CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年05月 | Main | 2020年07月»
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年12月(1)
2020年07月(2)
2020年06月(7)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
       
「能を知る会横浜公演」11月26日 横浜能楽堂 [2020年06月28日(Sun)]

秋以降の公演のお知らせです。秋以降の公演の変更点や感染症予防対策については こちらのブログ記事 https://blog.canpan.info/nohbutai/archive/772 をご参照ください。

参照:≪能楽≫ (公演用)ガイドライン
 http://bit.do/nohgaku_guideline

「能を知る会横浜公演-融-」
【日時】2020年11月26日(木)14時開演
【場所】横浜能楽堂(神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27ー2)
*JR根岸線「桜木町」駅下車、徒歩15分

-演目-
【解説】能の小書 歌枕の力 名所幻想 (葛西聖司)
【狂言】薩摩守(さつまのかみ) (野村萬斎)
【能】融(とおる)酌之舞 (中森貫太)

-みどころ-
能の「融」は、秋と月の叙情詩として有名な名曲です。融の大臣(おとど)の霊が、在りし世の豪奢風流のさまをみせるところが見どころです。狂言「薩摩守」は、渡し舟の船頭は秀句(洒落)好きと教えられた出家が「平家の公達・薩摩守忠度(ただのり)」という句でただ乗りを試みるが・・・ という曲。

2020.1126_01.jpg

2020.1126_02.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 22:19 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会鎌倉公演」10月21日午前・午後 鎌倉能舞台 [2020年06月28日(Sun)]

秋以降の公演のお知らせです。秋以降の公演の変更点や感染症予防対策については こちらのブログ記事 https://blog.canpan.info/nohbutai/archive/772 をご参照ください。

参照:≪能楽≫ (公演用)ガイドライン
 http://bit.do/nohgaku_guideline

「能を知る会鎌倉公演-籠太鼓-」
【日時】2020年10月21日(水)午前の部 10時開演
【場所】鎌倉能舞台(神奈川県鎌倉市長谷3−5−13)
*JR「鎌倉駅」乗り換え、江の島電鉄「長谷駅」より徒歩7分
-演目-
【解説】能の小道具・作物 (中森貫太)
【狂言】宗八(そうはち) (野村萬斎)
【能】籠太鼓(ろうだいこ)(中森貫太)
-みどころ-
能の「籠太鼓」は、夫婦愛を描く異色の狂女物。ほとんどがシテ(主役)の一人芝居というのが見どころです。狂言「宗八」は、同じ主人に仕えることになった、還俗した宗八という料理人と元料理人のにわか坊主が互いの前身を知って仕事を取り替えているところに・・・ というユーモラスな曲。

「能を知る会鎌倉公演-熊坂-」
【日時】2020年10月21日(水)午後の部 14時開演
【場所】鎌倉能舞台(神奈川県鎌倉市長谷3−5−13)
*JR「鎌倉駅」乗り換え、江の島電鉄「長谷駅」より徒歩7分
-演目-
【解説】能の小道具・作り物 (中森貫太)
【狂言】成上り(なりあがり)(野村萬斎)
【能】熊坂(くまさか)(中森健之介)
-みどころ-
能の「熊坂」は、牛若丸に退治された大盗賊・熊坂長範の幽霊が出てくる物語。長刀を使う曲としては最も型が複雑というのが見どころです。狂言「成上り」は、太郎冠者が清水寺に参籠する主人の太刀を預かって供をするが、居眠りをしたすっぱ(詐欺師)に、太刀を青竹とすり換えられてしまい……という曲です。

2020.1021_01.jpg

2020.1021_02.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 21:44 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会東京公演」9月22日 観世能楽堂 [2020年06月28日(Sun)]

秋以降の公演のお知らせです。公演の変更点や感染症予防対策については こちらのブログ記事 https://blog.canpan.info/nohbutai/archive/772 をご参照ください。

参照:≪能楽≫ (公演用)ガイドライン
 http://bit.do/nohgaku_guideline

「能を知る会東京公演-土蜘蛛」

【日時】2020年9月22日(火・祝)14時開演
【場所】観世能楽堂(東京都中央区銀座6丁目10−1 GINZA SIX 地下3階)
*東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A3出口より徒歩3分

-演目-
【講演】妖怪土蜘蛛と独り武者の戦い行方は(小林健二)
【狂言】蚊相撲(かずもう)(野村萬斎)
【能】土蜘蛛(つちぐも)(中森貫太)

-みどころ-
日本書紀編纂1300年の年の企画公演として人気の「土蜘蛛」を上演します。病床の源頼光を狙うが返り討ちに遭った蜘蛛の精を、更に独武者が大和国葛城山で追い詰め退治する。登場人物も多く「蜘蛛の糸」等の珍しい小道具も使い動きの多い曲で、ストーリーも分かり易く、初めて能を見る方にお薦めの作品です。
狂言「蚊相撲」は、大名が蚊の精と相撲を取るという、奇想天外な楽しい演目です。

new土蜘蛛20200922_01.jpg

new土蜘蛛20200922_02.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 21:33 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋以降の公演再開のお知らせ [2020年06月28日(Sun)]

新型コロナウィルス感染防止の自粛要請に伴い、中止が続いておりました鎌倉能舞台主催公演は、9月より再開の予定で準備を進めております。

なお再開にあたり、感染予防対策として席数の限定など、従来と異なる態勢での再開となります。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、安全安心にご鑑賞頂けるよう努めて参りますので、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※ 再開にあたっては、新型コロナウイルス等の感染防止の観点より、公益社団法人能楽協会の「能楽堂における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」、ならびに公益社団法人全国公立文化施設協会の「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿って、鎌倉能舞台における感染予防措置を講じ、開催を致します。
※ 当面の間は、販売席数は各公演定員の半分といたします。
※ 感染予防のため、通常とは異なる上演の形態で演じられる場合がございます。今後の状況により、販売席数を拡大する場合または公演が中止となる場合がございます。あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。
また、記載の演目・演者等はやむを得ない都合により変更になる場合がございます。

→ 【鎌倉能舞台新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン】はこちらをお読みください ←

参照:≪能楽≫ (公演用)ガイドライン(能楽協会ガイドライン)
 http://bit.do/nohgaku_guideline


【9月22日公演の演目変更について】

−変更点−

@ 9月22日「能を知る会東京公演」(会場:観世能楽堂)の演目を変更します。

当初予定では狂言「夷毘沙門(えびすびしゃもん)」・能「玉井(たまのい)」でしたが、狂言「蚊相撲」・能「土蜘蛛」に変更します。(シテは、狂言 野村萬斎師、能 中森貫太 となります)変更します。

演目変更の理由:上演時間を短くするようにとの劇場指針により。「玉井」は120分コースの長い能のため、狂言・能とも、6月に国立能楽堂で開催予定だった「蚊相撲」「土蜘蛛」に変更させていただきます。

A 客席の間隔をあける必要があるため、お席番号のご指定は承ることができません。当方にて指定させていただきます。そのため、指定席料1000円は頂きません。

B チケット代金は「税別」とさせていただきたく、お願い申し上げます。

C チケットのお送りは、1ヵ月前から直前になる場合がございます。

D 当日の演目を全て録画した映像を、後日、有料にてweb配信する予定がございます。有料配信のお支払い方法、視聴方法などは、決まりましたらまたお知らせさせていただきます。

以上、今現在の変更点となります。(今後の新型コロナウイルス感染状況や政府方針、また自然災害等によっては、急遽変更となる場合がございます。)

なにとぞよろしくお願いいたします。

Posted by kamakura nohbutai at 21:20 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【鎌倉能舞台新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン】 [2020年06月19日(Fri)]

新型コロナウィルス感染防止の自粛要請に伴い、中止が続いておりました鎌倉能舞台主催公演会は、9月より再開の予定で準備を進めております。
なお再開にあたり、感染予防対策として席数の限定など、従来と異なる態勢での再開となります。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、安全安心にご鑑賞頂けるよう努めて参りますので、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※再開にあたっては、新型コロナウイルス等の感染防止の観点より、公益社団法人能楽協会の「能楽堂における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」、ならびに公益社団法人全国公立文化施設協会の「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿って、鎌倉能舞台における感染予防措置を講じ、開催を致します。

参照:≪能楽≫ (公演用)ガイドライン
 http://bit.do/nohgaku_guideline

※当面の間は、販売席数は各公演定員の半分といたします。
※感染予防のため、通常とは異なる上演の形態で演じられる場合がございます。また、今後の状況により、販売席数を拡大する場合または公演が中止となる場合がございます。あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

[感染症予防のため、注意事項を必ずお読みください。皆様のご協力をお願いいたします]

−ご来場の際のお願い−
・ご入場の際は必ずマスクをご着用ください。用意の無い方は実費にてお分けいたします。
・入口にて手指のアルコール消毒と検温にご協力ください。
・37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りさせていただきます。
(上記にご協力いただけない方にはご入場をお断りいたします。)
・下記に該当する方は当日でもご来場を控えていただきますようお願いいたします。
@ 37.5℃以上の発熱があった場合
A 下記の症状がある場合
 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・聴覚障害、喉の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、吐気、嘔吐
B 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合
C 過去 2 週間以内に政府から入国制限、入国人観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び島外在住者との濃厚接触がある場合
・上記にて入場不可となった方へは、ご事情を伺った上で、チケット代金の払い戻しをさせていただきます。チケットを半券とともにご保管の上、ご連絡ください。
・消毒や検温などに時間がかかりますので、時間に余裕を持ってご来場ください。

−会場内でのお願いなど−
・受付の際は、他のお客さまとの間隔を充分にとって(2メートル)お並びください。
・チケット半券のもぎり、パンフレットやチラシ、アンケート等のお受け取りは、入場の際にご自身でお願いいたします。
・入場をお待ちの間や開演前後、休憩時間等、会場内における会話はお控え頂くようお願いいたします。
・感染症防止のため、場内でのお食事はご遠慮ください。
・熱中症予防・水分補給のため、ペットボトル等でのお飲み物をご持参ください。
・公演の前後および休憩中は会場内の換気をいたします。
・上演開始後もロビーと見所の扉はあけさせていただきます。
・開演時間に遅れてご入場の方は、別のお席を指定してお座りいただく場合がございます。
・ドアノブ、座席の引き替え等は公演前後に特に注意してアルコール消毒をいたします。
・ブランケットの貸出は当面いたしません。
・お席によっては空調が強く当たるところがございます。ご自身にて上掛け等をご持参ください。
・お手洗いは数が大変に限られております。
なるべくご来場前にお済ませいただき、公演前後や休憩中のお手洗いのご利用は、間隔を開けてお並びください。ハンドドライヤーは使用せず、個人のハンカチ等をご使用ください。
・チケット販売窓口等には飛沫防止のシールドを設置いたします。
・スタッフは、マスク・フェイスシールド・手袋等を着用させていただきます。
なにとぞご了承ください。

−上演にあたってなど−
・上演にあたっては舞台上も出演者の感染予防対策を講じた形式での上演とさせていただきます。
・演目によっては上演時間短縮のための演出を行います。
・前列のお客さまで舞台からの飛沫がご不安の方へは、フェイスシールドを貸出いたします。受付へお申し出ください。
・場内換気のため、上演中もロビーとの扉は開けさせて頂きます。
・防音完備ではございませんため、ロビー内や屋外の音がご鑑賞の妨げになることがございますが、なにとぞご了解ください。
・上演中でもご気分の悪い方はご遠慮なくお席をお立ちください。
・終演後は係員の誘導に従ってご退場ください。時間差での退場にご協力をお願いします。
・皆様のご退館を待たずに、館内の消毒作業を開始させていただきます。
・出演者へのご面会、お差入れは当面の間ご遠慮ください。
お呼び出しや受付でのお預かりもおことわりいたします。
・万一、来館者ならびに出演者・スタッフに感染が疑われる者が後日発生した際は、所轄の保健所へご来場者様情報を提出させていただく場合がございます。個人情報の保護の観点から目的外の使用は一切行いません。

−公演・演目・当日会場内のお願い事項について−
・記載の演目・演者等はやむを得ない都合により変更になる場合がございます。
・許可のない録画・録音・写真撮影は一切禁止です。
・携帯電話はマナーモードではなく、電源からお切りください。
・演能やほかのお客さまの迷惑となる行為はご遠慮願います。
 場合によっては退場していただくことがございます。
※ 今後の新型コロナウイルス感染状況や政府方針、また自然災害等によっては、急遽変更となる場合がございます。最新の情報は鎌倉能舞台ホームページをご覧ください。

皆様の健康と安全を第一に考えております。
ご不便をおかけすることもございますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。                              
                                   
公益財団法人鎌倉能舞台


Posted by kamakura nohbutai at 16:07 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
web配信会場など 【貸し能舞台のお知らせ】 [2020年06月08日(Mon)]

鎌倉能舞台をweb配信の会場にお使いになりませんか?

このところ、文化芸術活動は、感染症予防対策として、観客を入れずに無観客で公演をしてweb配信する・・などの方法を取らざるを得ない、そんな状況です。

鎌倉能舞台は、配信用の会場としても舞台をお貸しいたします。

セミナーや伝統文化の配信など、YouTube用の撮影にお使いいただけます。(ライブ配信ですと、ネット環境が難しいかもしれませんが・・)

内観02.jpg

貸し能舞台事例などは こちら  をご参照ください。

能舞台だけ、時間貸しで1時間12000円(税別)からご利用いただけます。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

外観_新.JPG

Posted by kamakura nohbutai at 15:08 | 貸し舞台 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
文化庁「文化芸術による子供育成総合事業」HP画像 [2020年06月05日(Fri)]

文化庁「文化芸術による子供育成総合事業」の令和2年度のHPのトップ画像に、鎌倉能舞台で行った公演の画像(能「小鍛冶(こかじ)」)を使っていただいています!

嬉しいです!(左側のシテは中森貫太です)

https://www.kodomogeijutsu.go.jp/

102399364_3066209510124367_2758944273482121216_o.jpg

貫太先生考案の簡易能舞台セット(「どこでも能舞台レジスタードマーク」と名前がついています)= 長いカーペットを敷いた能舞台、横断幕屋さんでプリントした折り畳みの鏡板、暗幕の鏡の間、滑車で上げられる幕、軽い柱と欄干・・ で、ワゴン車一台で運搬できて、設営&撤収30分の、超すぐれ舞台セットです。

字幕に能「小鍛冶」の解説を映し出しながら上演しますので、小学校低学年の生徒さんでも飽きずに観劇してくれます。

令和2年度は鎌倉能舞台は関西地方の学校へ巡回させていただく予定です。秋以降は感染症の拡大が終息して、学校での公演が叶うことを心から願っています。