CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« アプリ紹介 | Main
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
台風にみる世界と人間ー命名という権威ー再々開―その三、言の葉。科学すること、思索すること、信じることに溝はあるのか? [2015年06月22日(Mon)]

承前 https://blog.canpan.info/nonpo/archive/357

紀元前7世紀、ニネヴェ、アッシリアの王・アッシュールバニパル
紀元前5世紀、洛陽、の守藏室之史、老子
紀元前3世紀、アレキサンドリア、エジプトのファラオ・プトレマイオス1世
紀元前2世紀、ペルガモンの王、エウメネス2世
2世紀、エフェスス、ローマの執政官、ジュリウス・アクゥイラ・ポレマエヌス
15世紀、バチカンの法王ニコラウス5世
16世紀、サラエボ、オスマン・トルコのサンジャック・ベイ県知事ガジ・フスレブベグ

さらに時代がくだって大英博物館のジョージ4世王コレクションから、さらに米国議会図書館の時代を経てwikigoogleが言葉を集めてきた。書くこと、話すこと、見ること、聴くこと、そして想像することに人々は飽くなき営為を遂げてきた。

◆人が科学することと、思索することに境がないのであろうか。人は何故信じるのだろうか。信じることは確かめられるのだろうか。

金融すら工学になったのは一昔前だ。今や、科学や技術の牛後となっている社会。科学や技術が所詮人間の創造物の一つにしか過ぎないという自明に、せめてもの、たちかえる、真摯さが、求められている時代かもしれないと思う。

科学すること、思索すること、従って恐らくは言語することは、人間を人間社会の一員にするもの。

大昔、自然哲学、科学が日常の思惟とともにあり、それらの根幹に観測体験から分類、系譜すること、言語の端緒たる、命名という儀式があった。

科学と言語は、古代より、権力中枢と随伴し、儀式は権威と権力の庇護下にあった。畏れと恐れが信ずることと、三位一体となって、ともにあった。

その儀式にも、絶対的権威と絶対的権力のそれぞれの様変わり、離れ離れになるにつれ、社会と人間に科学が挑み始めた

再現可能性、そして、おそれ多くも、実験可能性という科学の符牒が、オカミやカミを信じることと入れ替った

信じることも変質し始めた。

かたや、絶対的権威は相対的権威の雄として、政治へと変質し、絶対的権力は相対的権力の雄として、経済へと変質した。

政治が自らの相対的権威に溺れ、コトから、経済が自らの相対的権力に溺れ、モノから、離れ、人々のコトバはかつてのあてを失い始めた

いいね!、スタンプ、RT、フォローが溢れ返る。言の葉が舞い、追いかけ、確認することが限りなく自己増殖しはじめた。このまま、散り散りにわくらばとなって、地にかえるのか、天に昇るのだろうか。

続く
動物の眼の多様性 −休題の本 [2012年09月10日(Mon)]

以前「いつか動物の「眼」の写真集が刊行されるのを心待ち」にしていると記しました。写真集ではないが、遂に、様々な動物の眼満載の本が発刊された。

全篇カラ―270頁、これまで長年蓄積されてきたであろう、医書からの図解から新聞切り抜き、博物館の解説の写真まで、そして、玄関にいた蛾の幼虫、焼鳥屋さんから提供を鶏の眼、埋葬された象を掘り出した眼、果ては「非医療用義眼」(変装・人形・剥製)まで、眼に関する写真を多数、盛りだくさんとしかいいようのない、眼科医による著書が発刊された。



写真がふんだんな分、画質もまちまちだが、一項目一頁の構成で、ところどころに著者の俳句も交えてのパワーが凄い。そのパワーを紹介したい。

動物の眼の本ではないが、「眼の収斂進化」という視点で、一般向けに、「眼」の周辺の全てを集めた啓発書として、当然の帰結として様々な動物の様々な眼を取り上げている。
まず単位について(2)その仕掛け―ネイチャー・ワールド・スタディーズ―放射能とは―(2) [2011年04月15日(Fri)]

(承前)

さて、残りの基本単位を紹介する前に、この基本単位を含んだ単位を「決めている」国際的なシステム、国際的なquango(準政府)間組織について、とりあえず、簡単に紹介しておきます。

この国際的なシステムの最上部のガバナンス組織は国際度量衡総会とよばれるものです。

これはメートル条約に基づき、世界で通用する単位系を維持するためにつくられた、加盟国の参加によって維持されている総会組織です。現在この総会は、4年毎に1回、フランスのパリで開催されます。このシステムで使われている公式言語は唯一フランス語とされ、この総会組織も原語では「Conference generale des poids et mesures」と称され、略称も「CGPM」でありますが、英語名称はGeneral Conference on Weights and Measuresであるにもかかわらず、英語圏等でも同様に略称されます。

51の加盟国と17の准加盟国より構成されています。

この下部にいわば国際的な執行の責任主体、「理事会」のようなもの、として国際度量衡委員会が置かれています。

この委員会は仏名「Comite International des Poids et Mesures」であり、異なる加盟国の委員18名より構成され、こちらは頻度高く、年1回開催されています。略称は「CIPM」、英名はInternational Committee for Weights and Measuresです。

そして上記のガバナンスのもと事務局、研究機関として国際度量衡局が置かれています。

仏名Bureau International des Poids et Mesures、略称BIPMで、職員約700名より構成され、パリの近郊にあるフランス政府提供のPavillon de Breteuil パビヨン・ド・ブルトイユ(Parc de Saint-Cloud サン・クルー公園)に43 520 平方メートルの敷地にあります。

現在、管理部門7部門の他、質量、時間、電気、電離放射線、化学の5科学部門がおかれています。

当初、「長さ」と「質量」の測定及びこれらの量に関係する計量学上の研究に限られていましたが、その後、電気計測(1927 年)、測光・放射(1937 年)、放射線(1960 年)、時刻目盛(1988 年)、化学(2000 年)の標準にまで拡張したこともあり、建物も増設されてきました。

さて、国際度量衡委員会=CIPMの下には、10の諮問委員会が置かれています。

1. 電気・磁気諮問委員会(CCEM)1997〜(←電気諮問委員会(CCE)1927 〜)
Consultative Committee for Electricity and Magnetism
2. 測光・放射測定諮問委員会(CCPR)1971〜(←測光諮問委員会(CCP)1933 〜)
Consultative Committee for Photometry and Radiometry
3. 測温諮問委員会(CCT)1937〜
Consultative Committee for Thermometry
4. 長さ諮問委員会(CCL)1997〜(←メートルの定義のための諮問委員会(CCDM)1952〜)
Consultative Committee for Length
5. 時間・周波数諮問委員会(CCTF)1997〜(←秒の定義のための諮問委員会(CCDS)1956〜)
Consultative Committee for Time and Frequency
6. 放射線諮問委員会(CCRI)1997〜(←電離放射線測定標準諮問委員会(CCEMRI)1958〜)
Consultative Committee for Ionizing Radiation
1969 年から次の部門に分かれています
第I 部門(X 線,γ 線,電子),
第II 部門(放射性核種の測定),(1975〜第IV部門(α 線エネルギーの標準)を含む)
第III 部門(中性子測定),
7. 単位諮問委員会(CCU)1964〜(←CIPM 設立の「単位系小委員会」1954〜)
Consultative Committee for Units
8. 質量関連量諮問委員会(CCM)1980〜
Consultative Committee for Mass and Related Quantities
9. 物質量諮問委員会(CCQM)1993〜
Consultative Committee for Amount of Substance: metrology in chemistry
10. 音響・超音波・振動諮問委員会(CCAUV)1999〜
Consultative Committee for Acoustics, Ultrasound and Vibration

これらの委員会の設立をみても、事務局の施設拡充同様、単位についての考え方の幅が広く深くなっていた過程が窺い知れます。

さて、基本単位は、「操作的定義」、あるいは「無定義的」、「公理的」に定められているというようにいわれます。

これは、基本単位が、いわゆる数式や言葉等の概念によって定まっているのではなく、「測定法」だけを示して定義されているものだからだといいます。

「測定法」だけで定義されているということで、とりあえず納得いただいて、厳密にどのような意味をもつかはやはり別項に譲ります。

具体的にみますと、

キログラムは質量の単位であって、単位の大きさは国際キログラム原器の質量に等しい」
(CGPM3=1901に決議)
メートルは、1秒の299 792 458 分の 1 の時間に光が真空中に伝わる行程の長さである」
(CGPM17=1983に決議)
は、セシウム133の原子の基底状態の二つの超微細構造準位の間の遷移に対応する放射の周期の 9 192 631 770 倍の継続時間である
(CGPM13=1967/68に決議)

という「定義」です。

「単位」の世界化の発端となっているメートルが上記のような定義で定まったのは1983年です。1889年の第1回CGPM当初では、国際メートル原器そのものがその定義に使われていました。

そして上記のように、キログラムにいたっては、「未だに」、関係者が人間の手による「人工物」であって「不変的」でなく「普遍性」がなく「原始的」と思っている「原器」が健在です。

いずれ―メートル(元ですが)、キログラム―の原器もBIPMに保管されています。

International prototype of the kilogram国際キログラム原器(仏語での俗称はle grand Kだそうです)は「大雑把」にいって白金90%、イリジウム10%の合金でできた、直径、高さともにほぼ39ミリメートルの円柱だそうです。

外部との「接触」による変化を最小にするため、同じ体積で表面積が最小な立体である球は、作るにも、保管するにも、利用するにも、非現実的なので、次に表面積の小さい円柱にしたそうです。縁は、角が欠けないように、わずかに丸みを帯びさせているそうです。

(続く)
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
この「放射能とは―ネイチャー・ワールド・スタディーズ」の最初はここです。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
当ブログでは、フォントの環境による表現差と字数制限等とのバランスで、「原語」表記にこだわりたいものの、アルファベットと日本語の漢字・かなで記述することにしています。アルファベット表記であっても、原則として、各国語でのアクセント表記等につきましては、大変勝手ながら、省略していますのでご注意ください。
まず単位について(1)その基本―放射能とは―ネイチャー・ワールド・スタディーズ(1) [2011年04月15日(Fri)]


ワールド・スタディーズの基盤にネイチャー・スタディーズがあることは間違いありません。

自然の脅威ということでは、これから日常的につきあっていくことになりそうな放射能についてのコミュニケーションが多くなってきました。筆者は学部レベルでしかない、一応の理系出身ではありますが、現在的には非専門家として理解している範囲で、そうした放射能に関するコミュニケーションの基礎となる基本的な用語、その背景について、紹介していきたいと考えています。

いつもながら、間違いについては随時指摘していただければ幸いです。

さて、突如巷間に溢れだした、シーベルト、ベルクルは「放射能」に関する「単位」です。

では、そもそも「単位」とは何であるか、今回は学術的に厳密な概念上の定義は避けて、単位というものについて「演繹的」に概観します。

単位には「基本単位」とよばれるものと、それらを組み合わせることによって表現される「組立単位」とよばれるものに分かれます。「組立単位」は「誘導単位」ともよばれます。

組立単位とは、たとえば、車の速さを「時速○×キロ」と使うときの「キロメートル毎時(間)」という単位をさします。このとき組み合わさっている基本単位は1「時間」、2「時間」として表現される「時間」を表す「時間」という基本単位と、キロと略称される「長さ」を表す、キロメートルという基本単位です。つまり、速度とは「長さ」と「時間」という二つの基本単位を組立てた組立単位です。

他の例として、「体積」あたりの「質量」は、「密度」とよばれる、組立単位で表されます。「体積」は、「長さ」×「長さ」×「長さ」で得られる、「長さ」という基本単位だけによって組み立てられる、組立単位です。つまり、要すれば、密度は「長さ」と「質量」という二つの基本単位を組立てた組立単位です。

このように、三つの基本単位―「長さ」、「時間」、「質量」―は、古代の自然哲学の時代から、良く知られたものです。時間、空間と質量です。

これら三つに電流、熱力学温度、物質量、光度という、四つの基本単位が加わった、七つが、最も広く国際的に「合意」されている基本単位です。何故基本か、具体的にはこれらが何なのかは別に譲ります。

今日にいたる、「国際的」な単位、つまりは世界に共通な、グローバルな単位への志向は、革命後の理想に燃えたフランスにその端を発します。かつてのメートル原器がフランスにあったのも、故なしでありません。

はるか昔には、国家統一にいかに大事かと、秦の始皇帝の度量衡の統一を行ったと、歴史で教わりました。

日本でも尺貫法から、メートル法へと第二次戦後、変換しました。

英語発音のミーター法でなく、仏語のメートル法という言い方であるのも、東北大震災後、在日米大使が自国民に原発を巡ってアナウンスしたとき、80キロメートルでなく、50マイルとしたのも、或いは、かの米国の原発もファイヴ・キロミーター島でなく、スリーマイル島であったように、それぞれの「単位」には深い歴史と現在がありますが、それらはいずれ紹介したいと思います。

残りの基本単位の紹介する前に、ここではその一部が馴染みの深い、補助単位について紹介します。

それぞれの単位には実際的な便宜のため、補助単位とよばれる、倍量単位または分量単位が使用されます。

例えば、メートルには、キロメートルのような倍量単位、センチメートル、ミリメートルのような分量単位が使用されています。

そして、1メートル60センチなどと、これらを組み合わせて使ったものは複名数、または諸等数とよびます。1.6メートルと使うときは単名数とよぶそうです。

倍量単位として馴染み深いのは、気圧のヘクトパスカル、電気のキロワットくらいまでで、それ以上は「物理単位」でない、「情報量」を表すコンピュータのバイト数に使われる接頭辞で、メガバイト、ギガバイト、テラバイト、ペタバイト等を最近は聞くようになりました。

このように、いずれの単位についても共通して、10倍、1000倍と桁が上がる毎に次のような接頭辞と略号を使うように合意されています。


_______________________________________10( 十)倍=10の 1乗(0が_1つ)_デカ=deca/deka=da
______________________________________100( 百)倍=10の 2乗(0が_2つ)ヘクト=hecto= h
____________________________________1,000( 千)倍=10の 3乗(0が_3つ)_キロ= kilo= k
______________________________1,000,000(百万)倍=10の 6 乗(0が_6つ)_メガ= mega= M
_________________________1,000,000,000(十億)倍=10の 9 乗(0が_9つ)_ギガ= giga= G
____________________1,000,000,000,000(一兆)倍=10の12乗(0が12つ)_テラ= tera= T
_______________1,000,000,000,000,000(千兆)倍=10の15乗(0が15ケ)_ペタ= peta= P
__________1,000,000,000,000,000,000(百京)倍=10の18乗(0が18ケ)エクサ= exa= E
_____1,000,000,000,000,000,000,000(十垓)倍=10の21乗(0が21ケ)_ゼタ=zetta= Z
1,000,000,000,000,000,000,000,000(一秭)倍=10の24乗(0が24ケ)_ヨタ=yotta= Y

一方、分量単位では液体でデシリットルなどを使うように、1/1,000倍と桁が下がる毎に次のような接頭辞と略号が使われます。

_______________________________________1/10( 十分の一)倍=10の- 1乗(小数点以下_1桁)__デシ= deci= d
______________________________________1/100( 百分の一)倍=10の- 2乗(小数点以下_2桁)_センチ= centi= c
____________________________________1/1,000( 千分の一)倍=10の- 3乗(小数点以下_3桁)__ミリ= milli= m
______________________________1/1,000,000(百万分の一)倍=10の- 6乗(小数点以下_6桁)マイクロ= micro= μ
_________________________1/1,000,000,000(十億分の一)倍=10の- 9乗(小数点以下_9桁)__ナノ= nano= n
____________________1/1,000,000,000,000(一兆分の一)倍=10の-12乗(小数点以下12桁)__ピコ= pico= p
_______________1/1,000,000,000,000,000(千兆分の一)倍=10の-15乗(小数点以下15桁)フェムト= femto= f
__________1/1,000,000,000,000,000,000(百京分の一)倍=10の-18乗(小数点以下18桁)__アト= atto= a
_____1/1,000,000,000,000,000,000,000(十垓分の一)倍=10の-21乗(小数点以下21桁)_ゼプト= zepto= z
1/1,000,000,000,000,000,000,000,000(一秭分の一)倍=10の-24乗(小数点以下21桁)_ヨクト= yocto= y

いずれも、マイクロがμというギリシア文字であることを除けば、アルファベットで表現しています。

そして、分量単位が小文字、倍量単位もキロを超えると、大文字で表現されています。ただし、小文字mのときはミリ、大文字Mのときはメガのように、同じ英文字が使われていますので、注意が必要です。また、なぜ、キロを超えてから表現が変わるかについては後述します。

この合意は他ならぬ、国際的なquango(準政府)間組織によって、まとめられたものですが、これについても別途紹介します。



(続く)