CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年12月(1)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
       
令和2年度主催公演のご案内〜7月11日「能を知る会鎌倉公演」 [2020年03月18日(Wed)]

「能を知る会 鎌倉公演 −源氏物語と能−」
2020年7月11日(土)朝の部10:00/昼の部14:00

令和2年7月11日土曜日「能を知る会鎌倉公演」朝の部は、源氏物語を題材とした名曲「野宮【ののみや】」を上演いたします。光源氏に恋い焦がれる六条御息所の霊による、たおやかな舞や身を焦がす執心が見どころとなっています。
狂言は男性の恋慕や郷愁の曲とも言える「鬼瓦【おにがわら】」を上演いたします。

昼の部は、源氏物語を題材とした少女の恋心を描いた名曲「玉葛【たまかずら】」を上演いたします。
奈良の初瀬寺(長谷寺)の二本の杉を舞台に、源氏物語の「玉鬘」から「真木柱」までの玉鬘十帖の登場人物『玉鬘』を主人公とした能です。何に対しての妄執があり、何を救ってほしいのかが理解しにくい曲となっております。「恋愛に憧れる少女」をどう描くかが見どころの一つかもしれません。
狂言は連歌と夫婦仲の名曲「箕被【みかずき】」を上演いたします。

最初に国文学研究資料館教授の小林健二氏による講演がございます。

能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

◆日時2020年7月11日(土) 
◆会場:鎌倉能舞台
◆入場料:5,800円
◆演目:
10時始め
・講演「源氏物語と能〜黒髪の乱るるごとき妄執〜」小林 健二
・狂言「鬼瓦(おにがわら)」大藏 吉次郎
・能「野宮(ののみや)」中森 貫太
14時始め
・講演「源氏物語と能〜輪廻する御息所の思い〜」小林 健二
・狂言「箕被(みかずき)」大藏 吉次郎
・能「玉葛(たまかづら)」鈴木 啓吾

野宮【ののみや/Nonomiya】
 諸国行脚の僧(ワキ)は上洛し、名所旧跡を廻っていた。頃は秋、僧が嵯峨野の野宮を訪ねると、黒木の鳥居、小柴垣など昔の装いを残す森の木陰から、ひとりの美しい女(前シテ)が現れる。僧が話しかけると女は、今日長月七日は私が毎年密かに神事を執り行う日になので、早くお帰りなさいと言う。僧がそのいわれを尋ねると、昔、光源氏が榊の枝を持ち、野宮にいた六条御息所を尋ねたのが丁度今日だと教え、さらに御息所について物語る。そして女は、私こそが御息所だと告げ、鳥居の二柱に姿を隠す。(中入)夜通し僧が弔っていると、六条御息所の霊(後シテ)が車に乗って現れる。御息所は賀茂祭の際、葵上との間で起きた車争いにおいて辱められた事を語り、その妄執を晴らして欲しいと僧に頼む。やがて御息所は昔を偲び、あたりの風景を懐かしみながら月下に舞を舞う。程なく、御息所は再び車に乗り、去ってゆくのであった。

玉葛【たまかずら/Tamakazura】
 諸国行脚の僧(ワキ)は、奈良の寺社を拝み尽くしたため、さらに初瀬寺へ詣でることにした。初瀬川のほとりまで僧がやって来ると、浅くとも急流である初瀬川に小舟を浮かべて棹さして上ってくる女(前シテ)がいる。あまりの怪しさに僧が素性を尋ねると、女は初瀬寺への参詣人だと応えたため、ふたりは連れ立ち御堂に参る。その後、二本の杉までやって来ると、僧はこの場所に縁のある古歌について女に尋ねる。すると女は、光源氏、玉鬘内侍、玉葛の母夕顔の侍女右近の物語を語る。そして、自分こそが玉葛だとほのめかし姿を消す。(中入)僧が玉葛を弔っていると、夢中に玉葛の亡霊(後シテ)が現れる。玉葛は数々の和歌を詠じ、恋慕の妄執に苦しむ身を嘆き、懺悔をする。やがて玉葛の霊は妄執を晴らして成仏し、僧は夢から覚める。

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/index.htm#kamakura-02

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス 
午前の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3258430001-P0030001
午後の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3258450001-P0030001

2020_0711_1.jpg

2020_0711_2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 15:29 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和2年度主催公演のご案内〜6月21日「能を知る会東京公演」 [2020年03月18日(Wed)]

「能を知る会東京公演−日本書紀編纂1300年〜戦う能・争う狂言〜」

令和2年6月21日、能を知る会東京公演は妖怪・土蜘蛛退治を描く人気曲・能「土蜘蛛(つちぐも)」を上演いたします。
全編に渡り登場人物、大掛かりな道具立てが多く用いられるだけでなく、“巣”と呼ばれる土蜘蛛専用の蜘蛛の糸を用いる能とは思えない派手な演出の曲です。
日本・海外、老若問わず、初めての方でもお楽しみ頂けます。
狂言は蚊が相撲を取るという変わった設定の「蚊相撲(かずもう)」を上演いたします。シテは野村萬斎氏のご子息・野村裕基氏に演じていただきます。
最初に行います解説・講演はフリーアナウンサー葛西聖司氏による、今年編纂1300年を迎えます日本書紀を交えたお話をして頂く予定となっております。
能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

◆日時 2020年6月21日(日)14:00
◆会場 国立能楽堂(JR千駄ヶ谷駅下車徒歩5分)
◆入場料 正面自由席8,300円/脇中自由席6,300円
◆演目
・講演「日本書紀編纂1300年〜戦う能 争う狂言〜」葛西 聖司
・狂言「蚊相撲(かずもう)」野村 裕基
・能「土蜘蛛(つちぐも)」中森 健之介
・質疑応答 中森 貫太

能「土蜘蛛(つちぐも/Tsuchigumo)」
猛将・源頼光(ツレ)は、近頃体調に優れず病床に伏していた。その話を聞いた典薬守は胡蝶(ツレ)という女性を頼光のもとへ遣わす。頼光の侍従(トモ)に取り次いでもらった胡蝶は頼光と対面し、弱気に成る頼光を励ます。そしてその夜、頼光が寝所にて眠っていると怪しげな僧(前シテ)がどこからともなく現れ頼光に蜘蛛の糸を投げかけ亡き者にしようとする。しかし武勇に優れた頼光は、枕元にあった名刀・膝丸にて蜘蛛を斬り伏せ撃退する。程なくして騒ぎを聞きつけた独武者(ワキ)がやってくると、力を取り戻した頼光から事の次第を伝えられ、土蜘蛛退治を命じられる。
[中入]独武者一行は葛城山の土蜘蛛のすみかまで赴き、取り囲んで塚を崩す。すると中から妖怪・土蜘蛛(後シテ)が現れ、蜘蛛の糸を吐きかけてき、戦いとなる。しかしやがて、最後には武者たちの武力が勝り、土蜘蛛の首を斬り落とし都へ凱旋するのであった。

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/tokyo.htm#tokyo-01

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス https://eplus.jp/sf/detail/3234660001-P0030001

2020.6_1.jpg

2020.6_2.jpg

Posted by kamakura nohbutai at 15:26 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和2年度主催公演のお知らせ〜5月3日「能を知る会鎌倉公演」 [2020年03月18日(Wed)]

令和2年度主催公演のご案内です。

「能を知る会 鎌倉公演 −源氏ゆかりの女性の能−」
2020年5月3日(日・祝)朝の部10:00/昼の部14:00

令和2年5月3日の「能を知る会鎌倉公演」は、”源氏ゆかりの女性の能”がテーマに「船辨慶」「千手」を上演します。

午前の部「船辨慶(ふなべんけい)」は義経と弁慶の活躍を描く名曲です。前半は源頼朝と不和となり、西国(四国)へ逃げ落ちる源義経と静御前との別れ、後半は四国へ向かう船中にて遭遇する平知盛をはじめとした平家の亡霊達との戦いを描きます。
前半の主役は女性である静御前の舞、後半の主役は亡霊となった武将「平知盛」と義経の戦いが見どころとなります。また、本曲の義経は子役であります「子方」が演じます。
狂言は和歌と男女の出会いを描いた「伊文字(いもじ)」を上演いたします。

午後の部は、一の谷の合戦にて召し捕らえられ、鎌倉にて留め置かれていた平家の公達・平重衡と、恋仲にあった千手前との男女の恋仲とその別れを描いた名曲「千手」を上演いたします。

鎌倉にて留められていた平重衡とその世話役の千手前による琴と琵琶の演奏、重衡の行ったことの追憶、恋仲となった二人に訪れる別れと、男女の仲を描いた名曲です。

狂言は“金”と“鐘”を聞き間違えた太郎冠者の面白おかしい行動を描いた千手と同じ鎌倉を舞台とした狂言「鐘の音」を上演致します。

能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。


◆日時2020年5月3日(日・祝)
◆会場:鎌倉能舞台
◆入場料 5,800円
◆演目:
10時始め
解説「源氏ゆかりの女性の能」中森貫太
狂言「伊文字(いもじ)」内藤連
能「船辨慶(ふなべんけい)」中森貫太
14時始め
解説「源氏ゆかりの女性の能」中森貫太
狂言「鐘の音(かねのね)」飯田豪
能「千手(せんじゅ)郢曲之舞」遠藤喜久

−あらすじ−
能「船辨慶(ふなべんけい/Funabenkei)」
 兄源頼朝との不仲が極に達した為、源義経(子方)は武蔵坊弁慶(ワキ)や従者(ワキツレ)を伴い、都から西へ向かっていた。その途中、摂津国大物浦に着いた頃、弁慶は静御前(前シテ)が義経に付き従い同行する事は好ましくないと進言する。義経が同意すると、弁慶は静の宿に行き、都へ帰るよう勧める。すると静は、この申し出が弁慶の一存と疑い、義経に会いに行く。しかし義経からも都へ帰るよう促されると、静は嘆き悲しみながらも義経の門出を承知する。そして別離の酒宴が催され、静は涙ながらに舞を舞い、一行に別れを告げる。(中入)静と別れた後、義経一行は大物浦を出帆した。海に出て暫く経つと、にわかに暴風が吹き始め、船は波に激しく揉まれる。やがて海上に、滅びた平家の一門が浮かび上がる。中でも平知盛の亡霊(後シテ)は、義経に近づき海中に沈めようと薙刀を振るい斬りかかる。義経が刀を抜いて応戦し、弁慶は数珠を揉み、怨霊退散を一心に祈る。程なくし、知盛は弱り果てて引潮と共に消え失せる。

能「千手(せんじゅ/Senju)」
 一の谷の合戦で生け捕られた平重衡(ツレ)は鎌倉に送られ、狩野介宗茂(ワキ)に身柄を預かられていた。源頼朝は重衡を憐れみ、手越の長の娘、千手ノ前(シテ)を遣わして慰めた。ある日、宗茂が雨の徒然をまぎらわせようと酒の用意をしていると、千手が琵琶と琴を携えて訪れる。重衡は己が身の上を悲しみ会おうとしないが、重衡を想う千手は、頼朝よりの命令であると言い、内へ入る。重衡は、出家の望みが許されなかった事を千手から告げられ、自身が行った南都焼き討ちの報いだと嘆く。重衡を慰めようと千手は酌をし、朗詠を吟じて舞を舞う。いつしか興に乗った重衡も琵琶を弾き、千手も琴を合わせて心を通わす。東の空が明るくなり始めて酒宴も終わりとなり、程無くして重衡は勅命により再び都に送られる事になる。重衡は悲しみに打ちひしがれ、千手も涙を流して見送るのであった。


→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/index.htm#kamakura-01

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス  
午前の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3234430001-P0030001 
午後の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3234650001-P0030001

2020.5_1.jpg

2020_5_2.jpg


Posted by kamakura nohbutai at 15:22 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ