CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年04月 | Main | 2015年06月»
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
       
6月12日「能を知る会鎌倉公演−源氏物語と能」装束と面♪ その3 [2015年05月30日(Sat)]

6月12日の「能を知る会鎌倉公演」の装束・面・扇の話しの続きです。

2時からの午後の部「葵上(あおいのうえ)」(シテ 坂口貴信師)の後シテに使う、「金鱗箔(きんうろこはく)」と「白般若(しろはんにゃ)」、「赤地打杖(あかじうちづえ)」です。

般若は「中成(ちゅうなり)」とも言われ、嫉妬に狂った女性が大蛇となって相手をとり殺す(真蛇と言う面があります)途中の顔です。この面は高津紘一氏の作によります。

赤、黒、白の三色があり、赤は最も怒りの強い「道成寺(どうじょうじ)」に、黒は田舎の鬼婆である「安達原(あだちがはら)」に、そして最も美人で色白の鬼(笑)の六条御息所の生霊をシテとする「葵上」に白般若を使います。

そして蛇の象徴として鱗の柄の箔や鬘帯、腰帯を身に付けます。

打杖は扇より強さが表現できるので般若を使う役や龍神・鬼神等に使われます。

0612_03.jpg

「源氏物語と能」のテーマで午前の部「野宮(ののみや)」、午後の部「葵上(あおいのうえ)」の賀茂祭を題材とした二番を上演いたします。空席ございますので、ぜひご来場くださいませ!!
Posted by kamakura nohbutai at 16:44 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)