CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«補題――暦とは(その1)――旧正 | Main | 補題――暦とは(その3)――旧暦・西暦・グレゴリオ暦・ユリウス暦・干支・六曜・七曜、対照表 全日版»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
補題――暦とは(その2)――旧暦・西暦・グレゴリオ暦・ユリウス暦・干支・六曜・七曜、対照表 [2016年02月13日(Sat)]

承前


同じ、太陽太陰暦の旧正でも、2007ベトナムの旧正月は、一日、日本や中国違っていた


旧暦は国といわず「社会」によって違う。言語とか単位とか、このブログでいくつか紹介してきたもののように、当然のことだ。世界にグローバライゼーションが及んだ現在でも「旧暦」や非「グレゴリオ暦」はいたるところにある。新旧の問題ではなく、混在している。


地球上の位置による生活、社会の差異をベースに、様々だ。


詳細は、後日に譲りたい。


幕末維新期のの資料は、原典まで含めると、クニ造りの激動期であったせいか、改元も多く、「西暦」もまたグレゴリオ暦が世界を制覇する直前であったこともあって、混在していたり誤記があったりで、とても読みにくい。


世界の他の社会のように、日本では同時代性が深まり、かつ、通信や交通をはじめとした「動き」が、「分権」「鎖国」崩れたこともあって、リアルにもバーチャルにも一挙に、速く膨大になったせいもあって、為政者・祭祀者に限らず社会全体にとって「時間軸」大きな意味をもつようになったせいもあろう。


混在する暦がみにくく、ネットや資料で、あまり見つけることができなく、往生したので、基礎作業としていくつかの「暦」や「暦注」の対照表を作った。その一部を掲載する。


海外との交流が激しくなり始める、嘉永7年の元旦から、日本の暦がグレゴリオ暦にかわった、明治6年の正月の晦日までの一日一日をExcelで各一行で作成し、6,943日分を作成した。


嘉永7年の元旦を「1000010」とし、整理用に1日、10を足して、連番とした。


「大」の月30「小」の月29だ。閏月では「閏」と表記してあるのは30「う」29だ。


ブログなので、

@旧暦の各月の朔日1日)、

A改元前日の日、

B改元の日

Cグレゴリオ暦の各年の元旦

Dユリウス暦の各年の元旦


282日分にとどめたものの対照表を先ず掲載します。下記をクリックするとwordに移し替えた表がダウンロードされます。




トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント