CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«各種国コードCオリンピック。国とは?その5 。Queenから回教。―閑話休題(再三) | Main | 各種国コードCオリンピック。国とは?その7 。ビル・エヴァンズから宗教改革へ。―閑話休題(再三)»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
各種国コードCオリンピック。国とは?その6 。freddieからAIDSへ。―閑話休題(再三) [2006年09月21日(Thu)]

<承前>

フレディ・マーキュリーは様々な足跡を残しています。今年が生誕60年、そして死去から15年経ったこともあり、本2006年10月末には自伝映画、「Freddie Mercury Untold Story(フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男)」が日本(新宿武蔵野館)で世界初公開されるということでもあり、人気が再燃すると見込まれます。

少し、フレディの稿が長くなってきましたが、筆者はハード・ロックに近いユーロのグラムロックが好みで、クイーンやフレディのファンではありませんので、むしろ客観的に評価できるかと思っていますが、フレディが、ペルシア人であることを公言して憚らなかったことよりも、ゲイであり、バイ・セクシュアルであることを公言していたことの方が、ロックの世界を中心に、ゲイ、バイ・セクシュアリティを認知させる上で大きな影響力を持ったと思われます。

事実、ゾロアスター教の中からも彼の同教の葬儀に異論が出たようですし、ホモ・セクシュアリティを違法化したザンジバルでも彼の生誕祭を巡って議論が起きたことが裏返しにみれば影響力の大きさを物語っています。

因みに、前回書き落としましたが、インド・パールシーにはインド最大の財団、Tata Trusts (タタ財団)、タタ財閥のタタ一族がいます。タタ財閥は、現在のインド航空にとなった民間航空会社からはじめて、現在は総合的なコングロマリットになっています。

また、ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場音楽総監督イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団終身音楽監督をつとめる、指揮者のZubin Mehta(ズービン・メータ)もパールシーです。

ムンバイのインド・パールシー界では急速に減少しているハゲワシの保護を巡って議論が起きています。単純な動物保護という観点ではなく、鳥葬がうまくいかなくなってきたからだそうです。パールシーの近代派の中にはこれを機に鳥葬を止めてはという議論もあるそうです。上空を飛行することすら禁じられた20ヘクタールの森に囲まれているdakhma (ダクマー、鳥葬場)ですが、躍進するインド社会、変化は速いかもしれません。

1991年11月24日に亡くなったフレディの遺言によりリ・リリースされたBohemian Rhapsody (ボヘミアン・ラプソディ)の印税974,000ポンドはエイズ関連のTerrence Higgins Trust (テレンス・ヒギンズ・トラスト)に寄付されました。フレディはHIV感染合併症によるカリニ肺炎により死亡しました。遺言による寄付はもちろんのこと、死の直前、エイズに感染していることを公表し衝撃とともに、エイズの認知に強く影響したと思われます。

次回は話題をモントルーのジャズ・フェスティバルに戻します>
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント