CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

08ジャガイモの実

[2008年06月27日(Fri)]
ジャガイモは、地下の芋を収穫するので、花の方に栄養がいかないようにするためか、花ができたら摘むと言う人もいます。私はその影響のほどがよくわからないので、摘んだり摘まなかったり。今年はきれいな花を撮影したくてほうっておきました(写真はジャガイモの花)。

ところで、ジャガイモに実はできるのでしょうか?なんて、下の写真のとおりちゃんとできます。知らない人が多いし、注意を払う人もあまりいないので、時々「ジャガイモにトマトが実った」なんて新聞記事になったりします。ジャガイモは、地下茎の一部に栄養を蓄えて増えるという戦略をとったためか、人間がその地下茎の一部を食べ物として選んで、そっち方面を進化させたためか、実のできにくいものが多いようですが、ジャガイモの種類によっては実が普通にできます。

赤くならないミニトマトって感じですよね。お味のほうは?ためしに食べてみました。ちょっとすっぱくて、トマトっぽい印象もありますが、残念ながらおいしくありません(ジャガイモの実には毒があるという話を後で聞きましたので、食べることはお勧めしません)。

ところで、ジャガイモは植え付けから3ヶ月くらいが収穫時期(そのころには、葉っぱも茶色く、まだらになってくる)と言われていますが、今年は春が少し寒かったので、遅めに植えました。うかつだったのは、梅雨があると言うことを忘れてたということ。あまり湿気には強くないみたいなので、いつまで収穫を待つかが問題。遅いと雨にやられて腐ってしまうかも。はたけのお隣さんは、「去年は、7月までおいておいたけど、大丈夫だったよ」と言ってましたけど、違うはたけなのでちょっと気になります。

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ