CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«そういう思い出もやがて消える・・・涙のように・・・雨のように・・・夏休み。閑話休題の本 | Main | 民間非営利助成財団の両雄、商業メディアへの支援開始--メディアとは?非営利とは?非政府とは?»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
NPOとは何か(その2) メン・イン・グレイ [2012年07月26日(Thu)]

<承前>

前々回の記事から日がたったので要約すると、

◆非営利組織とは?
◇営利組織でないもの。
◇収益を自らに配分しない
◇「有償」の「組織関係者=メンバー」が不在の組織
◇ボランタリーな組織

◆ボランティア活動とは?
◇使役、労働を「主宰」組織に現物提供
◇労働対価、報酬を貰いながらも、その場で同額を寄付
≪ボランティア活動と寄付との差は「精神性」?≫
◇「専門性」、専門的な知識、技能、経験、が必要、「専門家」が中核

◆「専門家」とは?
◇「普段」の「生業」での「専門的役務」を「有償」で提供
◆ボランティア活動は「専門家」が「普段」の「生業」での「専門的役務」を「無償」で提供
◆専門家、専門性とは?
◇「知的技能」から「肉体的技能」まで、範囲をどこに求めるか難しい。
≪専門性から「複雑性」、「経験知」とかの曖昧領域の定義を棚上げ≫
◇元々「有償」の「役務」を「無償」で提供していることが「線引き」の原点
◇「労働対価」を得られるような「役務」
≪前提:ジョブ・ディスクリプション、雇用者、マネジメント、組織、目標≫

◆対価のない、市場にのらない専門性もある
◇パーマカルチャー、バイリンガル、シャドウワーク等々
◇時間、身体、信用の提供

◆何故、ボランティアが必要なのか?
◇日常時に不要、非常時に必要
◇規模の分岐点、タイムスパンの分岐点
◇天為、人為の与件によって社会が忌避したか、賄えなかったことによって、不在か稀少か消失したものだから
◇そして、他所でも、過去にも、存在しない「専門性」

といったことだった。

こうした、問題点を念頭に、少し、「非営利組織」という熟語に寄せて、こじつけにならない範囲で、少し言葉遊びも入れて、今回は概念的に考えてみたいと思う。

さて、非営利とは字義通り、営利に非ざるもの全てとなる。

従って、補集合、背反律なので、営利と非営利を合わせた全体とは何か、演繹的であれ帰納的であれ範囲を設定しなければ、泥沼に陥る。

一つは「組織」の全てが「非営利組織」か「営利組織」に分れるという前提にすることだ。

それでも結局は「組織」を帰納的に定義づけないといけない。熟語の最後「組織」とは何かということになる。「テキスト」という彩りがみえる。

次は「営利」。

まず、「利」から。非営利組織にしろ、営利組織にしろ、前記の通り、往々にして「利己的」なのか「利他的」なのかが問題になっている。

そのいずれでも、自己の延長をどこまでと設定するか、自己と他者の区分、境界域を如何にするかが争点になる。

個人と組織、諸組織の全体、社会といったもの同紙の自他の関係だ。自己と他者を合わせた全体、外延がどこまで何なのか、人類までなのか、生物までなのか、ガイアまでなのか、といったことの設定も必要だ。雨滴が広げる水紋、「場」という面がみえてくる。

戻って、「営」。営み。内容が何であれ、組織の内外の関係性がダイナミックに動いていくことだ。主体とか従属といったものから、協同といった言葉も見えてくる。Michael Andreas Helmuth Endeミヒャエル・エンデ ( 1929.11.12 – 1995.08.28 )の Men in Grey 時間泥棒ではないが、「時間」という軸が浮かび上がる。

「利」の焦点が共時的なるもので、「営」の焦点が通時的なるもので、両者が相補しながら「営利」というものになっているといえよう。

次回以降続けたい。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント