CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
       
みずたまてん [2019年07月23日(Tue)]

鎌倉の商店街で開催中の「みずたまてん」、鎌倉能舞台も「水玉柄の装束の展示」で参加しています!!(平日午前10時より午後4時半まで。入館料500円)

玄関の上の水玉ののれんが目印です。

DSC_8425.JPG

みずたまてん こちら https://mizutamaten.com/

DSC_8430.JPG

水玉柄の装束? ・・水玉?? という感じなのですが、能「鉢木」の前シテの装束 「浜松刺模様素袍=(武士の平服の扮装)(「鉢木」専用の装束)」になります。

鉢木.jpg

柄をよく見ると・・・ 真ん中の白丸だけでなく、丸を囲っている四角もそれぞれ丸でできているのがわかります。

DSC_8431.JPG

DSC_8429.JPG

また、肩の柄はタンポポだそうで、これも普通に生えている花ということでタンポポ柄なのだそうです。

20190708143037100_0001.jpg

痩せ馬に乗り込み「いざ!鎌倉」と駆けつけた・・という逸話で有名なこの「鉢木」、鎌倉能舞台では11月2日「能を知る会鎌倉公演」にて上演いたします。

芸術の秋、例えば北鎌倉にあります「鉢の木」さんのお食事と能「鉢木」の鑑賞という、鎌倉で鎌倉のお能と食をお楽しみいただくプランなどいかがでしょうか?

みずたまてんの展示ともども、11月のチケットも好評発売中です!

ご来場、お待ち申し上げております!!

〜「能を知る会鎌倉公演−いざ 鎌倉!」

令和元年11月2日県民のための能を知る会鎌倉公演朝の部は、零落していた中年の武士が良縁のおかげで出世をする名曲「鉢木【はちのき】」を上演致します。
前半は雪の降りしきる上野国(現群馬県)の貧しい家での精一杯の“おもてなし”の風情、後半は舞台を鎌倉に移し、鎌倉幕府の数多くの臣下が一同に集まっている風景となります。そして、雪の夜に見ず知らずの人を助けたのみならず、約束を違えず『いざ鎌倉』を成し遂げた報奨を得ることにより、一気に出世をした心に錦を持つ武士の風格こそが見どころなっております。
狂言は、土地をめぐる隣人との訴訟と夫婦仲を描いた「右近左近【おこさこ】」を上演致します。
能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

鉢木 【はちのき/Hachinoki】
 ある旅僧(ワキ)が信濃国から鎌倉に上る途中、上野国の佐野で大雪にあい、ある家に一夜の宿を求めた。その家には留守番の妻(ツレ)しかいなかったため、妻は僧に主人が帰ってくるまで家の中で待つよう言い、外で主人の帰りを待つことにした。
仕事がうまく行かず、さらには帰り道で大雪にあったこの家の主人(シテ)が家に戻ってみると、妻が外に立っている。主人は妻から理由を聞き、家の中にいる僧に宿を乞われるも、主人は宿を貸さない。僧が降りしきる雪の中へ出ていくと、主人は思い直して呼び止め、家の中に案内する。
夫婦は粟飯を出して僧をもてなし、さらには主人が大切にしている鉢木(梅・桜・松の盆栽)を火にくべて暖を取る。やがて夫婦と僧は話し込み、尽きぬ話の中で主人は、一族の者に本領を取られて零落している身ではあるが、有事の際は、痩せた馬に乗り、みすぼらしい格好でも、いの一番に鎌倉へ馳せ参じて見せる、と語る。僧が主人の名を尋ねると、佐野源左衛門常世の成れの果てであると答える。やがて夜が明けると僧は名も告げずに、名残を惜しんで立ち去る。(中入)

諸国を巡り、国状を視察した時の執権、最明寺入道北条時頼(旅僧)は鎌倉に帰ると、常世の言葉の真偽を確かめるため、諸国の軍勢を一斉に鎌倉へ招集する。常世(後シテ)はこの時ばかりと痩せ馬に鞭を打って馳せ参じる。
言葉通り、一番に馳せ参じた常世に時頼は、本領を返させ、さらには鉢木のもてなしの礼に、加賀国梅田、越中国櫻井、上野国松井田の三箇所を与える。かくして常世は喜び勇み、悠然と佐野へ帰っていくのである。

2019.11.jpg

詳しい日時:申込みはこちら https://blog.canpan.info/nohbutai/archive/678 をご参照ください。

Posted by kamakura nohbutai at 12:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
文化庁事業〜文化芸術による子供総合育成委事業〜 巡回公演事業 本公演の様子 [2019年07月17日(Wed)]

「文化芸術による子供総合育成委事業〜巡回公演事業」の本公演の様子です。

6月末の岐阜県の学校のワークショップに続き、7月上旬には本公演に伺い、518人の生徒さんに狂言「柿山伏(かきやまぶし)」と能「小鍛冶(こかじ)」を鑑賞してもらいました。

まず、体育館に着くと、カーペットで能舞台を、暗幕で鏡の間を、揚げ幕と鏡板(松羽目)をスタンドで吊るし、柱と欄干と松を置いて「簡易能舞台」(=どこでも能舞台レジスタードマーク)を作ります。

この簡易能舞台セットは、昭和40年代より学生さん向け公演を行っている時に先代中森晶三が発案し、中森貫太が試行錯誤しながら完成させた”簡易能舞台セット”です。

鎌倉能舞台の承りの公演で簡易能舞台セットを使っているのをご覧にり、これはグッドアイディアだ!と他の能楽団体も”簡易能舞台”を始められたようです。鎌倉能舞台発案が能の普及のためになったのでは・・・と、嬉しく思っています。

この簡易能舞台セットについて、鎌倉能舞台発案の簡易能舞台セットという意味を込めて、【どこでも能舞台レジスタードマーク】という名前で商標登録させていただきましたぴかぴか(新しい)

8_o.jpg

文化庁巡回公演の話しに戻ります。

本公演では、最初に5分ほど中森貫太の解説を行い、狂言「柿山伏」、能「小鍛冶」と鑑賞してもらいます。

能「小鍛冶」にはスクリーンにわかりやすい現代語訳の字幕を映し出して上演します。今、何を言っている場面か、リアルタイムでの平易な解説により、物語としての能を楽しんでいただけます。また、能の途中で、ワークショップで練習した詞章の一部を鑑賞している生徒全員と舞台の上の能楽師とで共演してもらう場面もあります。

鑑賞した後には狂言方による「狂言ワークショップ」を行います。今見た狂言の場面を練習したり、狂言の構えや笑い方など、生徒全員で体験してもらいます。

また、最後に疑問に思ったことを質問してもらう質問コーナーもあります。能狂言をより身近に感じられる1日になること間違い無しです!

(解説〜質疑応答までで100分の公演です。途中10分の休憩あり)

というわけで、本公演の様子です。

7/1 関市立洞戸小学校

0701 DSC00146.jpg

0701 CIMG3536 (2).jpg

0701 DSC00157.jpg

7/2 白川町立蘇原小学校

0702 DSC_0019.jpg

0702 DSC_0034.jpg

0702 DSC_0041.jpg

7/3 白川町立佐見小学校

0703 DSC00167.jpg

0703 IMG_4250.jpg

0703 IMG_4267.jpg

0703_o.jpg

7/4 白川町立黒川中学校

0704 DSC00174.jpg

0704 DSC_0577.jpg

0704_o.jpg

7/5 郡上市立大和南小学校

0705 DSC00183.jpg

0705_DSC03792.jpg

0705_DSC03814.jpg

0705_o.jpg


本物の能と狂言を鑑賞した経験が、生徒さんの日本の伝統文化への造詣へと繋がることを心から願っています。文化庁公演で、能楽をご指名いただけたこと、本当に嬉しく思っています。

以上、文化庁巡回公演の様子でした!



「能を知る会鎌倉公演〜能の鬼女のさまざま〜」公演のご報告 [2019年07月16日(Tue)]

海の日の7月15日の「能を知る会鎌倉公演〜能の鬼女のさまざま〜」の公演のご報告です。

定員以上にチケットをお出ししてはいないのに、「葵上」が大人気のせいか・・見所は満席となりました。椅子を出したりいろいろと準備不足で不手際がございましたこと、お詫び申し上げます。

午前の部、解説「能の鬼女のさまざま〜晴れやらぬ怒りと悲しみ〜」小林健二氏

19.07.15+能知会+(1).JPG

午前の部 狂言「節分(せつぶん)」シテ 善竹十郎師

19.07.15+能知会+(16).JPG

午前の部 能「葵上(あおいのうえ)」シテ 中森貫太

19.07.15+能知会+(63).JPG

19.07.15+能知会+(126).JPG

午後の部、解説「鬼の鬼女のさまざま〜見てはいけない秘密の部屋〜」小林健二氏

午後の部 狂言「瓜盗人(うりぬすびと)」シテ 善竹富太郎師

19.07.15+能知会(195).JPG

午後の部 能「安達原(あだちがはら)」シテ 中森健之介

19.07.15+能知会(224).JPG

19.07.15+能知会(308).JPG

般若もの、2番でした。

ご来場いただきましたお客さま、ご出演くださいました先生方、ありがとうございました!

(写真撮影:駒井壮介氏。写真の無断ダウンロード、二次使用はお断りします。)

次回は、8月24日に事前ワークショップ、能を知る会東京公演は9月14日に観世能楽堂で公演いたします。

2019年事前WS 第3回.jpg

0914_仲光_s.jpg

ご来場を心よりお待ち申し上げております!!
Posted by kamakura nohbutai at 15:53 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
文化庁事業〜文化芸術による子供総合育成委事業〜 巡回公演事業 事前ワークショップの様子 [2019年07月02日(Tue)]

今年も文化庁巡回公演を承っております。岐阜県・長野県、そして神奈川県の学校で、事前ワークショップと、本公演(狂言「柿山伏」、能「小鍛冶」)を学校体育館で生徒たちに鑑賞してもらいます。

6月末の岐阜県の学校のワークショップの様子です。5日間で518人の生徒さんに事前ワークショップを行いました。7月上旬からは本公演に伺っています!

事前ワークショップでは、スクリーンに映し出した映像を見ながら「能について」のお話しを聞き、能の楽器や当日の本公演に使う能面や能装束を見たり、実際に触ってみたりしてみます。

また、本公演の「小鍛冶(こかじ)」の中で、シテの子狐丸とワキの三條宗近が一緒に作る刀と、刀を打つ鎚を、紙で制作して、相槌(あいづち)の型を練習します。

さらに、本公演の時に地謡(じうたい)の先生方と一緒に謡う謡の一節を練習し、本公演で初めてみる能について、学びます。

そのワークショップの様子を、順不同でご覧ください!

DSC00004.jpg

DSC00011.jpg

DSC00015.jpg

DSC00026.jpg

DSC00029.jpg

DSC00036.jpg

DSC00040.jpg

DSC00044.jpg

DSC00052.jpg

DSC00063.jpg

DSC00071.jpg

DSC00080.jpg

DSC00130.jpg

DSC00097.jpg

DSC00104.jpg

DSC00142.jpg

DSC00094.jpg

DSC00143.jpg


2019年6月24日(月)関市立洞戸小学校 101人
2019年6月25日(火)白川町立蘇原小学校 130人
2019年6月25日(火)白川町立黒川中学校 55人
2019年6月27日(木)白川町立佐見小学校 52人
2019年6月28日(金)郡上市立大和南小学校 180人

以上の学校の事前ワークショップのご報告でした!
狂言教室 [2019年07月02日(Tue)]

6月末に、毎年承っております埼玉県杉戸町の小学6年生の狂言教室を行いました。

埼玉県の学校さんは神奈川県が修学旅行の行き先だそうで、今年は鎌倉と箱根を訪れるそうです。その修学旅行の行程に、毎年鎌倉能舞台での狂言鑑賞教室を取り入れていただきまして、本当にありがたいことと思っています。生徒さんたちはとてもよく事前学習をして来られて、本物の狂言方の狂言を興味深く見てくれています。

今回は狂言の実演には野口隆行師、奥津健太郎師が来てくださいました。

DSC07823.JPG

DSC07829.JPG

DSC07837.JPG

DSC07838.JPG

楽しい修学旅行の思い出の一齣として、心に残ってくれれば嬉しいです。

ありがとうございました!!
マグカル 記事 [2019年07月02日(Tue)]

「マグカルドットコム」https://magcul.net/ に過去に掲載された、鎌倉能舞台の能楽発信記事をまとめました!

(「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。 )←マグカルHPより転載

https://magcul.net/105033
2018.06.29:【特別寄稿】魅力いっぱいの能舞台へ行ってみませんか?

https://magcul.net/141956
2018.12.13:字幕解説付き公演を実施<鎌倉能舞台>

https://magcul.net/topics/128897
2019.02.27:中森貫太×野村萬斎「知って楽しい!能・狂言の世界」〜前編〜

https://magcul.net/topics/128909
2019.02.28:中森貫太×野村萬斎「知って楽しい!能・狂言の世界」〜後編〜

鎌倉能舞台の公演情報も掲載いただいています!ありがとうございます。

神奈川県内の能楽発信の場として、これからも活動をガンバリマス!

無題.jpg