CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年09月 | Main | 2016年11月»
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年02月(9)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
       
新春の「能を知る会」のお知らせ [2016年10月30日(Sun)]

※新春の「能を知る会鎌倉公演」は、午前の部は、上演度数No.1と言われる「羽衣」を、午後の部は結婚式などで謡われる人気曲「高砂」を上演します。最初の解説ではその一節を練習していただき「皆様もご一緒に謡ってみましょう」というコーナーも予定しています!
曲の詳しい解説や終演後の質問コーナー、面白い狂言もあり、初めて古典芸能に挑戦する人にもお楽しみ頂ける公演です。新春の鎌倉へ、ぜひお越し下さいませ!

1月28日鎌倉公演fix-1.jpg

◆日時 2017年1月28日(土)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
午前の部: 
・解説「能の定番曲−羽衣と高砂−」皆様もご一緒に謡ってみましょう! 中森 貫太
・狂言「昆布売(こぶうり)」山本 則重 他
・能 「羽衣(はごろも)和合之舞」中森 貫太 他 
・質疑応答 中森 貫太
午後の部: 
・解説「能の定番曲−羽衣と高砂−」皆様もご一緒に謡ってみましょう! 中森 貫太
・狂言「二千石(じせんせき)」山本泰太郎 他
・能 「高砂(たかさご)」中森健之介 他 
・質疑応答 中森 貫太

◆あらすじ
「羽衣」
雨上がりの三保の松原で、漁師伯龍は 美しい衣を見つけ取って帰ろうとする。天女が現れて返して欲しいと哀願するが、伯龍は国の宝にしようと持って逃げる。
天女の嘆きを憐れんだ伯龍は、伝え聞く天人の舞楽を見せることを条件に衣を返す。喜ぶ天女は優雅に舞いつつ昇天してゆく。世界中にある白鳥処女伝説の中で最も清純簡潔な形として知られます。
「高砂」
肥後国阿蘇宮の神主友成は、高砂の松の根方を清める老人夫婦と言葉をかわし、松の目出度いいわれを聞く。二人は高砂住之江の相生の松の精と明かし、住吉で待つと言い置いて、小舟に乗って去る。後を追った一行は、住吉明神が巫に乗り移って御代万歳を寿いで、さっそうと舞う奇瑞を見る。

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/#kamakura-06

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス(午前の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206144P0030001
午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206145P0030001
Posted by kamakura nohbutai at 10:40 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
小田原善福寺報恩講奉能 [2016年10月30日(Sun)]

10月29日は、小田原の善福寺の報恩講で、お能を奉能させていただきました。善福寺HP http://www.zempukuji.or.jp/

DSC02550.JPG

今年は能「花月」を上演しました。少年「花月」が、桜を踏み散らす鶯を懲らしめるため、弓を射ようとしますが、仏教の殺生戒に従い思いとどまる・・・「射ばやと思へども仏の戒め給ふ殺生戒をば破るまじ」という場面があり、また、鞨鼓の舞もある、華やかな能です。

仕舞 中森健之介

DSC02561.JPG


本堂が舞台&見所となります。お囃子方は本堂の中に座っていただきました。

DSC02569.JPG

能「花月」シテ 中森貫太

DSC02577.JPG

DSC02588.JPG

毎年、報恩講で能をさせていただいております。来年は、2017年11月4日(土)の予定です。来年もしかと勤めさせて頂きます。お声かけいただきましてありがとうございます。
Posted by kamakura nohbutai at 00:50 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)