CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
最新記事
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2021年12月(1)
2021年09月(4)
2021年08月(1)
2021年07月(1)
2021年06月(10)
2021年05月(6)
2021年04月(1)
2021年03月(4)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
       
[ 「能を知る会横浜公演-融」公演のご報告 [2020年11月30日(Mon)]

11月26日、横浜能楽堂にて「能を知る会横浜公演」を開催しました。

今回は座席数の制限は設けなかったのですが、ご入場者はちょうど定員の半数の240名でした。コロナ以前もいつも満席ではなかった能の公演が、コロナ以降どのように公演を継続していけるか、知恵を絞って伝統文化の継続により尽力していかねばと、改めて思いました。

この公演は読売新聞社さんのクラウドファンディングでご支援いただいた最終公演でした。コロナ禍の中、東京(観世能楽堂)、鎌倉(鎌倉能舞台)、横浜(横浜能楽堂)と4公演無事に開催できたこと、本当に感謝しております。関係者の皆様、ご支援いただいたお客様、本当にありがとうございました。

公演の様子をアップします。

冒頭に中森貫太のご挨拶

20.11.26 能知会 (13).JPG

葛西聖司氏の講演

20.11.26 能知会 (16) - コピー.JPG

狂言「薩摩守(さつまのかみ)謡入」シテ 野村萬斎師

20.11.26 能知会 (33).JPG

能「融(とおる)酌之舞」シテ 中森貫太

20.11.26 能知会 (86).JPG

20.11.26 能知会 (149).JPG

スクリーンに、現代語の解説(日本語と英語)の字幕を映し出して上演しますので、物語としての能をお楽しみいただけます。

20.11.26 能知会 (50).JPG

(写真撮影:駒井壮介氏 写真の無断ダウンロード、二次使用はご遠慮ください)

感染症予防対策として公演時間を短くするため、仕舞や質疑応答などは省かせていただきました。また、「融」は、「酌之舞(しゃくのまい)」という小書(こがき=特殊演出)がつくと、短くなるそうで、お客様が能楽堂にいらっしゃる時間を短くするという意味で、感染症予防対策の演目となりました。

「薩摩守(さつまのかみ)」は、薩摩守忠度(ただのり)の名前を出すところを忘れて「あおのり」と言ってしまう・・のがオチでした。不正乗車(無賃乗車=キセル)の事をかつては「薩摩守(さつまのかみ)」と呼んでいた・・ということはもう多くの方はご存じないことでしょう。

この公演はJ-LODlive補助事業として、1か月後に公演のダイジェスト版をユーチューブにアップします。お越しいただけなかったお客様も楽しみにお待ちくださいませ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
~読売新聞社クラウドファンディング ご挨拶~

>>こちら<<

7月のプロジェクト開始以来、多くのご支援を頂戴しました「コロナ禍から伝統芸能を守る〜能楽師・中森貫太プロジェクト〜」ですが、11月26日午後、掉尾を飾る公演として「能を知る会 横浜公演」を横浜能楽堂で行いました。紅葉真っ盛りの山上にある能楽堂で、多くのお客様に野村萬斎師の狂言「薩摩守」、中森貫太の能「融」を楽しみいただけたこと、嬉しく思います。

 公演の冒頭、中森があいさつし、「クラウドファンディングの(支援をもとにした)公演は最後ですが、鎌倉能舞台として活動していく舞台公演は続いていきますので、今後も応援していただければと思います」と話しました。

 最後に改めてではありますが、これまで多くのご支援をお寄せいただいたすべての皆様に心から御礼申し上げますとともに、今後とも鎌倉能舞台への応援をよろしくお願い致します。
Posted by kamakura nohbutai at 23:41 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度 文化庁巡回公演 学校募集開始のお知らせ! [2020年11月30日(Mon)]

令和3年度文化庁「文化芸術による子供育成総合事業−巡回事業」 実施校募集が始まりました!


○鎌倉能舞台の行っております「巡回公演」の様子は、こちらのブログよりご覧いただけます 
https://blog.canpan.info/nohbutai/category_7/1

○また、巡回公演の様子を撮影した動画が、「巡回公演HP」にアップされています。
https://www.kodomogeijutsu.go.jp/video/ 
鎌倉能舞台動画 こちら https://www.kodomogeijutsu.go.jp/video/traditional/f67.html

○鎌倉能舞台の令和3年度に伺う地域は、
神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 横浜市・川崎市・相模原市・静岡市・浜松市・名古屋市、となります。

学校体育館にて生徒さんに能狂言を鑑賞いただく事業です。簡易能舞台設営のお手間も、公演に関する学校の負担金もございません。

鑑賞する生徒さんは小学校1年生から中学生までOKです。

○募集案内は、
https://www.kodomogeijutsu.go.jp/application/index.html
より、ダウンロードしてください。

鎌倉能舞台の公演の詳しい内容は、
「D 神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 横浜市 川崎市 相模原市  静岡市 浜松市 名古屋市  A区分・B区分団体 ダウンロードPDF」https://www.kodomogeijutsu.go.jp/junkai/dl/school/r03/abblock_d.pdf
から、ご覧いただけます。

応募締切(県でとりまとめての「巡回公演事務局」必着日)が1月15日(金)となります。

ぜひ「自校の生徒に日本の伝統文化 能楽を体験させたい」という学校さんのご応募、お待ちしております!!

全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい。それが私たちの願いです!

鎌倉能舞台_チラシ[小鍛冶]-1.jpg

鎌倉能舞台_チラシ[小鍛冶]-2.jpg

令和3年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業」−巡回事業」実施校募集のお知らせ.jpg

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

■具体的にどんな事業?
学校体育館に能舞台を再現し、プロの能楽師による、生徒向けにアレンジした、狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」を鑑賞、体験もします。字幕も出るので大人も子供も楽しく鑑賞できます。

■学校の負担は?
公演料、能楽出演者の交通費等、学校の負担金はありません。
能舞台の設置・搬出も能楽団体が行い、体育館を使う時間は公演時間を含めて午前か午後の半日のみでOKです。

■学生向け能楽公演実績
公益財団法人鎌倉能舞台では学生のための「能楽(能と狂言)」公演を48年来開催、文化庁巡回公演事業は平成20年度より受託し、年間5千人以上の生徒児童が「能楽」を鑑賞・体験しています。

ろう学校、視覚支援学校での実績もございます。

■事業の概要
〇公演開催地域: Dブロック 神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
横浜市 川崎市 相模原市 静岡市 浜松市 名古屋市
〇公演実施可能期間:本公演 令和3年6月1日〜令和4年1月31日
〇公演内容(詳しくは別紙チラシを参照してください)
「事前ワークショップ(90分)」と「本公演(100分))を別日に行います。
「事前ワークショップ(90分)」※本公演に先立ち「能の話、謡体験、能面と能の楽器体験、能の小道具の作成」を行います。(授業時間2時間内)(能楽師3名で伺います。)
「本公演(100分)」※狂言「柿山伏(かきやまぶし)」(15分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)の鑑賞と、狂言の体験ワークショップ(20分)、質疑応答(20分)を行います。
能鑑賞の際には、プロジェクターに映し出された字幕を見ながら鑑賞する、事前ワークショップで練習した謡の一部分を生徒全員で謡うなど、生徒参加型の、わかりやすい公演を行います。
〇舞台設営にかかる時間
 本公演の舞台設営は簡易舞台セットを持参し能楽師が行います。設営・撤収にかかる時間は約30分ですので、公演時間を含めて、体育館は午前のみ、または午後のみの使用で大丈夫です。
〇対象:小・中学生とその保護者、教職員(小学1年生から参加可能です)
〇学校の費用負担
この事業にかかる費用(出演料、交通宿泊費等)で学校が負担する費用はございません。

〇提出期限:令和3年1月15日(金)【必着】
上記の提出期限とは、都道府県等が域内の申請を取りまとめて「巡回公演事務局」へ提出する期限です。学校から都道府県等へ提出する期限は、お早めに教育委員会に問い合わせてください。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鎌倉能舞台
担当:中森 貫太(能楽師観世流シテ方)
〒248-0016神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
TEL・Fax:0467-22-5557
Email:webmaster@nohbutai.com
HP:http://www.nohbutai.com/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
マグカル [2020年11月28日(Sat)]

マグカルに中森貫太インタビューを掲載いただきました。

表紙の「江野島」も中森貫太舞台写真です。

このたびはありがとうございました!

https://t.co/sskL1uzA20 https://t.co/w0ZQ4nivgF

20-11-26-19-53-00-906_deco.jpg

20-11-26-19-52-14-169_deco.jpg

20-11-26-19-52-44-793_deco.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 14:51 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
9/22 J-LODlive配信動画 [2020年11月17日(Tue)]

J-LODlive(コンテンツグローバル需要創出促進事業)の採択を受けた鎌倉能舞台の能楽公演のダイジェスト版をYouTubeにアップしました。



2時間半の公演を40分に凝縮した内容です。
導入部分、お洒落です(^^) 

2020年9月22日(火・祝)午後2時始め
「能を知る会東京公演」会場:観世能楽堂/主催:鎌倉能舞台
狂言「蚊相撲【かずもう】」シテ:野村萬斎師
能 「土蜘蛛【つちぐも】」シテ:中森貫太
Posted by kamakura nohbutai at 18:46 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
文化庁「文化芸術による子供育成事業-巡回公演」10月のご報告 [2020年11月15日(Sun)]

令和2年度文化庁「文化芸術による子供育成事業-巡回公演」、10月12日から15日の大阪クール4校は無事に公演をさせていただきました。

当初予定では6月から学校を巡回する予定でしたが、学校も閉鎖となり、巡回できる状況ではなかったので、秋以降に日程を変更しました。これから冬に向かいますが、12月の学校まで無事に回れることを心より祈っております。

今期は、なるべく移動の回数を減らすため、例年ですと本公演の前に一度学校に伺って事前ワークショップをするところを、本公演の前の解説を長めにする感じで、40分の事前ワークショップをしてから、休憩をはさんで本公演、という形をとらせていただいております。

また、伺う能楽師も毎朝検温&健康チェックをして、マスク、手指の消毒の徹底、サーキュレーターも舞台セットと一緒に持ち込み、予防に努めております。

舞台上の地謡も、アクリル板を持参し、アクリル板の後ろで謡うことにしております。ただ、アクリル板で仕切るとやはり謡の声が弱くなるため、体育館が広い学校さんでは、地謡は特製マスクをして謡います。

※ 巡回公演の詳細は下記の通りです。

体育館に簡易能舞台を設営します。能楽師全員とスタッフで設営、準備時間は30分ほどです。

事前ワークショップと、能の上演時には、スクリーンに解説を映し出します。今どんな物語が繰り広げられているのか、予習なしでもリアルタイムに状況がわかり、物語としての能をお楽しみいただけます。

事前ワークショップ40分、休憩/ 狂言20分、休憩/ 能40分、体験10分 という例年とは変則的な時間割でさせていただいております。

※ 大阪クールの報告写真をアップします。

簡易能舞台セットの様子と、事前ワークショップ時の解説。

DSC00707.JPG

狂言「柿山伏」

DSC00717.JPG

地謡座のアクリル板

DSC00722.JPG

能「小鍛冶」前シテの場面

DSC00761.JPG

能「小鍛冶」後シテの場面

DSC00745.JPG

狂言体験

DSC00765.JPG

別の学校の風景。生徒さんも密にならないよう、間隔をあけて座っています。また、なるべく舞台からも離れています。

DSC00777.JPG

DSC00781.JPG

例年ですと、生徒さんたちとの交流も大事なことなのですが、今回はなるべく離れて、体験するお友達も少人数で、見ているお友達も遠くから見ていただいています。それでも、生の能楽を見て、体験してくれたことは、小中学生の皆さんにとって大きな経験となっていると思います。

開催できて本当に良かったです。

これからの学校さんにも無事に能楽をお届けできますように。能楽師一同も健康に留意して、お伺いしたいと思います。
鎌倉市内私立学校さま 学生能 [2020年11月08日(Sun)]

毎年、鎌倉能舞台で能鑑賞教室を実施してくださっている北鎌倉市内私立高校さまの鑑賞教室を、今年はコロナ対応のため学校に伺ってさせていただきました。

狂言鑑賞教室で学校に伺った時分はステージの上で演じましたが、今回は「どこでも能舞台」簡易能舞台セットを床に設置して、狂言「柿山伏」と能「経正」をご鑑賞いただきました。

DSC00848.jpg

DSC00851.jpg

学校公演時もプロジェクターとスクリーンを設置して、能は字幕(日英の現代語訳の解説)を映し出しながら上演します。より理解していただけると思っています。

DSC00852.jpg

DSC00853.jpg

こちらの学校さまでは狂言の体験も行いました。マスクをつけて距離も取って、体験をしました。

DSC00854.jpg

このような状況の中、途切れること無く能楽鑑賞教室を開催いただいたこと、感謝申し上げます。来年はまた鎌倉能舞台へご来場いただける世の中に戻りますように。

ありがとうございました。
Posted by kamakura nohbutai at 23:28 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会鎌倉公演−鶴亀」の公演のご報告 [2020年11月08日(Sun)]

11月3日は「能を知る会鎌倉公演」を当初の予定(午前:「鶴亀」、午後:「楊貴妃」の2回公演)を1回公演に変更させていただき、無事に開催しました。

1回にした理由としては、連休の鎌倉がどのくらい混むのか予想がつかないため、ご来場になるお客様や出演者が鎌倉市内の混雑(=密)を避けるためも考えて、1回としました。

最初に解説 中森貫太

20.11.03 閭ス遏・莨・(7).JPG

狂言「栗焼」シテ 善竹十郎師

20.11.03 閭ス遏・莨・(27).JPG

能「鶴亀」シテ 中森貫太 

20.11.03 閭ス遏・莨・(45).JPG

鶴と亀は、鎌倉こども能を2期参加してくれて、去年の「能を知る会東京公演」観世能楽堂で能「仲光」の子方もしてくれた鎌倉市内小学校6年生のお子さんです。

20.11.03 閭ス遏・莨・(73).JPG

大人のシテツレが演じる場合は能面をかけますが(チラシ画像参照)、子方がやる場合は能面をかけません。


20.11.03 閭ス遏・莨・(89).JPG

20.11.03 閭ス遏・莨・(92).JPG

能の上演中は会場のモニターに、現代語(日本語と英語)の解説を写しだします。場面の解説、囃子や舞の説明などをご覧いただきながら、物語としての能をお楽しみいただけます。

20.11.03 閭ス遏・莨・(64).JPG

[写真撮影:駒井壮介氏 写真の無断使用、二次使用はご遠慮ください]

冠に「鶴」と「亀」を載せます。

無.png

無題.png

客席は80%の定員とさせていただき、会場もドアをあけて網戸にして換気に努めました。開場時の検温や手指の消毒など、ご協力いただきましてありがとうございました。

無事に開催できたこと、感謝しております。ありがとうございます。
Posted by kamakura nohbutai at 22:23 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鎌倉市内私立高校さま 学生能 [2020年11月05日(Thu)]

長年、鎌倉能舞台で能鑑賞教室を実施してくださっている鎌倉市内私立高校さまの鑑賞教室を、今年はコロナ対応のため学校に伺ってさせていただきました。

女子校らしい素敵なアリーナに、文化庁巡回公演でも大活躍の「どこでも能舞台」を設営して、狂言「清水」と能「殺生石」を上演しました。地謡は、感染予防のため、特製マスクをつけました。

DSC00816.JPG

DSC00820.jpg

DSC00825.jpg

DSC00831.jpg

DSC00840.jpg

DSC00817.jpg

このような状況の中、途切れること無く能楽鑑賞教室を開催いただいたこと、感謝申し上げます。来年はまた鎌倉能舞台へご来場いただける世の中に戻りますように。

ありがとうございました。

Posted by kamakura nohbutai at 23:40 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
報恩講奉納 [2020年11月05日(Thu)]

10月24日は小田原の善福寺さまで報恩講の奉納をさせていただきました。今年はコロナ禍のためお経は中止だったそうですが、能だけさせていただきました。

本年も呼んでいただき本当にありがとうございました。

来年はまたたくさんのお客様に見て頂ける世の中になっていますように。

DSC00786.jpg

DSC00787.jpg

DSC00794.jpg

DSC00806.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 23:01 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会鎌倉公演-籠太鼓・熊坂」公演のご報告 [2020年11月04日(Wed)]

10月21日、鎌倉能舞台にて「能を知る会鎌倉公演」を無事に開催することができました。鎌倉能舞台での公演はなんと令和2年1月の県民能以来、9か月ぶりでした。

この公演は読売新聞社「idea market」の「コロナ禍から伝統芸能を守る」クラウドファンディングでご支援いただきましたお客さまも多数ご来場くださいました。ご支援、本当にありがとうございました。

また、神奈川県の【文化芸術活動再開加速化事業補助金補助事業】に採択いただき、このたび長年の懸案事項だった「椅子」を全部取りかえました。消毒しやすい素材で、一脚ずつの椅子になったためお客様間のディスタンスも取りやすい。また、今までの長椅子に座椅子と長座布団を置いた「手作り椅子」より、お客様の腰の負担など軽減されるのでは・・と思っています。本当にありがとうございました。

会場の入口では検温、お名前などのご記入、チケットのもぎりやパンフレットはご自分でしていただき、また客席は60~70%の定員とさせていただき、予防に努めました。

出演者ももちろん検温とヘルスチェックシートに記入してもらい、楽屋でも座卓にはアクリル板をおき、また、舞台上も密にならないよう地謡の人数を減らして一列に並び、それぞれアクリル板の仕切りの中で謡うようにしました。

この公演は後日有料でのネット配信も予定しております。また、J-LODLIVE補助金を受けた公演でして、無料でYouTubeでダイジェスト版も配信する予定でございます。詳細が決まりましたら、お知らせさせていただきます。

当日の様子をアップします。

まずは椅子の様子です。ちょうど高さが大中小と違う椅子をみつけたので、前から後ろにいくにつれて高低差を付けられました。

20.10.21 閭ス遏・莨・(3).JPG

20.10.21 閭ス遏・莨・(4).JPG

入口でお一人ずつ検温を実施しました。

20.10.21 閭ス遏・莨・(6).JPG

ご協力、ありがとうございました。

公演の様子をアップします。

午前の部

解説 中森貫太

20.10.21 閭ス遏・莨・(13).JPG

狂言「宗八(そうはち)」シテ 野村萬斎師

20.10.21 閭ス遏・莨・(21).JPG

20.10.21 閭ス遏・莨・(41).JPG

能「籠太鼓(ろうだいこ)」シテ 中森貫太

客席のスクリーンに字幕を出して上演します。わかりやすい日本語と英語の現代語訳や囃子の約束事や舞についてなどを映し出しますので、物語としての能をお楽しみいただけます。(字幕e能)

20.10.21 閭ス遏・莨・(62).JPG

20.10.21 閭ス遏・莨・(79).JPG

午後の部

狂言「成上り(なりあがり)」シテ 野村萬斎師

20.10.21 閭ス遏・莨・159).JPG

能「熊坂(くまさか)」シテ 中森建之介

20.10.21 閭ス遏・莨・183).JPG

20.10.21 閭ス遏・莨・244).JPG

ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。こうやってまたお客様をお迎えして公演ができること、心より感謝しております。

(舞台写真撮影:駒井壮介氏  写真の無断ダウンロード、二次使用はご遠慮ください)


↓ 新しい鎌倉能舞台の客席の様子です。


DSC_0917.jpg

DSC_0918.jpg

この公演は「鎌倉芸術祭」参加公演でした。

DSC_0937.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 23:23 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)