CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月»
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年01月(3)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
       
公演のご報告B〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」 [2018年11月28日(Wed)]

平成30年度 巡回させていただいた学校は、下記の学校です。ありがとうございました!

『本公演』
2018/6/12 火 宮崎県延岡市立黒岩小学校
2018/6/13 水 宮崎県宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校
2018/6/14 木 宮崎県五ヶ瀬町立五ヶ瀬中学校"五ヶ瀬町民センター"

2018/6/26 火 宮崎県延岡市立土々呂中学校
2018/6/27 水 鹿児島県薩摩川内市立入来小学校
2018/6/28 木 鹿児島県鹿児島市立西伊敷小学校
2018/6/29 金 徳之島町立亀津中学校 "徳之島町文化会館"

2018/7/10 火 大分県宇佐市立高家小学校
2018/7/11 水 大分県竹田市立豊岡小学校
2018/7/12 木 大分県日出町立日出中学校
2018/7/13 金 大分県豊後大野市立緒方小学校

2018/10/ 9 火 大分県佐伯市立切畑小学校
2018/10/10 水 大分県日田市立南部中学校
2018/10/11 木 大分県大分市立東大分小学校 "平和市民公園能楽堂"

2018/11/5 月 鹿児島県南九州市立川辺中学校
2018/11/6 火 鹿児島県鹿屋市立大姶良小学校
2018/11/8 木 沖縄県那覇市立小禄小学校


page001.jpg

page002.jpg

page003.jpg

page004.jpg

page005.jpg

page006.jpg

page007.jpg

page008.jpg

page009.jpg

page010.jpg



公演のご報告A〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」 [2018年11月28日(Wed)]

本公演に先立って、能楽師3名で本公演前の事前ワークショップを行います。

本番で使う能面や装束をみたりさわったり、刀と鎚を作って振ってみたり、謡をうたってみたり、また、能の楽器を実際にさわってみたりと、能のお話だけでなく、体験型のワークショップです。
だいたい、授業時間の2駒、90分くらいのワークショップです。

0702_07.jpg

DSC00276.jpg

DSC00293.jpg

P1030764.jpg

DSC00094.JPG



公演のご報告@〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」 [2018年11月27日(Tue)]

鎌倉能舞台では平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」として、南九州・沖縄の学校17校、5300人の生徒さんに、狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」の公演を行いました。

能と狂言が一体となった「能楽」を、学校体育館で興味深く鑑賞していただくために、簡易能舞台セット=どこでも能舞台レジスタードマーク を体育館にセットします。

DSC06604.JPG

最初に、事前ワークショップで生徒さんたちと練習した謡の一節の練習や、これから鑑賞する狂言と能についておさらいをスクリーンの絵を見せながら説明します。(5分から10分)

DSC07489.JPG

次に、狂言「柿山伏」の鑑賞。(15分) 狂言は字幕を出しませんが、聴覚障害の生徒さんがいる学校などでは字幕を出して上演できます。

DSC07044.JPG

10分の休憩のあと、いよいよ能「小鍛冶(こかじ)」を鑑賞してもらいます。(40分)

事前ワークショップで、刀と鎚をつかって本物の刀鍛冶が刀をうっている動画を見て、また、刀と鎚を紙工作で作って振ってみたり、謡の一部を練習して本公演の時に生徒全員で謡う・・など、導入の説明をしている + 公演の間、わかりやすい現代語訳の字幕を出しながら上演する、と、小学校低学年でも飽きずに見て貰えるよう、工夫しています。

DSC06854.JPG

DSC06970.JPG

次に、狂言方の先生がもう一度登場、狂言でみたばかりのしぐさを一緒にやってみます。
ユーモアあふれる体験に、体育館は笑いに包まれます。

DSC07745.JPG

最後に、生徒さんたちからの質問にいくつか答えて、終了です。という、全100分の公演となります。

簡易舞台セット=どこでも能舞台レジスタードマークの設営&撤収ともに30分程度ですので、だいたい事業時間の2時限+休み時間の間の体育館の使用となります。

先生や生徒さんたちからも楽しかったと声があがり、好評をいただいております。
公演のご報告「かながわ伝統芸能ふれあい祭」 [2018年11月27日(Tue)]

11月23日、夜の部は、横須賀芸術劇場で行われた神奈川県主催の「かながわ伝統芸能ふれあい祭」に、狂言「寝音曲」と能「江野島」で参加させていただきました。

横須賀芸術劇場 

46525697_2003458569745976_7154371077873860608_n.jpg

ちゃっきりこやカナフィルの演奏、お神楽、などのあと、一旦緞帳を閉めて、簡易能舞台セットを能舞台に。鏡板は、横須賀芸術劇場の備品です。

DSC07771.JPG

狂言「寝音曲」 善竹富太郎師、善竹大二郎師

DSC07773.JPG

能「江野島」 中森貫太

DSC07780.JPG

江野島は、2、3年前の「リ・古典」というやはり神奈川県のイベントの際に、スタジオでフルメンバー(囃子、地謡、シテ・ツレ)で録った音源があり、それを使いました。

最後は出演された皆さんで歌って踊ってのフィナーレ!

DSC07795.JPG

楽しい催しでした。

神奈川県の伝統芸能に、鎌倉能舞台の能楽を呼んで頂けること、感謝しております。これからも地元 神奈川 鎌倉 で、字幕や解説など、能楽の普及のためにさまざまな工夫をしてきことをさらに深めて、高いと思われている能の敷居を低く親しみ安く思っていただけるよう、尽力していきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by kamakura nohbutai at 00:10 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
公演のご報告「能を知る会鎌倉公演−宗教劇としての能」 [2018年11月26日(Mon)]

11月23日、良く晴れた三連休の初日、鎌倉能舞台での「能を知る会」が無事に終わりました。ご来場いただきましたお客様、ご出演いただきました先生方、ありがとうございました。

「宗教劇としての能」がテーマの公演で、最初の講演は乗蓮寺のご住職 若林隆壽様がお話をしてくださいました。東京大仏として知られるお寺です。

若林 隆壽様

image102.jpeg

午前の部 狂言「魚説教」シテ 善竹十郎師

k_image1.jpeg

午後の部 能「海士」シテ 中森貫太 子方 富坂 唐くん

image001.jpeg

image005.jpeg

image006.jpeg

唐くんは、貫太先生がお稽古しているお弟子くんです。1時間10分の長丁場、しっかりかっこよく座り、難しい謡も良い声で演じてくれました。

DSCPDC_0001_BURST20181123120502903_COVER.JPG

午前の部 質疑応答 中森貫太

image103.jpeg

午後の部 狂言「呂連」シテ 善竹十郎師

k_image3.jpeg

午後の部 能「清経」シテ 中森健之介、ツレ 河井美紀師

image201.jpeg

image202.jpeg

午前の部の「海士」は、子方くんが活躍する能でしたので、現在3月の本番に向けてお稽古中の子ども能のメンバーも鑑賞してくれました。しっかりと子方を勤める唐くんの姿をみな一生懸命見てくれていました。頼もしいです!

また、唐くんの関係者の方で、お若い映画監督の方や、文筆家で歌舞伎評論家の関先生など、たくさんの方にお越しいただき、「能を知る会」を見て頂けたこと、嬉しく思います。

(写真撮影:新宮夕海氏。写真のダウンロード、二次使用等はご遠慮ください)
Posted by kamakura nohbutai at 23:12 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
かながわ伝統芸能ふれあい祭 [2018年11月16日(Fri)]

11月23日に、横須賀芸術劇場で、神奈川県主催の「かながわ伝統芸能ふれあい祭」が開催されます。

鎌倉能舞台からは、中森貫太が(県民能終わり次第、横須賀に移動します!!)「江野島」を舞います。他に、(やはり県民能終了後 超特急移動で)善竹富太郎師の「寝音曲」も上演します。鎌倉能舞台持ち時間は35分だそうで、だいたい5時半頃の出番になるようです。

入場無料のようなので、ぜひご応募くださいませ。

神奈川県HP http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/evt/e3909592.html

20181116123221480_0001.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 12:34 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
公演のご報告〜「能を知る会横浜公演−養老 薬水」 [2018年11月16日(Fri)]

11月14日、横浜能楽堂での「能を知る会」、無事に終了しました。

最初に、中森貫太の「間狂言(あいきょうげん)」の解説。

18.11.14+能知会+(1).JPG

狂言「舟ふな」  シテ 野村萬斎師

18.11.14+能知会+(24).JPG

能 「養老 薬水」 シテ 中森貫太、シテツレ 永島充師、ワキ 殿田謙吉師

18.11.14+能知会+(62).JPG

養老の「薬水」という小書(こがき)は、間狂言(あいきょうげん)の小書で、能の間に、狂言方のお芝居の入る、大変珍しい小書でした。

18.11.14+能知会+(84).JPG

18.11.14+能知会+(90).JPG

後シテ 中森貫太

18.11.14+能知会+(140).JPG

字幕e能も、観客の皆様に好評でアンケートにも能がよくわかったと感想を書いていただいております。 一部、字幕が早く出てしまい、先にネタバレになってしまったりと不手際もありますことをお詫びしつつ、「能を知ってもらう会」としては、さらにバージョンアップした字幕能をお届けできるよう、頑張っていきたいと思っております。

(写真撮影:駒井壮介氏。 写真のダウンロード、二次使用等はご遠慮ください)

次回、「能を知る会」は、11/23(金・祝)です。

午前の部が「海士(あま)」 子方の活躍する能です。 午後の部は「清経(きよつね)」

どちらもまだチケットございますので、ぜひご来場くださいませ!!

20180614144040728_0005.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 11:52 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
県立高校の生徒さん向け能楽公演のご報告 [2018年11月04日(Sun)]

11月2日は、神奈川県立大船高校の生徒さん785人が、横浜能楽堂で能楽鑑賞をしてくれました。人数が多いので、午前と午後の2回公演でした。

一度、学校に中森貫太が伺い、事前講習を行いましたが、実際の能舞台で再度、能舞台などについての解説を行いました。

18.11.02+大船高校_061.JPG

狂言「伯母が酒」 善竹富太郎師、善竹大二郎師、

18.11.02+大船高校_014.JPG

能「鍾馗(しょうき)」午前の部シテ 中森貫太

18.11.02+大船高校_037.JPG

18.11.02+大船高校_052.JPG

午後の部は、

狂言「伯母が酒」善竹富太郎師、善竹大二郎師

18.11.02+大船高校_086.JPG

能「鍾馗(しょうき)」午後の部シテ 中森健之介

18.11.02+大船高校_103.JPG

18.11.02+大船高校_128.JPG

字幕を写し出しながらの公演でしたので、生徒さんも興味深く見てくださっていました。

18.11.02+大船高校_032.JPG

字幕付き公演、承っております。学生さん向けに興味深い演目を、退屈されないよう少し短めにアレンジして行います。演目もご相談くださいませ。字幕の無い演目ですと、字幕を作る時間と費用が少しかかります。

ぜひお気軽にお問合せくださいませ!!

(写真撮影:駒井壮介氏。写真の無断ダウンロード、二次使用はご遠慮ください)
鎌倉子ども能のお稽古状況♪ [2018年11月04日(Sun)]

「鎌倉子ども能」のお稽古、いよいよ自分が演じるお役が決まり、役のお稽古が始まりました。夏休みの集中稽古で全部通して謡も型も覚えたので、お役に別れてのお稽古もバッチリです!

今日は、鎌倉市観光協会会長がお稽古を見にきてくださいました。子供たちにお菓子の差し入れも頂戴しました。ありがとうございました!

3月17日の本番は、AチームとBチームにわけて、最初にBチームのお友達の仕舞、その後Aチームのお役で能「土蜘蛛」を演じてもらい、休憩の後、Aチームのお友達の仕舞、Bチームのお役で能「土蜘蛛」、という壮大な番組になりそうです。

前シテ、頼光、供、胡蝶、後シテと、子ども達が装束をつけて演じます!これから、お装束をつけてのお稽古が始まります。ぜひたくさんのお客様に見に来ていただきたいです!!

45225067_1995258427219486_3003714287882469376_o.jpg

45231224_1995258457219483_1936604241279844352_n.jpg

45242520_1995258533886142_2316543782792724480_o.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 20:59 | 鎌倉こども能 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
かながわ伝統芸能ふれあい祭 [2018年11月04日(Sun)]

「マグカルカレンダー」に中森貫太の舞台写真を掲載いただきました。

11月23日の夕方、横須賀芸術劇場の「かながわ伝統芸能ふれあい祭」で、狂言「寝音曲」(シテ 善竹富太郎師)、能「江野島」(後シテ 中森貫太) を上演します。入場は無料のようです。

貫太先生と富太郎先生は、鎌倉能舞台の県民能から移動します。能「江野島」は、スタジオで録音した音源を使うため、囃子方は出演しません。どんな舞台になるか、楽しみです!

公式HP http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/evt/e3909592.html

20181102130847221_0001.jpg

20181102130847221_0002.jpg



Posted by kamakura nohbutai at 20:52 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)