CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年11月 | Main | 2019年01月»
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
千葉県山武市(さんむし)のちょい飲み(1/25)〜守屋酒造の銘酒のみくらべ〜 [2018年12月28日(Fri)]
今年最後のご案内は千葉県山武市(さんむし)のちょい飲みです。
「ちよだいちば」新年は1月8日(火)から山武市フェアを開催します!
山武市はおいしい野菜の宝庫、1月は「海水ネギ」とイチゴが旬です。
ちょい飲みには、地元で120年以上続く守屋酒造の五代目蔵主 守屋雅博氏にご出張いただき、銘酒「舞桜」飲みくらべします!もちろん、海水ネギのステーキ、いわしゴマ漬け、なめろう、Qナッツ(ピーナツを超える)など山武市のおいしい肴満載です。
山武市の有機農家齋藤完一様、イチジク農家服部素子さんもご来場予定!

【日時】1月25日(金)19:00〜20:30頃 開場は18:30
【場所】「ちよだいちば」千代田区神田錦町2−7−14
【参加費】2000円
ドリンクはキャッシュオン(日本酒300円/杯ほか)
【主な内容】
海水ネギ ステーキと山武市産ポーク鉄板焼き
2002年、台風21号による海水被害により山武市の農作物は大打撃を受けました。そのなかでネギだけが生き残り、しかもおいしくなりました。以来、海水をかけて育てる「海水ネギ」が地域のブランドになりました。大きくて甘くて太くてうまいネギです!

有機野菜サラダ
いわしゴマ漬け
なめろう
みりん干し
太巻き寿司(地元お母さん特製です)
Qナッツ(ピーナツを超えるうまさ)

お酒は銘酒「舞桜」(各種)300円/杯、ほかビールもあります!

【お問合せ】大塚 090-1106-0182 otsuka@npo-noshokorenkei.jp
【お申込み】
お申し込みはこちらから↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOmtwEvIRnM

ご参加お待ちしています!

守屋酒造五代目蔵主 守屋雅博氏
moriyasyuzo.jpg

「海水ネギ」は大きくて太くて甘くておいしい!
IMG_7468.jpg

地元の方は「海水ネギ」を束買いします
IMG_7489.jpg
ちよだフードバレーネットワーク スプリングマルシェ 募集開始します [2018年12月26日(Wed)]
ちよだフードバレーネットワーク スプリングマルシェの募集を開始します。
下記、募集要項をダウンロードし、1月11日(金)までに、北川 kitagawa@yamori.jp にメールでお申し込みください。
募集要項ダウンロードはこちらから↓
spring_marche2019.pdf

お問合せ:農商工連携サポートセンター 大塚 電話 090-1106-0182
メール otsuka@npo-noshokornekei.jp
山形県新庄の若手農家との交流会〜芋煮とお酒の夕べ〜(1/18) [2018年12月25日(Tue)]
ありがとうございます。本交流会は満員御礼となり募集を終了いたしました。引き続き新庄の若手農家ご支援をお願い申し上げます。
山形県新庄市からやってくる4人の農家との交流会のご案内です。先日「山形県新庄市 3人の農家/4つのお米 食べくらべセット 」でご案内した新庄市の「明倫堂プロジェクト」のメンバーです。
高橋広一さん:
玄米がおいしいと再評価されている「さわのはな」という米を無農薬、無化学肥料で作り続けています。仲間を募り米の加工品開発にチャレンジ。田植え、収穫体験を呼びかけ、都会の人との交流に手ごたえを感じています。
三原睦広さん:
実家の農業を手伝いながら農業用パイプハウスの施工を請け負う会社を立ち上げ、いろいろな農家との付き合いの中で農業の面白さ、難しさを再認識。よりよい農作物をお客様に提供する方法を模索中。
三原幸治さん:
780年続く農家の長男。高校卒業とともに就農し、お米一筋29年。父親と言い争いが絶えないが自分は自分という信念を持ち今年も丁寧な米づくりに励みます。
山科陽介さん:
東京のアパレルの仕事に就きましたが実家の農業のことが気になりはじめ9年前に帰省・就農。無農薬の米作り拡大に意欲を燃やしています。

4人の農家と芋煮、漬物、雪下野菜に味噌、そして彼らの自慢のお米を肴に最上(もがみ)の銘酒を飲みましょう!

【日時】1月18日(金)19:00〜21:00頃
【場所】結ぶ食房「しまゆし」
   千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア1階
   http://www.shimayushi.com/
【参加費】1500円(ドリンク込み、税込み)
【定員】限定15名様
【お問合せ】農商工連携サポートセンター 大塚
  090-1106-0182 otsuka@npo-noshokorenkei.jp
【メニュー】お米食べくらべ、芋煮、漬物、雪下野菜(キャベツ、ニンジン、ゴボウ、大根など)、味噌、その他新庄の美味しいもの!酒は最上の銘酒!(ビール、ワインもございます)

ありがとうございます。本交流会は満員御礼となり募集を終了いたしました。引き続き新庄の若手農家ご支援をお願い申し上げます。

左端から高橋広一、三原幸治
menbers.jpg

三原睦広
mihara1.jpg

山科陽介
yamashina.jpg
イチジク料理フルコース(1/19)のご案内 [2018年12月21日(Fri)]
イチジクはとても魅力的な食べ物です。木からもいで食べる完熟イチジクもおいしいですが、料理に使うとさらにそのおいしさにはまります。イチジクにはタンパク質を分解する酵素が含まれていて肉に使うと柔らかく深みが増します。イチジクの葉で魚や肉を包むと独特の風味が出ます。イチジク茶もとてもおいしい。いくら説明しても言葉では足りない、そんなイチジク料理の奥深さを皆様の舌でご堪能いただくため、恒例のイチジクフルコースの食事会を開催します。

イチジク料理を作るのは今年も「美味これくしょん神田倶楽部」の竹村一道シェフ。毎年進化する竹村シェフのイチジクフルコース、今年はどんなメニューになるのか、ご期待ください。メニューは参加者の皆様に事前にお知らせしますので、お楽しみに!

この食事会を主催するのは千葉県匝瑳市のイチジク農家、服部素子さん。イチジク百万本プロジェクトを推進する「いちじくLOVE」代表です。

【日時】1月19日(土)17:30〜20:00頃
【会場】美味これくしょん神田倶楽部
    千代田区神田錦町2−7−22
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13094111/

【参加費】 6,900円(税込み、ワンドリンク付)
【定員】 25名
【お問合せ】農商工連携サポートセンター 大塚
    電話 090-1106-0182 メール otsuka@npo-noshokorenkei.jp

【お申し込み】こちらからお申し込みお願いします↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOmApvu

おいしさいっぱい、幸せいっぱいになること保証します!

前回のイチジクフルコース食事会から(1月18日 神田倶楽部)
5.jpg

4.jpg

2.jpg

1.jpg

3.jpg
2019年度の「ちよだいちば」出店地域を募集します! [2018年12月13日(Thu)]
来年度(2019年4月〜2020年3月)の「ちよだいちば」へのご出店を募集します。
「ちよだいちば」への1か月のご出店は、皆様の市町村の「食」資源の魅力を活用した地域のブランド化に最適です。役場、商工会、生産者、事業者など地域のプレーヤーがチームとなって地域の魅力を発信するお手伝いをさせてください!

【お問合せ・お申込み】
農商工連携サポートセンター 大塚
電話 090-1106-0182
メール otsuka@npo-noshokorenkei.jp

2019年度「ちよだいちば」棚貸しサービスのご案内
2019年12月13日

1. 参加資格
「ちよだいちば」は「ちよだフードバレーネットワーク」の常設拠点です。ご出店には「ちよだフードバレーネットワーク」にご参加いただく必要があります。フードバレー参加費は無料です。

2. 目的
「ちよだいちば」は市町村・地域のアンテナショップです。市町村・地域の美味しいものを都会のお客様に提供し、その地域を知ってもらい、その地域を好きになってもらうことが目的です。

3. 価格(棚代)
40,000円/月(フル利用:商品数60点程度)
20,000円/月(サブ利用:商品数30点程度 別の地域との共催)

4. ご当地フェア
期間中1か月間、「〇〇市フェア」として全店をあげてその「地域」をPRします。期間中、スタッフが商品を通じてその「地域」の魅力をお客様に伝えます。ポップ、ノボリ、ポスター、その他販促ツール、アイテムを展示します。ふるさと納税などのPRもいたします。

5. 期間中の売上商
品の販売価格は市町村・地域でつけて頂きます。期間中の売上は「全額」、市町村・地域にお支払いします。「ちよだいちば」でいただくのは棚代のみです。
地域によって異なりますが、期間中の売上は概ね20万円〜30万円です。

6. 商品送料
1か月の販売期間終了後、残品は返送します。「ちよだいちば」への送料、返品の送料は、市町村・地域でご負担いただきます。車で一括して「ちよだいちば」に運ぶことも可能です。

7. 取り扱える商品
冷蔵品、冷凍品、野菜(全品数の1割以下でお願いします)、果物、加工品、酒類(酒類販売許可あり)OKです。鮮魚、生肉、牛乳はNGです。
期間内に賞味期限が来るもの、賞味期限が短いものの取扱については、個別に相談させていただきます。

8. 「ちよだいちば」のお客様
「ちよだいちば」のお客様は近隣(千代田区神田錦町)の企業で働く女性(20代〜40代)が多く、食と地域への関心が高いです。

9. お弁当
「ちよだいちば」では店の材料を使ったお弁当を火曜、水曜、金曜の週3日、日替わりメニューで提供しています。この弁当メニューのなかで商品(肉、野菜、冷凍品(例えばコロッケ、魚など))を使い、地域をPRいたします。

10. ちょい飲み
期間中「〇〇市のちょい飲み」を1回開催します。原則第3金曜日、午後7時から。参加者20〜30人。市町村・地域の生産者などに来ていただき、都会の参加者に直接お話しいただきます。大変好評で人気の高いイベントです。

11. スケジュール
前の月の10日ころまで 出品物のリスト(サンプル添付)を大塚にいただきます。
前の月の20日ころまで    大塚より商品を発注します
販売開始日の前日(金曜が多いです)  商品到着
第1週   チラシ配布、試食で〇〇フェア開始をPRします。
第2週   お弁当でその地域の食材を提供して盛り上げます。
第3週   ちょい飲み開催
第4週   お客様の声をとりまとめ
期間終了後、各商品の売上とともに主な商品の評価・反応をスタッフがまとめ報告します。
終了の翌月15日ころまで  売上精算&棚代請求

12.その他
本サービスの実施にあたり、市町村・地域で原則ひとりの「窓口」を決めていただき、この窓口の方と担当(大塚)が連絡・連携をとりつつ実施します。

期間終了後、売れ行き好調なものについては「ちよだいちば」の定常販売品として販売を継続させていただきます。卸値、売値、ロット、送料については生産者様、メーカー様と個別にご相談させていただきます。

「試食」は効果的な販促です。商品にあらかじめ「試食用」を計上していただくことをお願いしています。
酒類については買取にも応じます。個別にご相談ください。

上記規約ダウンロードはこちら↓
kiyaku1213.pdf

ちよだいちば ウェブサイト
https://www.chiyodaichiba.com/about/

フェイスブック「毎日たのしい ちよだいちば」
取手市のちょい飲み(12/21)は脂が甘いバナナポーク鉄板焼き! [2018年12月10日(Mon)]
今月から「ちよだいちば」では茨城県取手市まつりが始まっています。
取手市というとベッドタウンのイメージがありますが実は米どころ!
由緒ある奈良漬け屋さんから甘納豆、おせんべ、チョコレートなど和洋菓子の製造メーカー、店舗がたくさん集まったグルメな街です。来週21日(金)に「ちよだいちば」今年最後のちょい飲みを開催します!
取手市のバナナポークは脂が甘く、くさみがありません。出荷前2か月間、飼料にバナナを食べさせるとバナナの栄養と繊維質が豚の腸内環境を良くして健康に育つことがわかりました。これをバナナポークと名付けて絶賛売り出し中です。21日のちょい飲みはこのバナナポーク&お野菜鉄板焼き!お酒は地元の蔵元「田中酒造店」の銘酒「君萬代」、新六本店の奈良漬けも!
おいしいポークを肴に楽しくちょい飲みしましょう!

【日時】12月21日(金)19:00〜20:30頃 会場は18:30
【場所】「ちよだいちば」千代田区神田錦町2−7−14
【参加費】2000円
ドリンクはキャッシュオン(日本酒300円/杯ほか)
【主な内容】
バナナポーク鉄板焼き
バナナポークのシュウマイ
新六本店の奈良漬け
ほか取手市のおいしいものたくさんご用意します。
ドリンクは銘酒「君萬代」300円/杯、ほかビールもあります!
【お問合せ】大塚 090-1106-0182 otsuka@npo-noshokorenkei.jp
【お申込み】
お申し込みはこちら↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOkmmhq

ご参加お待ちしています!

写真はイメージです↓
IMG_6102.jpg
おいしい「干物」をいかがですか? [2018年12月03日(Mon)]
ありがとうございます。たくさんのご注文をいただき、ご注文を締め切りました。
とってもおいしい「干物」をいかがですか?「ちよだいちば」が日本一夕日のきれいな町静岡県西伊豆町の入久(いりきゅう)水産と手を組んでお届けするお歳暮のご案内です。

今年7月、西伊豆町役場の松浦さんが「ちよだいちば」で焼いてくれた入久水産の干物を口にしたとき「こんなおいしい干物、食べたことない!」とうなりました。脂のりのり、食感ふわふわの絶品でした。

西伊豆町の田子地区にある小さな工場で丁寧に作られる干物。味の決め手は、低温貯蔵し継ぎ足しながら使っている塩汁(しょしる)と呼ばれる漬け汁の円熟された旨みと、強めに乾燥させ脱水することで旨みを凝縮させることです。
西伊豆では冬になると強い西風が吹き、干物を乾燥させるのに適していたため干物屋が多かったのですが、今ではその数も減って町内に数件となりました。入久水産では昔ながらの製法になぞらえて時間をかけてしっかり乾燥させているのでよい干物ができるのです。

今回は、そんな入久水産オススメの4品を工場直送でお届けします。

zentai.JPG

【お値段】3,980円(真あじ3枚、さば文化2枚、いわしみりん3枚、さんまみりん3枚のセット)送料込み
【締め切り】12月10日(月)
【発送】12月14日頃

さあ、特上の「干物」はいかがでしょうか?
ありがとうございます。たくさんのご注文をいただき、ご注文を締め切りました。

【真あじの干物(上)】
脂の乗ったマアジ(上物)を使ったおなじみの一枚。ご飯、お酒ともによく合うため、相手を選びません。
maaji.JPG

【さば文化干し】
“トロさば”とも呼ばれる脂の乗ったサバを使った一枚。皮面をこんがり焼けば、皮下の脂がトロけてまさに絶品。
sababunka.JPG

【いわしみりん干し】
脂ノリノリ、食感ふわふわの絶品干物。甘めの味付けなので焼く際には焦げないように弱火で。
iwashimirin.JPG

【さんまみりん干し】
ご飯によく合う甘めの味付けが病みつきになる一枚。お弁当のおかずにもおすすめ。
sanmamirin.JPG

いわしみりんの作業中!
sagyou2.JPG

女将さんも元気いっぱい!
sagyou.JPG

入久の鈴木章吾取締役と
IMG_7363.jpg