CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«6、7割のコミュニケーション、瞬時の共有、次の世界――閑話休題 | Main | CGIARの予算規模は日本の農業研究開発費の半分か1/4。国際比較の難しさ»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
CGIAR 国際農業研究所コンソーシアム、非営利、非政府 [2012年09月17日(Mon)]

<承前>

現在世界各地で15の研究所がCGIARとしてコンソーシアムを組んでいる。

現在のCGIAR自身のホームページによると、CGIARは、1971年からの Disciplinary 分野別、1980年のMultidisciplinary分野横断的、1990年の Expansion 拡張、2000年の Rethink 再考、2009年の改編 Reform 、既に、第6期の Integration & Transformation 統合と転換期に入っている。

ゲイツ財団の大幅な支援・参入、大幅改組直後の現段階で、これまでの沿革は様々に解せる状態にある。

ゲイツ財団以前の最近までは、基本的にはロックフェラー財団がアウトラインを作り、世銀が中心になってフォード財団をはじめ各国政府等の支援をベースに個々の組織として独立しながらも、CGIAR総体としては、大小の戦略的目的を共有しながら、グループとして半世紀以上にわたり世界の農業の改善を目指してきた。

注目すべきは、シーズ・メジャー、アグリ・ビジネス、バイオ・メジャー等、世界市場の変遷の中においても、また、戦後復興や冷戦等の世界政治の様々な変遷がある中、CGIARの諸組織は、非営利、すなわち「 profit 営利」からは「独立」し NPO非営利組織として、かつ、各国政府はもとよりFAO等の国際政府間機関でもなく、「 government 政府」から「独立」して NGO 非政府QUANGO 準政府組織として営々と活動してきたことだ。

逆に、市場との関係、政治との関係、ロックフェラーとの関係等が微妙で、陰謀史観を含め様々に取り沙汰されてきた。そう評されるほど、CGIARの果たしてきた役割は少なからぬものがある。比較的知られるロックフェラー財団の感染症対策事業が世界の公衆衛生に及ぼしてきた役割のように、この方面に関しても広範な評価が必要と思われる。

本稿ではとりあえず、各組織の概要を列挙する。

各組織及びCGIARのHPをもとに、各組織が自ら記載している「沿革」等をベースにした略称・通称を冒頭に、元々のC「設立年」の順に並べてある。どこかの国の農務省の一プロジェクトとして支援を得て始めたものや、農業・環境を巡る世界の見方の変遷に応じて大幅に改組したものや、それぞれの様々な経緯があり、設立のとらえ方も様々だ。

Aの「日本語名称」やBの「研究・活動分野」については1千630万ドル(2010年度)の拠出をしている日本の外務省地球規模課題総括課が2011.07に作成した資料を参考にした。

1: CIMMYT
@ International Maize and Wheat Improvement Center
= 西語名 Centro Internacional de Mejoramiento de Maiz y Trigo
A 国際トウモロコシ・コムギ改良センター
B トウモロコシ・小麦
C 1943, 1963
D El Batán, Mexico State, Mexico
= エルバタン, メキシコ

2: IRRI
@ International Rice Research Institute
A 国際稲研究所
B 稲
C 1960
D Los Baños, Laguna, Philippines
= ロスバニョス, フィリピン

3: CIAT
@ International Center for Tropical Agriculture
= 西語名 Centro Internacional de Agricultura Tropical
A 国際熱帯農業センター
B 豆類、キャッサバ、稲、熱帯放牧
C 1967
D Cali, Colombia
= カリ, コロンビア

4: IITA
@ International Institute of Tropical Agriculture
A 国際熱帯農業研究所
B 大豆、トウモロコシ、キャッサバ、ヤムイモ
C 1967
D Ibadan, Nigeria
イバダン, ナイジェリア

5: CIP
@ International Potato Center
= 西語名 Centro Internacional de la Papa
A 国際馬鈴薯センター
B イモ類
C 1971
D Lima, Peru
= リマ, ペルー

6: WARDA, AfricaRice ( 2009 - )
@ Africa Rice Center
= 元 West Africa Rice Development Association, WARDA
A アフリカ稲センター
B 稲
C 1971
D Bouaké, Côte d'Ivoire / Cotonou, Benin
= ブアケ、コートジボワール / コトヌー, ベナン

7: ICRISAT
@ International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics
A 国際半乾燥熱帯作物研究所
B トウモロコシ、ヒヨコマメ、落花生
C 1972
D Hyderabad (Patancheru), India
= パタンチェル, インド

8: Bioversity International
@ Bioversity International
= 元 International Board for Plant Genetic Resources (IBPGR) 、 International Plant Genetic Resources Institute (IPGRI) (1991.10 - )
A 国際生物多様性センター
B 動植物の遺伝資源
C 1974
D Maccarese, Rome, Italy
= マッカレーゼ, イタリア

9: IFPRI
@ International Food Policy Research Institute
A 国際食料政策研究所
B 食糧政策、農業開発関連社会経済
C 1975
D Washington, D.C., United States
ワシントンD.C., 米国

10:WorldFish Center
@ WorldFish Center
= 元 ICLARM = International Center for Living Aquatic Resources Management,
A 国際海産資源管理センター/ワールドフィッシュセンター
B 持続的水生生物管理、内水養殖
C 1975
D Penang, Malaysia
= ペナン, マレーシア

11:ICARDA
@ International Center for Agricultural Research in the Dry Areas
A 国際乾燥地農業研究センター
B 大麦、ヒヨコマメ、ヒラマメ、牧草、家畜
C 1977
D Aleppo, Syria
= アレッポ, シリア

12 ICRAF
@ World Agroforestry Centre
= 元 International Centre for Research in Agroforestry, (1991 - 2002) International Council for Research in Agroforestry (1978 - )
A 国際アグロフォレストリー研究センター
B 多目的樹木改良
C 1978
D Nairobi, Kenya
= ナイロビ, ケニア

13:IWMI
@ International Water Management Institute
= 元 International Irrigation Management Institute (IMMI)
A 国際水管理研究所
B かんがい、水資源管理
C 1985
D Battaramulla, Sri Lanka
= コロンボ, スリランカ

14:CIFOR
@ Center for International Forestry Research
A 国際森林・林業研究センター
B 持続的森林管理
C 1993
D Bogor, Indonesia
= ボゴール, インドネシア

15:ILRI
@ International Livestock Research Institute
= 元 International Laboratory for Research on Animal Diseases (ILRAD, Kenya) とInternational Livestock Centre for Africa (ILCA, Ethiopia).が統合
A 国際畜産研究所
B 家畜疾病、牧草
C 1994
D Nairobi, Kenya
= ナイロビ, ケニア

<続く>
タグ:復興 NPO 感染症 フィリピン マレーシア 大豆 NGO メキシコ トウモロコシ ケニア 政府 市場 営利 組織 2002 1980 非営利 米国 1985 1991 イタリア インドネシア シリア 1975 1977 独立 インド 1963 IRRI CIMMYT 国際稲研究所 ロックフェラー CGIAR IFPRI 1971 Disciplinary Multidisciplinary 1990 Expansion 2000 Rethink 2009 Reform Integration Transformation ゲイツ ゲイツ財団 ロックフェラー財団 フォード財団 世銀 シーズ・メジャー アグリ・ビジネス バイオ・メジャー 戦後復興 profit government 陰謀史観 公衆衛生 沿革 外務省地球規模課題総括課 International Maize and Wheat Improvement Center 国際トウモロコシ・コムギ改良センター 小麦 1943 El Batán International Rice Research Institute 1960 Los Baños CIAT International Center for Tropical Agriculture 国際熱帯農業センター キャッサバ 熱帯放牧 放牧 1967 Cali コロンビア IITA International Institute of Tropical Agriculture 国際熱帯農業研究所 ヤムイモ Ibadan ナイジェリア CIP International Potato Center 国際馬鈴薯センター イモ Lima ペルー WARDA AfricaRice Africa Rice Center West Africa Rice Development Association アフリカ稲センター Bouaké Cotonou コートジボワール ベナン ICRISAT International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics 国際半乾燥熱帯作物研究所 ヒヨコマメ 落花生 1972 Hyderabad Patancheru Bioversity International International Board for Plant Genetic Resources IBPGR International Plant Genetic Resources Institute IPGRI 国際生物多様性センター 遺伝資源 1974 Maccarese International Food Policy Research Institute 国際食料政策研究所 食糧政策 農業開発 社会経済 ワシントンD.C. WorldFish Center ICLARM 国際海産資源管理センター 持続的水生生物管理 内水養殖 Penang ICARDA International Center for Agricultural Research in the Dry Areas 国際乾燥地農業研究センター 大麦 ヒラマメ 牧草 家畜 Aleppo ICRAF World Agroforestry Centre International Centre for Research in Agroforestry International Council for Research in Agroforestry 1978 国際アグロフォレストリー研究センター 樹木改良 Nairobi IWMI International Water Management Institute International Irrigation Management Institute IMMI 国際水管理研究所 かんがい 水資源 Battaramulla スリランカ CIFOR Center for International Forestry Research 国際森林・林業研究センター 持続的森林管理 1993 Bogor ILRI International Livestock Research Institute International Laboratory for Research on Animal Diseases ILRAD International Livestock Centre for Africa ILCA
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント