CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

401_はたけの虫たち15

[2014年05月27日(Tue)]
現在うちのはたけではパクチーが花ざかりで、もうじき咲き始める人参の花とともに、小さい花ながら、平面上に広がって広い面積を占めているためか、たくさんの虫たちが時間を変えて、入れ代わり立ち代わり現れます。

意外と同じ花に違う種類の虫がいないのは、お互い遠慮し合っているのか、肉食系の虫がいる場合は、草食系の虫は食べられてしまっていないのか、理由のほどは定かではありません。

蜜を集めるハチ系の虫。

140503パクチーの花に虫.JPG

獲物を待つ、花蜘蛛(ハナグモ)。

140503ハナグモ.JPG

初めて見つけました。てんとう虫の抜け殻。

140524てんとう虫の抜け殻03.JPG

140524てんとう虫の抜け殻04.JPG

カミキリ系の虫にも、蜜は美味しいのでしょう。貪るようにし食べていました。

140524パクチーの花に虫03.JPG

小さなカナブン系の虫(名前を忘れてしまった)。

140524パクチーの花紫01虫つき.JPG

何系の虫かよくわかりませんが、角度を変えてみると、カメムシ系かな。

140524パクチーの花紫に虫01.JPG

140524パクチーの花紫に虫02.JPG

パクチーの花びらよりも小さなほんの2、3oの虫。

140524パクチーの花紫に虫03.JPG

これもパクチーの葉の裏にとまる体長数oの小さな虫。

140524パクチーの葉の裏に虫.JPG

ここからは、パクチーにみかけた虫ではありません。
人参の葉の中にいた甲虫類の虫。緑がきれい。

140503甲虫01.JPG

と、眺めていたら、体にどうもダニ系の虫(ダニは虫ではないなどと無粋なことは言わないでください。大雑把に虫のうちということで)に寄生されているようです。共存しているのか、それとも蝕まれつつあるのか?(今気づきましたが、蝕むという時は、虫食むという字になっているのですね)

140503甲虫04.jpg

140503甲虫05.jpg

アスパラガスの頭にいた瓜葉虫(ウリハムシ)に似た虫。

140503虫01.JPG

酸葉(スイバ)の花にとまる二つ星テントウ(という名前があるのかは知りません)。

140524二つ星テントウ.JPG


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ