CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年11月 | Main | 2021年01月»
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2021年12月(1)
2021年06月(2)
2021年05月(7)
2021年04月(1)
2021年03月(4)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
       
文化庁巡回公演 新聞記事 [2020年12月20日(Sun)]

文化庁巡回公演の様子を熊野新聞に大きく記事にしていただきました。ありがとうございました。

kumano.jpg

https://kumanoshimbun.com/press/cgi-bin/userinterface/toppage.cgi?target=20201217&mode=3
3月の横浜公演のお知らせ [2020年12月12日(Sat)]

3月の横浜公演は、人気曲「小鍛冶」を白頭(はくとう)の小書きで開催します。

【能を知る会横浜公演−「小鍛冶」【こかじ/Kokaji】 

【日時】2021年3月10日(水)14時開演
【場所】横浜能楽堂(神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27ー2)
*JR根岸線「桜木町」駅下車、徒歩15分

【解説】能と日本刀 (本阿彌光蓮)水戸本阿彌十四代
【狂言】二人大名(ふたりだいみょう) (野村裕基)
【能】小鍛冶(こかじ)白頭 (中森貫太)

字幕解説付き!(現代語訳&英訳)。初めて能楽に触れる方や外国人の方にも面白くお楽しみ頂ける公演です。

2021.3.jpg

2021.3_2.jpg

−みどころ・あらすじ−
一条天皇は夢の告げに従って三条小鍛治宗近に、御剣を打てとの勅命を下す。良い相槌が居ないのに悩んだ宗近は、神力を頼もうと氏神の稲荷明神に参詣しようとする。  
途中美しい少年が呼び止め、勅命の下ったことを言い当て、古今の名剣、ことに草薙の剣の奇跡を物語り、支度して我を待てと言い置いて雲に乗って去る。
やがて狐の姿で現れた明神の使は相槌を勤めて宝剣を打ち上げ、勅使に捧げる。
古今の名剣のことを語るクセは地謡の聞かせ所。クセの後半はシテの切れ味鋭い型が見せ場になります。
後シテでワキと共に剣を打つ型はこの曲独特の雰囲気を作っています。

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/

参照:≪能楽≫ (公演用)ガイドライン
 http://bit.do/nohgaku_guideline
Posted by kamakura nohbutai at 11:54 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1月の鎌倉公演のお知らせ [2020年12月12日(Sat)]

1月の鎌倉公演は、能の創設者観阿弥の作った能のうちでも、芸尽くしの動きもとても多い、見どころの多い面白い能です。

【能を知る会鎌倉公演−「自然居士【じねんこじ/Jinenkoji】」「百萬【ひゃくまん/Hyakuman】」】

【日時】2021年1月23日(土)午前の部 10時開演
【場所】鎌倉能舞台(神奈川県鎌倉市長谷3−5−13)

【解説】観阿弥の能(小林健二)国文学研究資料館名誉教授
【狂言】昆布売(こぶうり) (山本則孝)
【能】自然居士(じねんこじ)(中森貫太)


【日時】2021年1月23日(土)午後の部 14時開演
【場所】鎌倉能舞台(神奈川県鎌倉市長谷3−5−13)

【解説】観阿弥の能(小林健二)国文学研究資料館名誉教授
【狂言】寝音曲(ねおんぎょく)(山本則重)
【能】百萬(ひゃくまん)(中森健之介)

2021.1.jpg

2021.1_2.jpg

−あらすじ−

「自然居士」あらすじ:雲居寺で一七日の説法を行っている居士の前に一人の娘が現れ布施の小袖と文を渡し親の供養を頼む。
居士がその文を読み上げていると二人の荒くれ男が来てその娘を引き立てて連れ去ってゆく。居士は娘が自らを人商人(ひとあきびと)に売ってその代金で供養を頼み来た事に気付き、その小袖を持って男を追う。舟に乗り行こうとする男たちを引き止め小袖を返して娘を引き取ろうとするが男達はそれを拒む。しかし居士のしつこさに根負けした男達は居士に舞を舞わせたり鞨鼓を打たせて散々に嬲るが最後には娘を返し、居士は娘を連れて都に帰って行く。

「百萬」あらすじ:吉野の男が南都西大寺の辺りで拾った少年を連れて嵯峨野の大念仏に来ると、一人の狂女が来て念仏の音頭を取り舞い狂う。
やがて正気に戻った女は仏前に手を合わせ我が子との再来を願う。
拾った子供はその姿を見て母と気づくが、男は声を掛け信心を勧め、女は勧めに従って法楽の舞を舞う。
興に乗って舞い狂う姿を哀れに思い、男は子供を母に引き合わせ、親子は喜び故郷に帰っていく。


◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/

参照:≪能楽≫ (公演用)ガイドライン
 http://bit.do/nohgaku_guideline
Posted by kamakura nohbutai at 11:35 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
10/21午後の部 J-LODlive配信動画 [2020年12月06日(Sun)]

J-LODlive(コンテンツグローバル需要創出促進事業)の採択を受けた鎌倉能舞台の能楽公演のダイジェスト版をYouTubeにアップしました。



2020年10月21日(水)午後2時始め
「能を知る会鎌倉公演」会場:鎌倉能舞台/主催:鎌倉能舞台
狂言「成上り【なりあがり】」シテ:野村萬斎 
能 「熊坂【くまさか】」シテ:中森健之介
Posted by kamakura nohbutai at 00:01 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
10/21 J-LODlive動画配信映像 [2020年12月05日(Sat)]

J-LODlive(コンテンツグローバル需要創出促進事業)の採択を受けた鎌倉能舞台の能楽公演のダイジェスト版をYouTubeにアップしました。



2020年10月21日(水)午前10時始め
「能を知る会鎌倉公演」会場:鎌倉能舞台/主催:鎌倉能舞台
狂言「宗八【そうはち】」シテ:野村萬斎 
能 「籠太鼓【ろうだいこ】」シテ:中森貫太
Posted by kamakura nohbutai at 23:57 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)