CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«世界飛び地大全―休題の本 | Main | 冬虫夏草、共生-休題の本»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
昆虫の集まる花、樹液に集まる昆虫から冬虫夏草まで―休題の本 [2010年10月04日(Mon)]

ボランティア活動が盛んになり、異文化共生など、今では「共生」という言葉はどこでも聞かれるようになりました。

共生に関連して秀逸なミニ図鑑シリーズを紹介したいと思います。

Landschaftを「景観」として、Denkmalを「記念物」として紹介した、植物学者、三好学 (1862.01.04 – 1939.05.11) によって、symbiosis が「共生」として紹介されてといわれます。

そもそも、共生を考えるには、次のような図鑑が具体的で分かりやすいと思われます。



オーソドックスには、



そして、「パラサイト・イブ」瀬名秀明 (1968.01.17 - ) を経て、ミトコンドリアなど、細胞レベルでの「共生」概念をはじめ、寄生との境界も不鮮明になってきた現在、同じ文一総合出版のミニ図鑑シリーズから次のものも。




xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
ここをクリックするとこのブログでの「書籍紹介」というカテゴリーの記事が一覧できます
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント