CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«カンパニーの新しい動き | Main | セレブと国際NPO»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

https://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
投資と出資、資金と資本、収入と収益 [2006年04月25日(Tue)]

かつて世界各国の非営利セクターの数量的比較をはじめて行い、多くの話題を呼んだ、
Lester M. Salamonレスター・サラモン氏率いる
Center for Civil Society Studies at the Johns Hopkins Institute for Policy Studies
ジョンズ・ホプキンズ大学政治学院シビル・ソサエティ研究センター
291団体からの調査に基づき
Investment Capital: The New Challenge for American Nonprofits投資資金、米国非営利にとっての新たな挑戦」を発表した。
http://www.jhu.edu/listeningpost/news/pdf/comm05.pdf

この調査では、よくいわれる施設・設備、備品のための経費はもとより、プログラム開発/資金調達、職員育成、企画戦略(コンサルティング費)の三つが特に必要とされていることが判明したという。

この調査において興味深いのは、以前の各国調査同様、調査にあたっての、概念定義や分類法である。

Investment Capital=投資資金とは収入をoperating revenue=事業収入と2大区分する意味に用いたという。さらに、後者は一年単位でお金が必要とされるもので、これに比べ、後者は複数年投資する必要が残るものと定義している。さらに、後者を「ハード」と「ソフト」に分けている。

仔細はともかく、インヴェストメント、キャピタルとレヴェニューなど多義的な言葉を並置したところが興味深い。
<追記>
下記の出口さんの06/5/21付けのブログで、サラモン氏がシビル・ソサエティ及びフィランソロピー研究所の所長に就任することを報じられています。
https://blog.canpan.info/istr/archive/55
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント