CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«皆様、ご支援ありがとうございました。 | Main | 今回のえがおつなげて募金で生まれたとてもいい話»
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
えがおつなげて募金のご案内 [2011年03月26日(Sat)]
大石ゆい子さんという福島県相馬市に住む女性がいます。
彼女の住むところは福島原発から50kmほど離れています。
今回の30kmの「自主避難」の外にありますが、原発の脅威に
さらされながら、小野田病院、相馬中央病院、公立相馬病院、
介護施設3件、市役所など相馬市内の多数の救護・避難施設の
サポートに走り回っています。

大石さんは、NPO法人えがおつなげて(代表:曽根原久司)が
経産省の補助金で実施した都市農村交流コーディネータ育成講座
「えがおの学校」の私の同級生(第2期生)です。

えがおつなげての曽根原代表が昨晩、大石さんと1時間ほど
ようやくつながった電話で話しました。その中で、大石さんは
今はいろいろな物資も必要だが一番必要なのは「お金」と
お願いしました。

以下、長文ですが曽根原さんが大石さんから聞いた相馬市の状況
です。

************************************************
みなさん、曽根原です。ようやく電話がつながりました。

大石さんは、原発から50km圏(相馬市)なので、
今回の避難地域ではないとのことで、ひとまずは安心。
今後の支援のことで、状況をヒアリングしつつ、約1時間ほど、
みっちりと話すことができました。
■相馬市の今の状況について
市内は、比較的、沿岸部に比べてよいが、家は傾き、道路はで
こぼこになっている状況。
地震後10日以上経過し、あまりにも多い遺体が腐りかけているような
悲惨な状況。介護施設に暮らす老人は、介護する施設側の人が、
施設からかなり逃げてしまったため、マンパワーがなく、
体力が弱って死にかけている人もでてきているような状況。
一方で、赤ちゃんを含むこどもたちは、ほぼ遠方に避難した状況。
原発の正確な情報があまりなく(放射線量等について、タイムリーに
市役所から伝わってこない)住民が不安を抱えて暮らしている状況。

■生活物資等の状況について。
電気○水道○ガス○テレビ○
パソコンインターネット×
携帯TEL△(つながったりつながらなかったりの状態、ただし携帯メールはOK)
ガソリン×or△ 灯油×or△
5時間ほどガソリンスタンドに並んで、10Lを買っている状況とのこと。
食糧○、
ただし、放射能汚染かもしれない地元の野菜は食べたくないので、
缶詰をほしいとのこと。
水○
ただし、隣村の飯館村は、水が飲めないので、飯館村の水がほしいとのこと。
衣料○、ただし大人の下着類は、×
また、赤ちゃん用グッズは、ほぼ赤ちゃんは、市外に退去したので、今はあまり必要ない。
人的パワー×
米などの食糧物資はあるが、介護、病院等の調理をしてくれる人が全く足りない。
金×
市内に残っている人々に仕事がなく、稼ぎがないので、
介護施設を手伝ってもらった人に、なるべくお金を払いたい、とのこと。

■以下に、現在、支援を必要とするものを整理します。
大人用下着をたくさん (男、女、サイズいろいろ)
缶詰の食品
お金
施設で食事を調理してくれるボランテイア
ガソリン、灯油・・・ただし、これは送れないので、お金を送って買ってもらいます。

■また、もし、介護施設の調理等を手伝ってもらえるボランテイアの人がいたら、
是非、来てほしいとのことです。
ボランテイアの人の宿泊できる場所を、今確保しているとのことです。
次回、支援する際は、上記のものを大石さんに送りたいと思います。
ちなみに、送った支援物資は、市内中心部までは、宅急便が届くようになったので、
そこまでは宅急便で送り、そこまで大石さんに取りに来てもらうことにしました。
もちろん、お金は、大石さん指定の銀行口座に振り込みます。
特に、大石さんが支援の中で強調していたのは、
ガソリンとお金でした。私も、そうだろうと思います。

大石さん自身、原発の脅威にさらされながら、
地域の多数の介護施設等のサポートに走り回っているようでした。
その様子に、ほんとうに頭が下がりました。
是非、みなさん、サポートください。
より多くの支援金を送ってあげたいと思います。

■えがおつなげて募金
銀行名:山梨中央銀行
支店名:武川(ムカワ)支店
口座番号:普通109742
口座名:トクヒ)えがおつなげてえがおコミュニテイ編集委員会
期間:平成23年3月31日
http://www.npo-egao.net/pressrelease/egao_donation.html
最後に。
もしも、原発に万が一のことがあったら、情報をすぐ送るから、
すぐ避難しなさい、と伝えましたが、
介護している人がいるから、私は。。。。。と、言っていました。
また、えがおの学校のみんなのサポートがほんとうにうれしい、と言っていました。
曽根原
******************************************************

皆様、えがお基金に募金をお願いします!
コメントする
コメント
風穴様
いつもありがとうございます!
こちらこそ引き続きよろしくお願いします。
Posted by: 大塚洋一郎  at 2011年03月29日(Tue) 06:19

少ないですけど一口送金しました
大塚さんの農商工連携サポートセンターで曾根崎先生にお会いしたことがあります
今後ともよろしくお願いします
Posted by: 風穴忠志  at 2011年03月28日(Mon) 12:21