CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

06種芋の植え方

[2008年06月26日(Thu)]
前回書いたジャガイモの芽欠きの感触について、知り合いが面白い表現をしてくれたので紹介します。

「瓶の底に固まりかけた糊状のものを引っぺがそうとしたら、思いがけずうまくひとかたまりになってはがれた時」(しかも瓶に接していたところがツルツル)

どうです?ちょっと経験してみたくなったでしょ?

ところで、ジャガイモやサトイモは、畝を作るときに、畝の伸びる方向に対して直角に山と谷を作り、その谷の部分に種芋を植えます。それは、ジャガイモの場合、種芋から芽が生えてきて、どんどん上に伸びていくわけですが、その茎の途中に別の茎が伸びてきて、その先が大きくなって芋になるという育ち方をするので、茎の部分を土で覆ってやったほうがいい。そのために、最初に谷の部分に植えて、茎が育ってきたら周りの土を茎にかけて(土寄せといいます)やって、谷と山を逆転させてやるわけです。

ジャガイモは、根っこもどんどん下に生えていくタイプの育ち方をしないので、事前に肥料を土の深い位置に混ぜておく(元肥といいます)ことはしません(私の場合は、種芋を植えたときに山の部分に少しくぼみを作って、そこに菜種油かすを少し入れる程度です)。

サトイモもも種芋の上のほうに芋ができてくる(ジャガイモのできた方とは違います)ので同じように谷に植えますが、一つ違うのは、サトイモはもともと雨の多い地帯が原産なので、水分が多量に必要です。日照りの時には水遣りが欠かせません。それでも、土の下のほうが水分がありますので、それも理由の一つかなと。同じ植え方をしてもその理由には、微妙にいろいろあったりします(写真ではわかりにくいけど、谷に育つサトイモの若芽)。

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ