CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

岩国の旅_最終回 その13「とことことレイン」

[2012年09月08日(Sat)]
錦パレスホテルから歩いてもすぐのところに「とことこトレイン」の終着駅_雙津峡温泉駅があります。

今回は乗っていませんが、2年前には数家族で乗って楽しみました。

「とことこトレイン」は。錦川清流線錦町駅から雙津峡温泉までの約6キロの間を、鉄道が走る予定だった跡地を利用して走る観光用のトロッコ遊覧車。

途中には、光る蛍光石で装飾されたトンネル「きらら夢トンネル」もあります。走行時間は約40分。ゆっくりとした速度で、とことこと自然の景観を楽しめます。

ちなみに、現在は、2005年の愛知万博で活躍した電気自動車「グローバル・トラム」を使っています。

ちょうど、ホテルをチェックアウトした頃が、到着時間だったので、見学に行ってみました。夏休み最後のお休みの日とあって、家族連れてお客さんはいっぱい。

120902200とことこトレイン- コピー.JPG

そのあと、自動車で1時間弱、錦川沿いを自動車で下り、山陽新幹線新岩国駅で友人と別れて今回の旅を終えました。私もはじめて行った場所もあり、のんびり楽しみました。

ここで、最後に宣伝(結局宣伝!? 錦川清流線からお金をもらっているわけではありませんが)。
錦川清流線では、ホームページでイベント列車の紹介もしています。
直近では、「マツタケ料理と温泉の堪能列車」10月1日〜31日の毎日。「「利通様」後利益ツアー」9月24、25日。
ホームページからの予約もできます。

JR岩国駅から片道1時間ちょっと。大阪からの旧友も楽しんでくれた錦川清流線旅。おススメです。

12月13日に開港する岩国錦帯橋空港を使うとさらに便利(余裕で日帰りできたりするのですが、できたら宿泊して、空いた時間をゆっくり岩国や岩国近辺で過ごしてもらいたいものです)。


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ