• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

269_水孔からの出水

[2012年06月06日(Wed)]
なんだかまったく情緒のないタイトル。

専門用語で書くとこうなる(どう読むのかさえわからない「すいこうからのしゅすい」?)のですが、実際の映像を写真にするとこうなります。

120604ミニトマト出水500.JPG

一般には、朝露と混同(実際朝露の部分と出水とが混じっている場合もあるでしょう)されていますが、葉脈の先端などの葉っぱの端っこにある水孔とよばれる開口部から水が出てきて水滴になっている状態です。

(一応説明しておくと、朝露は、空気中の水蒸気が多いとき、朝方気温が冷えてくると、空気中気体の状態でいることができなくなってくっつきあって水滴になり、植物の先端や車の車体などに付着したものです)

一般に、葉っぱの裏側には、気孔と呼ばれる開閉する孔(あな)があって、二酸化炭素を取り入れて光合成に使い、その廃棄物として酸素を排出するというのは、学校で習ったりするので知っている人もいたりすると思います。そこから水蒸気も出入りはします。

一方、水孔は空きっぱなしで水が出てくるところ、と書いてあります。植物によって数が違ったり、水滴になるほど出たり出なかったり。上にあげている写真はミニトマトの葉っぱで、ミニトマトではよく見かける現象です(ルッコラの葉っぱなんかもきれい)。

何のために、水滴になるほど水を出すのかは、諸説あるようです。

単純に考えられるのは、過剰な水分を排出するというもの。

植物のおしっこだという説。上と一緒のようですが、微妙に違うのは、老廃物などで水に溶けるものを出水という形で排出しているということです。

排出することによって、根から水を吸う勢いを増して、根の周辺にある栄養分を引き寄せるのだという説。

いずれにしても、以前苗やタネを植えるときに、事前にしっかり水を撒いてやるという話を書いた時の話と通じるのですが、水というのは極性を持っていてとてもお互いにくっつきやすい性質を持った物質なので、鎖のようにつながっているというイメージを持ってもいいものです。そこで、葉っぱの先端からに穴が開いて排出できる仕組みを作ってやると、その水は根っこまで(あえて書けば、根っこの先の土の中まで)つながっている水を引っ張ってやる作用があるわけで、絶えず土の中から葉っぱの先端に向かって水が流れている状態ができているというイメージになるわけです。

その水の大きな流れがあって、その水を活用して植物は、さまざまな生命活動(土の中からミネラル分を吸収したり、呼吸をしたり、光合成ででんぷんをつくったり)を行っているわけですから、当然、過剰な水分を外に排出もしているでしょうし、老廃物も出しているだろう(余分なミネラル分は、また土に還って自分で活用できる)、ということになるわけです。

あらためて、書いてみると、植物って、土の中の水分を吸い上げて空気中に返しているんですね(一部は水滴になって直接土に還る)。そして、その水分が雲になって、雨になってまた土の中に戻っていく。水の循環の一翼を担っている。当たり前なことですが、ちょっと植物を観る目が変わってくるような気がするのは私だけ?

出水は小さな水滴の場合にはきれいな球形になる場合があります。一昨日の朝撮ったものです。

120604ミニトマト出水501.JPG

120604ミニトマト出水502.JPG

例によって、トリミングでだんだん近寄っていくと、水滴の中にミニトマトの花があってきれいです。

120604ミニトマト出水503.JPG

トマトは乾燥したところが原産地なので、どんどん水分を飛ばしてしまって困らないのだろうかと不思議に思っていたのですが、こうやって考えていくと、少ない水分を地中から吸い上げるためには水をどんどん排出する必要があるということなのでしょうか?

撮影機材:オリンパスOM-D E-M5+ M.ZUIKO DIGITAL 45o/f1.8+MCON-P01(マクロコンバーター)



コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ