CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『少女は自転車に乗って』

[2014年01月30日(Thu)]
『少女は自転車に乗って』(サウジアラビア・ドイツ合作映画、監督・脚本:ハイファ・アル=マンスール、2012年)

140120彼女は自転車に乗って.JPG


異なった文化色の強い映画というのは、違和感がありすぎる場合があって困ります。それは、私の偏見といえば偏見なのかもしれません。

例えば映画の中で見られた、イスラムの世界で外では女性が黒い布で顔を隠す習慣。映画の中でも、きっちり覆って目しか見えない人から、ほとんど覆っていない人までいろいろ。どれだけ厳密なのかよくわかりません(もしかしたら、黒い布が首にまいてあるだけで、隠しているという記号として機能しているの?)。

どれくらいが逸脱とみなされるのか、そこに住んでいる人たちの中で、どれくらいの重みや位置を占めているのかというのがわからないので、もしかしてここが笑いどころなの? というところがあったり。

そのほか、この映画のテーマにもなっている自転車は、女性が乗るものではないとされているようなのに、近所の男の子に借りて空地で練習したりできるんだ!? みたいな。

根がいいかげんなので、面倒くさそうな習慣というものになかなか価値が見出せないというか、そういうものから比較的楽な暮らしをしているので、つらい状況に想像が至らない(共感できない)のかなと思います。

身近にもある偏見などに引き寄せて、考えるといろいろ関連することもあるのでしょうけど。

違う文化を味わうという意味では、興味深いのです。

2月7日まで、江戸の神保町の岩波ホールにて。


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ