CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

NPO法人エルマーの会

[2012年05月30日(Wed)]
エルマーの会は、軽度発達障がいの子を持つ親がつくった会。自分がいなくなってもわが子が就労する場を自分たちで作ろうと考えた主婦の呼びかけからはじまって、現在は、貸事務所を日本財団の助成金でリフォームし、事務所兼作業所兼一次預かり所を運営しています(外部講師を呼んで、発達障がいについての勉強会なども熱心に行っています)。

代表理事の方は、昔からの知り合いなのですが、いつも前向きで(しかも飄々としている)本当に感心してしまいます。時々作業所で作るパウンドケーキやクッキーなどのお菓子(とてもいい材料を使っていておいしい)を買わせてもらう時に話しをさせてもらうたびに、そのパワーに驚くとともに、いろいろヒントになる話を聞かせてもらえるので楽しみなのです。

今回も、今の事務所を借りるに際してのいろいろな話が興味深いものでした。人づてに知りあった人から、持っている物件をとても安い家賃で借りることができそうだったけど、結局給排水の問題があってダメだったという話だったのですが、例えば親から相続をして資産を持っている人って、探せばいるのですよね。しかも、お金に困っているわけではないので、使ってもらって維持できるほうが、ほったらかしになって使えなくなるよりましくらいの感覚だったりすることが。

ちょうど、私も借りているはたけと同じで、草ぼうぼうになってしまって、草刈りを業者に頼むくらいなら、人にはたけをしてもらったほうがいい、くらいの感じ。

ちょっとだけ家賃収入をもらえて、社会貢献につながるのなら御の字という人が、あなたの近くにもきっといるかもしれません。

NPO法人などで、社会貢献をしていて、事務所を持ちたいくらいの規模になったけど、事務所経費を出すのは大変、という団体でも、熱意を持って探せば、空き家の増えている現在、可能性はゼロではないですよ。

そういうことに目配せができて、調整をしてくれる人や団体というものが生まれてきてもいいのでしょうけど。

120530エルマーの会のお菓子.JPG
エルマーの会のお菓子


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ