CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2021年12月(1)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
       
[ 「能を知る会横浜公演-融」公演のご報告 [2020年11月30日(Mon)]

11月26日、横浜能楽堂にて「能を知る会横浜公演」を開催しました。

今回は座席数の制限は設けなかったのですが、ご入場者はちょうど定員の半数の240名でした。コロナ以前もいつも満席ではなかった能の公演が、コロナ以降どのように公演を継続していけるか、知恵を絞って伝統文化の継続により尽力していかねばと、改めて思いました。

この公演は読売新聞社さんのクラウドファンディングでご支援いただいた最終公演でした。コロナ禍の中、東京(観世能楽堂)、鎌倉(鎌倉能舞台)、横浜(横浜能楽堂)と4公演無事に開催できたこと、本当に感謝しております。関係者の皆様、ご支援いただいたお客様、本当にありがとうございました。

公演の様子をアップします。

冒頭に中森貫太のご挨拶

20.11.26 能知会 (13).JPG

葛西聖司氏の講演

20.11.26 能知会 (16) - コピー.JPG

狂言「薩摩守(さつまのかみ)謡入」シテ 野村萬斎師

20.11.26 能知会 (33).JPG

能「融(とおる)酌之舞」シテ 中森貫太

20.11.26 能知会 (86).JPG

20.11.26 能知会 (149).JPG

スクリーンに、現代語の解説(日本語と英語)の字幕を映し出して上演しますので、物語としての能をお楽しみいただけます。

20.11.26 能知会 (50).JPG

(写真撮影:駒井壮介氏 写真の無断ダウンロード、二次使用はご遠慮ください)

感染症予防対策として公演時間を短くするため、仕舞や質疑応答などは省かせていただきました。また、「融」は、「酌之舞(しゃくのまい)」という小書(こがき=特殊演出)がつくと、短くなるそうで、お客様が能楽堂にいらっしゃる時間を短くするという意味で、感染症予防対策の演目となりました。

「薩摩守(さつまのかみ)」は、薩摩守忠度(ただのり)の名前を出すところを忘れて「あおのり」と言ってしまう・・のがオチでした。不正乗車(無賃乗車=キセル)の事をかつては「薩摩守(さつまのかみ)」と呼んでいた・・ということはもう多くの方はご存じないことでしょう。

この公演はJ-LODlive補助事業として、1か月後に公演のダイジェスト版をユーチューブにアップします。お越しいただけなかったお客様も楽しみにお待ちくださいませ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
~読売新聞社クラウドファンディング ご挨拶~

>>こちら<<

7月のプロジェクト開始以来、多くのご支援を頂戴しました「コロナ禍から伝統芸能を守る〜能楽師・中森貫太プロジェクト〜」ですが、11月26日午後、掉尾を飾る公演として「能を知る会 横浜公演」を横浜能楽堂で行いました。紅葉真っ盛りの山上にある能楽堂で、多くのお客様に野村萬斎師の狂言「薩摩守」、中森貫太の能「融」を楽しみいただけたこと、嬉しく思います。

 公演の冒頭、中森があいさつし、「クラウドファンディングの(支援をもとにした)公演は最後ですが、鎌倉能舞台として活動していく舞台公演は続いていきますので、今後も応援していただければと思います」と話しました。

 最後に改めてではありますが、これまで多くのご支援をお寄せいただいたすべての皆様に心から御礼申し上げますとともに、今後とも鎌倉能舞台への応援をよろしくお願い致します。
Posted by kamakura nohbutai at 23:41 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度 文化庁巡回公演 学校募集開始のお知らせ! [2020年11月30日(Mon)]

令和3年度文化庁「文化芸術による子供育成総合事業−巡回事業」 実施校募集が始まりました!


○鎌倉能舞台の行っております「巡回公演」の様子は、こちらのブログよりご覧いただけます 
https://blog.canpan.info/nohbutai/category_7/1

○また、巡回公演の様子を撮影した動画が、「巡回公演HP」にアップされています。
https://www.kodomogeijutsu.go.jp/video/ 
鎌倉能舞台動画 こちら https://www.kodomogeijutsu.go.jp/video/traditional/f67.html

○鎌倉能舞台の令和3年度に伺う地域は、
神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 横浜市・川崎市・相模原市・静岡市・浜松市・名古屋市、となります。

学校体育館にて生徒さんに能狂言を鑑賞いただく事業です。簡易能舞台設営のお手間も、公演に関する学校の負担金もございません。

鑑賞する生徒さんは小学校1年生から中学生までOKです。

○募集案内は、
https://www.kodomogeijutsu.go.jp/application/index.html
より、ダウンロードしてください。

鎌倉能舞台の公演の詳しい内容は、
「D 神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 横浜市 川崎市 相模原市  静岡市 浜松市 名古屋市  A区分・B区分団体 ダウンロードPDF」https://www.kodomogeijutsu.go.jp/junkai/dl/school/r03/abblock_d.pdf
から、ご覧いただけます。

応募締切(県でとりまとめての「巡回公演事務局」必着日)が1月15日(金)となります。

ぜひ「自校の生徒に日本の伝統文化 能楽を体験させたい」という学校さんのご応募、お待ちしております!!

全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい。それが私たちの願いです!

鎌倉能舞台_チラシ[小鍛冶]-1.jpg

鎌倉能舞台_チラシ[小鍛冶]-2.jpg

令和3年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業」−巡回事業」実施校募集のお知らせ.jpg

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

■具体的にどんな事業?
学校体育館に能舞台を再現し、プロの能楽師による、生徒向けにアレンジした、狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」を鑑賞、体験もします。字幕も出るので大人も子供も楽しく鑑賞できます。

■学校の負担は?
公演料、能楽出演者の交通費等、学校の負担金はありません。
能舞台の設置・搬出も能楽団体が行い、体育館を使う時間は公演時間を含めて午前か午後の半日のみでOKです。

■学生向け能楽公演実績
公益財団法人鎌倉能舞台では学生のための「能楽(能と狂言)」公演を48年来開催、文化庁巡回公演事業は平成20年度より受託し、年間5千人以上の生徒児童が「能楽」を鑑賞・体験しています。

ろう学校、視覚支援学校での実績もございます。

■事業の概要
〇公演開催地域: Dブロック 神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
横浜市 川崎市 相模原市 静岡市 浜松市 名古屋市
〇公演実施可能期間:本公演 令和3年6月1日〜令和4年1月31日
〇公演内容(詳しくは別紙チラシを参照してください)
「事前ワークショップ(90分)」と「本公演(100分))を別日に行います。
「事前ワークショップ(90分)」※本公演に先立ち「能の話、謡体験、能面と能の楽器体験、能の小道具の作成」を行います。(授業時間2時間内)(能楽師3名で伺います。)
「本公演(100分)」※狂言「柿山伏(かきやまぶし)」(15分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)の鑑賞と、狂言の体験ワークショップ(20分)、質疑応答(20分)を行います。
能鑑賞の際には、プロジェクターに映し出された字幕を見ながら鑑賞する、事前ワークショップで練習した謡の一部分を生徒全員で謡うなど、生徒参加型の、わかりやすい公演を行います。
〇舞台設営にかかる時間
 本公演の舞台設営は簡易舞台セットを持参し能楽師が行います。設営・撤収にかかる時間は約30分ですので、公演時間を含めて、体育館は午前のみ、または午後のみの使用で大丈夫です。
〇対象:小・中学生とその保護者、教職員(小学1年生から参加可能です)
〇学校の費用負担
この事業にかかる費用(出演料、交通宿泊費等)で学校が負担する費用はございません。

〇提出期限:令和3年1月15日(金)【必着】
上記の提出期限とは、都道府県等が域内の申請を取りまとめて「巡回公演事務局」へ提出する期限です。学校から都道府県等へ提出する期限は、お早めに教育委員会に問い合わせてください。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鎌倉能舞台
担当:中森 貫太(能楽師観世流シテ方)
〒248-0016神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
TEL・Fax:0467-22-5557
Email:webmaster@nohbutai.com
HP:http://www.nohbutai.com/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*