CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年12月 | Main | 2015年02月»
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年02月(9)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
       
府中の森芸術劇場「新春 能・狂言」公演のご報告 [2015年01月19日(Mon)]

1月17日に、府中の森芸術劇場のふるさとホールにて、「新春 能・狂言」の公演を行いました。午前、午後ともお客様は満席になられたとのこと、大変嬉しく思います。

解説は「天狗の話」 リンボウ先生こと、林望先生。

15.01.17 府中_059.JPG

狂言「鈍太郎」 朝の部 シテ 野村萬斎師、アド 深田博治師、高野和憲師

15.01.17 府中_070.JPG

能「大会(だいえ)」 朝の部 シテ 観世喜正師、後ツレ 帝釈天 鈴木啓吾師

15.01.17 府中_082.JPG

15.01.17 府中_097.JPG

15.01.17 府中_116.JPG

質疑応答は中森貫太がお答えしました。15.01.17 府中_129.JPG

休憩を挟みまして、午後の部。

狂言「鈍太郎」 午後の部 シテ 野村万作師、アド 深田博治師、高野和憲師

15.01.17 府中_137.JPG

能「大会」 午後の部 シテ 中森貫太、後ツレ 帝釈天 中森健之介

15.01.17 府中_151.JPG

15.01.17 府中_186.JPG

15.01.17 府中_192.JPG

15.01.17 府中_197.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

能「大会」は、面と装束と2組着込んで、舞台の上で早変わりする稀曲(ききょく)ですが、鎌倉能舞台では貫太先生がお好きなせいか、割りによく出ています。

狂言、能とも華やかな演目で、府中の方々にもお喜びいただけたならば光栄に存じます。

今後ともわかりやすい、お楽しみいただける公演を心がけて参りますので、なにとぞよろしくお願いいたします!!



Posted by kamakura nohbutai at 16:27 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)