CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«非営利団体の報酬 | Main | 格差・多文化社会における災害復興»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
王子のチャリティ [2006年05月02日(Tue)]

英国のBBCによるとチャールズ皇太子の次男、Prince Harryハリー王子(21)がアフリカのLesothoレソトでエイズによって孤児となった子供たちを支援するためのチャリティ団体を設立することを表明しまた。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4950966.stm

ハリー王子は母親のPrincess Dianaダイアナ妃を記念してアフリカのレソトのエイズによって孤児となった子供たちの支援のためのチャリティ団体、Sentebale忘れないで・忘れな草(セソト語)を、同じように、エイズ患者支援に熱心だった母親のQueen Mamohatoマモハト妃を2003年に亡くした、Prince Seeisoシーイソ王子とともに、立ち上げることを表明しました。

ハリー王子は、以前、19歳のとき、大学に進学する前のギャップ・イヤー・ツアーで、ダイアナ妃の功績を受け継ぐ活動の一環として、アフリカへの8週間の旅の途次、訪問して以来、今回が通算4回目のレソト訪問です。

王子は、エイズによる死者が一日の70人といわれるレソトについて「初めて訪れたとき、こういうところに来ると、如何に自分が現実的には幸運であるかを気づかされたが(このとき、自分がここを訪問したことによって)ここの惨状が、如何にマスコミにより、沢山の人々の耳目を集めることができ、最初にして最後、マスコミに感謝した」と今回訪問時に述べています。

因に、BBCの報道では、王子は資金調達のため、この夏、何度かポロの試合をウィリアム王子とともにプレイするだろうと伝えており、英国王室らしさをうかがわせています。

話はそれますが、各国の表情を知る一つとして国際郵便条件表があります。
郵政公社のHPに世界中の条件が記されていますが、レソトの禁制品の一つは
「サッカー競技の予想に関する印刷物」
だそうです。
http://www.post.japanpost.jp/service/intel_service/ko_johken/95/95b.htm

また、最近は郵便ではなく、悪質なメールの一が増えていますが、それらの中で、もっともらしい住所やデータを盛り込んだダイアナ妃記念基金からの募金というものも出回っています。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント