CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«べスパ―60年の軌跡―休題の本 | Main | 世界一の写真集 + オーパ! ― 休題の本»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
カビ図鑑―休題の本 [2010年08月17日(Tue)]

戦後民主化教育の中で、学校外教育が勢いのあった時代から、今日の温暖化、BBQ、あるいはスローライフの時代にいたるまで「野外教育活動」は、非政府・非営利セクターの定番でした。

共生」とか「観察」がキーワードの「野外」というものに対する「異文化理解」には「インタープリター」や「辞書」は欠かせません。

「野外」にあっては「図鑑」という「辞書」がつきものでBE-PALにも図鑑紹介の連載があった頃は多々紹介されていましたが、連載も終り、その後陸続と楽しい図鑑も出ていますので、この「休題」でも紹介していきたいと思います。

この図鑑は単に「カビ」というだけでも、少なくとも「一般書」としては、珍しいのですが、副題に示される「角度」が本欄「図鑑」紹介一号にしたいと思ったきっかけです。

副題は、
「野外で探す微生物の不思議」、

そして帯には、
「カビ」と聞いて何を想像しますか。。。。。「人間の水虫というヒト」→「この図鑑ではほぼ扱ってません。*ザンネン。。。。。。*p.106にほんのちょっとだけ登場しています」

という注釈までついた真面目さと楽しさと、なによりも著者はもとより編集者のカビへの愛情が溢れるように感じられる本だからです。

著者4人の年齢の幅も41歳です。
カビの「実験:カビを捕まえよう!」の章もある教育的図鑑です。
因みに発行所は「全国農村教育協会」です。

発酵、インドア系の「もやしもん」とあわせて紹介します。









xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
ここをクリックするとこのブログでの「書籍紹介」というカテゴリーの記事が一覧できます
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント