CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ブドウ畑の草とワインの原料となるブドウや搾りかすを食べて育った贅沢な牛」を食するツアー | Main | ぐるなび食材クーポンカタログ無料掲載のご案内»
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
6次産業化法案成立! [2010年11月28日(Sun)]
11月26日夜、参議院本会議で農林漁業6次産業化法案(通称)が可決され、成立した。報道では官房長官、国交大臣に対する問責決議ばかりがとりざたされたが、これからの農業と社会に対する影響はたぶん6次産業化法案成立のほうが大きい。与野党激突の国会情勢の中でいったいどうなるのかと気を揉んでいたところ、全会一致の成立である。2年前の農商工連携促進法のときも全会一致の成立だった。国会が建設的な議論をやっていることの証左でもある。

6次産業化とは農林漁業(1次産業)×加工業(2次産業)×流通業(3次産業)が連携して新しい事業に取り組むことで、3産業のかけ算も足し算も6なので6次産業化という。6次産業化法の内容はおおざっぱに言うと農商工連携促進法に木材資源等のバイオマス利用促進、直売所支援、地産地消促進が加わったものである。農水省が単独で施行するもので、農林漁業者は農水省に6次産業化の事業計画を申請し、認定を受ける。施設・設備に対する補助金があるのがこの法律の大きな強みである。

具体的にどんなことができるか?例えば、
@農業生産法人、農業者が加工施設を新設し、新たな商品を開発、販売する。
A農業生産法人、農業者が自らの農作物を使った直営レストランを立ち上げる。
B森林組合と地元の温泉が連携してバイオマスボイラーを導入する。
等々である。

今年度内には(早ければ年明けから)認定申請の受付が開始されると思われる。NPO法人農商工連携サポートセンターは全力で農林漁業の6次産業化を支援する。近々、6次産業化法に関するセミナーも開催したい。

暗い話題に意気消沈している場合ではない。新しい農林漁業の明るい未来を築こうではないか!
コメントする
コメント
柳田様
中崎様
村長様
今までこのブログにあまり書き込みが無かったものですからチェック遅くなってごめんなさい。
6次化法の成立がほとんどどこのメディアでも報道されないのはとても残念です。皆様どんどんご紹介ください。
来年早々に6次化法に基づく認可申請が始まると思います。
村長様、残念ながらNPO法人は申請主体にはなれません。ただ農業生産法人、農業者と連携して事業を実施することは可能です。具体的な案件についてはご相談句ださい。
大塚洋一郎
otsuka@npo-noshokorenkei.jp
Posted by: 大塚洋一郎  at 2010年12月16日(Thu) 07:06

お世話になります。
えがおのマネジメント講座1期生のものです。
明るい記事ですね!只今、富山県の半農半福祉のNPO法人で働いておりますが、明日の朝礼で皆さんに報告し、記載されていらっしゃる記事を回覧しようと思います。
がんばりましょう!
Posted by: 中崎 恵里子  at 2010年11月30日(Tue) 20:09

明るい未来を創りたいですね。
ところで、対象は農業法人と農業者だけですか。NPO法人が事業主体となって申請はできないですか。
Posted by: 村長  at 2010年11月30日(Tue) 09:00

貴重な情報ありがとうございます。6次産業化法案成立が、農村から新たな産業を生み出す契機になることを願っています。
Posted by: 柳田 啓之  at 2010年11月30日(Tue) 04:50