CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2021年12月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
       
鎌倉市内私立学校さま 学生能 [2020年11月08日(Sun)]

毎年、鎌倉能舞台で能鑑賞教室を実施してくださっている北鎌倉市内私立高校さまの鑑賞教室を、今年はコロナ対応のため学校に伺ってさせていただきました。

狂言鑑賞教室で学校に伺った時分はステージの上で演じましたが、今回は「どこでも能舞台」簡易能舞台セットを床に設置して、狂言「柿山伏」と能「経正」をご鑑賞いただきました。

DSC00848.jpg

DSC00851.jpg

学校公演時もプロジェクターとスクリーンを設置して、能は字幕(日英の現代語訳の解説)を映し出しながら上演します。より理解していただけると思っています。

DSC00852.jpg

DSC00853.jpg

こちらの学校さまでは狂言の体験も行いました。マスクをつけて距離も取って、体験をしました。

DSC00854.jpg

このような状況の中、途切れること無く能楽鑑賞教室を開催いただいたこと、感謝申し上げます。来年はまた鎌倉能舞台へご来場いただける世の中に戻りますように。

ありがとうございました。
Posted by kamakura nohbutai at 23:28 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会鎌倉公演−鶴亀」の公演のご報告 [2020年11月08日(Sun)]

11月3日は「能を知る会鎌倉公演」を当初の予定(午前:「鶴亀」、午後:「楊貴妃」の2回公演)を1回公演に変更させていただき、無事に開催しました。

1回にした理由としては、連休の鎌倉がどのくらい混むのか予想がつかないため、ご来場になるお客様や出演者が鎌倉市内の混雑(=密)を避けるためも考えて、1回としました。

最初に解説 中森貫太

20.11.03 閭ス遏・莨・(7).JPG

狂言「栗焼」シテ 善竹十郎師

20.11.03 閭ス遏・莨・(27).JPG

能「鶴亀」シテ 中森貫太 

20.11.03 閭ス遏・莨・(45).JPG

鶴と亀は、鎌倉こども能を2期参加してくれて、去年の「能を知る会東京公演」観世能楽堂で能「仲光」の子方もしてくれた鎌倉市内小学校6年生のお子さんです。

20.11.03 閭ス遏・莨・(73).JPG

大人のシテツレが演じる場合は能面をかけますが(チラシ画像参照)、子方がやる場合は能面をかけません。


20.11.03 閭ス遏・莨・(89).JPG

20.11.03 閭ス遏・莨・(92).JPG

能の上演中は会場のモニターに、現代語(日本語と英語)の解説を写しだします。場面の解説、囃子や舞の説明などをご覧いただきながら、物語としての能をお楽しみいただけます。

20.11.03 閭ス遏・莨・(64).JPG

[写真撮影:駒井壮介氏 写真の無断使用、二次使用はご遠慮ください]

冠に「鶴」と「亀」を載せます。

無.png

無題.png

客席は80%の定員とさせていただき、会場もドアをあけて網戸にして換気に努めました。開場時の検温や手指の消毒など、ご協力いただきましてありがとうございました。

無事に開催できたこと、感謝しております。ありがとうございます。
Posted by kamakura nohbutai at 22:23 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)