたけ(西瓜の受粉など)

[2014年06月27日(Fri)]
梅雨時期の畑の様子を前々回に続いて。

今年は、4月末の西瓜(スイカ)のタネの人肌促芽実験から、タネから作ることにはまってしまったので、全体的に成長状況は遅れ目です(趣味でやってるので問題はありません)。

隠元豆(インゲンマメ)たち(2種の隠元が一緒に入ったタネを買ったので)が大きくなってきてもう少したら花が咲くでしょう。

140626インゲン.JPG

陸蓮根(オクラ、これって一応英語なのですね)は、丸陸蓮根が好きなのですが、苗がもう売っていなかったので、五角陸蓮根を買いました。そして、今オクラ(遅れ)ばせながら丸陸蓮根をタネから育苗しています。

140626オクラ.JPG

西瓜(スイカ)のしっかりした雌花が咲いたので、一応雄花を摘んで受粉しました。受粉部分の拡大写真とともに。今年も蜂(ハチ)たちがしっかりいるようなので、人工授粉をする必要はないと思われますが、念のため。上手くいけば、これが今年の西瓜第一号。
受粉が上手くいかないと、そのまま枯れてしまいます。

140626スイカ受粉01.JPG

140626スイカ受粉02.JPG

苗を一本ずつもらったズッキーニ。ちょっと育ちすぎたのかも。ズッキーニも胡瓜(キュウリ)などと一緒で未熟の実を採るのでしょう。ただ、あまり経験がないので、採りどきがわかりません。

140626ズッキーニ.JPG

他の苗にも出来つつあります。

140626ズッキーニ (2).JPG

5月の連休に植えたつくね芋は、手前のものがよく育っています。

140626自然薯01.JPG

一応全部芽は出ていて、一番遅いものでもこんな感じ。後ろに倒れながら咲いているのは,人参(ニンジン)の花です。

140626自然薯02.JPG

里芋(サトイモ)も順調です。

140626里芋.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ