CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年10月 | Main | 2012年12月»
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2021年12月(1)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
       
あなたが主役 50ボイス  NHK [2012年11月08日(Thu)]

『あなたが主役 50ボイス』
11月8日(木)午後10時55分〜11時25分

http://www.nhk.or.jp/program/50voice/

あなたが主役 50ボイス「武士の都・鎌倉ボイス」
50人の生の声を通して、現代ニッポン人の本音に迫る視聴者参加型インタビュー番組。大河ドラマ「平清盛」は、舞台をいよいよ源頼朝の本拠地・鎌倉へと移す…ということで鎌倉に光を当てる。史跡、神社仏閣など歴史的建造物はもとより、禅宗文化、伝統工芸や食など独自の文化を生み出してきた。さらに海と歴史の両方が楽しめる観光スポットとしても人気。人々の営みも感じながら武士の都に息づく人々の素顔に迫る。


↑ という番組の取材を、10月の県民能の時に受けました。本日放映日です!! 中森貫太と鎌倉能舞台は50人ボイスに入ったのか没になったのか?! とりあえず録画予約しました〜♪
Posted by kamakura nohbutai at 17:18 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
音楽研修 [2012年11月08日(Thu)]

昨日は今年度2回目の「伝統音楽促進事業」(文化庁)の研修を行いました。鎌倉市内中学校の音楽の先生と能の囃子方の先生が鎌倉能舞台に集まってくださり、「音楽の授業で能の音楽についてどのように生徒たちに教えていくのか」という壮大な?テーマについて考えました。

IMG_3721.JPG

中学校の音楽の授業に能「羽衣」が取り上げられている教科書があるのですが(残念ながら鎌倉市の中学校の教科書には載っていないそうですあせあせ(飛び散る汗))、しかしながら能について触れられる時間が1年間の授業の中で50分、それも行事によっては音楽の授業がつぶれてしまうと無くなってしまうかも・・・という状況らしいです。そんな中で、新しい世代に「能楽」の音楽についてどう伝えていくのか・・・ 難しく、大きな課題です。

能の音楽について・・というより、「能楽」についての授業の理想としては、生徒さんたちに実際に能管や鼓や太鼓や謡を一学期かけて選択制で習ってもらい、実際に能の公演も見て貰い、学期の終わりに生徒たち自身による囃子と謡の発表会のようなものをする・・・くらいの時間を取っていただけるのが理想ですが。。。

”武士の古都”鎌倉の生徒たちは全員能ができる!なんて、田楽の里のようなことになってくれないかなー。『文化遺産(・・を目指している)古都鎌倉では、”無形文化遺産”能楽を子ども達自身で上演しています』とニュースになるような街になってくれればなーと、夢見ています。(夢でいいのか?!) 
Posted by kamakura nohbutai at 08:18 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ