CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年09月 | Main | 2016年11月»
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年02月(10)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
       
「能を知る会−仇敵探索の旅−」茶壺、望月 公演のご報告 [2016年10月17日(Mon)]

10月16日国立能楽堂にての「能を知る会 東京公演」のご報告です。たくさんのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

演目:

講演:「仇敵探索の旅 そのエネルギー」葛西聖司氏


茶壺の解説、また、「望月」の敵討ちの達成が、残された笠を刺すことで表すという、能らしい演出についてもお話くださりました。

16.10.16 能知会_001.JPG
 

狂言:「茶壺(ちゃつぼ)」野村萬斎師、竹山悠樹師、内藤 連師

16.10.16 能知会_009.JPG

16.10.16 能知会_017.JPG


能 :「望月(もちづき)」 
    シテ 中森貫太、ツレ:鈴木啓吾師、子方:片倉 翼くん、
    ワキ 殿田謙吉師、アイ 野村萬斎師、
    笛 寺井宏明師、大鼓 白坂信行師、小鼓 大倉源次郎師、太鼓 観世元伯師


重要な役割の子方を演じるのは、幼稚園の頃から子方をしてくれてきた翼くん。もう6年生となり、多分最後となる子方を、堂々と演じてくれました。

16.10.16 能知会_023.JPG

16.10.16 能知会_045.JPG

16.10.16 能知会_052.JPG

16.10.16 能知会_080.JPG

16.10.16 能知会_099.JPG

16.10.16 能知会_103.JPG


終演後、国立能楽堂の上にぽっかりと現れた満月がとても美しく。奇しくも神無月の満月の日に「茶壺」と「望月」が演じられるという、何とも風流な公演となりました満月

(写真撮影:駒井壮介氏)
Posted by kamakura nohbutai at 23:28 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)