• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

私のワイン入門講座 その2「ワインは六感を刺激する?」

[2012年05月22日(Tue)]
私が登録しているブログのサイトがリニューアルで1週間くらいお休みになる直前にその1を書いて、3ヶ月も開いてしまいました(2012年3月1日からサイトリニューアル)。1週間たまっていた記事を書いているうちに、次々といろいろなことが起こってしまい、「私のワイン入門講座」のほうに意識を回せなかったというのが大きな理由です。その間、なぜか飲みに行く機会が増え、高いものではないのですが、いろいろな種類のワインを飲む機会だけはたくさんありました。ワインを飲む舌だけは、実践的に少し肥えたかな、という実感です(今まで、そんなにワインを飲んだことがなかったので、この3ヶ月で、それ以前に飲んだワインの何倍ものいろんな種類のワインを楽しみました)。

閑話休題。本題に移りましょう。
私のワイン入門講座 その2「ワインは六感を刺激する?」です。

五感で楽しむというのが最近はやっているというか、逆に五感をフルに使って楽しむことが少なくなっているということなのかもしれないと思ったりします。

いわゆる五感は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。

視覚は、ワインの色。単純には、赤、白、ロゼなのですが、それぞれ微妙な色合いの違いはどこからくるのでしょう?
もう一つ視覚を刺激するのは、ワインの形。というか液体なので、グラスに従った形になり、そのグラスの形にもある程度の必然があるようです。

聴覚は、ワインの物語。その前に、ワインを注ぐ音や、乾杯でグラスを重ねる音など直接的な音もあります。でも、多分ワインで重要になるのは、その来し方、というか、そのワインにまつわる物語ということになるでしょう。

嗅覚は、ワインの香り。いろいろな種類の香りがあって、中には私たち日本人にとっては、ただくさいだけのにおいも珍重されたりします。それはなぜなのか?

味覚は、ワインの味。科学的に分析できる、味の成分についてもいろいろ語ることができるでしょうし、その味わいがまたその土地土地の風土や文化に関わってくるので、話は尽きません。

触覚は、ワインの口ざわり。実はワインには渋みを感じさせるタンニンがふくまれています。タンニンはタンパク質を変性させる作用があるために、舌をざらつかせたりします。それは味というよりも、触覚に属する感覚になるように思います。そして、その渋みを楽しむわけは?

そして、ワインにはアルコールが含まれていて、神経を刺激して、適度であれば私たちをリラックスさせてくれます。いいぐあいにリラックスしたときには、第六感が働くことがある場合もあるでしょう。そこから見えてくる世界は?

ということで、次回からは、感覚ごとの各論に移りたいと思います。


【25ワインを楽しむ(入門講座含む)の最新記事】

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ