CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『驚きの介護民俗学』

[2012年10月03日(Wed)]
『驚きの介護民俗学』(六車由美著、医学書院、2012年)

1205驚きの介護民俗学.JPG


やはり、人がいるところに、現場があるんだなあ。と、あらためて感じさせてくれる本。特に、老人保健施設は、この10年くらいでたくさんできて、時代を象徴するような施設になっていて、何かと関心を持っているところだったので、私にとっては、タイムリー。

民俗学者の六車さんが、介護施設に転職して、そこで出会った利用者の語りや行動の中から立ち上がる思いもしなかった豊かな世界に驚き、介護民俗学を構想し、「介護現場は民俗学にとってどのような意味をもつのか?」そして、「民俗学は介護の現場で何ができるのか?」という両面からアプローチしています。

私が一番印象に残ったのは、著者がレクリエーションの当番が回ってきたときに苦し紛れにジェスチャーゲームをしてみたところ、思ってもいなかったような細かな記憶を、利用者のカラダが持っていたというところ。

そして、個人史に寄り添ってこそ見えてくる、利用者の問題行動の意味。

介護現場で活用されている「回想法」が、対象者を受け入れることによって、対象者が「発語量が増えた」とか「表情が豊かになった」「物事に対する集中力が出てきた」「認知症の周辺症状が軽減した」りすることを目標とし、その効果を客観的に評価する、という技法に偏っていることを批判しながら、自分が余裕のない職場に配置転換になったときには、やはり技法に頼ったり、技法の向上に達成感を見出したりすることも書かれています。

介護民俗学の視点を持つだけでは、現実の厳しい介護現場での仕事はやっていけないのだとは思いますが、実際、本書に出てくる利用者の体験は、ただ受け止めて聞き流すにはもったいない。そのあたりのバランスがうまくいって、学問的な価値もですが、実際的に利用者や社会に還元される仕組みのようなものができるといいのではと思いました。

言い換えると、今は利用者が一方的にサービスを受けることに偏りすぎていますが、利用者が自分や他人にできること(お互いに学べること)がもっとありそうな気がする。介護民俗学は、その一つの視点を与えてくれるのでは。


コメント
音楽というものが、個人の感情をゆり動かす力には、本当にすごいものがあるのだなあと常々思います。
Posted by:村夏至  at 2012年10月04日(Thu) 07:25
高齢者といわれる人たちに、篠笛を聞いてもらうことがちょいちょいあります。定番の唱歌ひとつ吹いても、聞く人の心に浮かぶものは様々のようで、「聞いててこんなことを思い出したよ」と話しかけられることもあります。思い出を語る彼らの顔は(それが口惜しい思い出でも)楽しそうで、時間をとってゆっくり聞きたい気持ちになります。触媒としての音楽の効用かも知れません。
Posted by:小ぎつね丸  at 2012年10月03日(Wed) 23:28
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ