CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«3月10日「能を知る会横浜公演−能と日本刀」開催します! | Main | 「能を知る会 鎌倉公演 −比叡山の能−」»
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2021年12月(1)
2021年06月(2)
2021年05月(7)
2021年04月(1)
2021年03月(4)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
       
「能を知る会横浜公演−小鍛冶 白頭」公演のご報告 [2021年03月11日(Thu)]

3月10日「能を知る会横浜公演」は無事に公演を開催いたしました。

午前の部に、藤沢の私立高校2年生さん向け鑑賞教室で能「小鍛冶」(普通の、赤頭)があり、午後の部は小書の能「小鍛冶 白頭」を上演しました。

狐の毛は 黒→赤→白と年とともに変化する、という考え方より、前シテが童子・後シテが赤頭の「小鍛冶」に対して、白頭の小書がつくと、前シテが尉・後シテが頭の白い狐に変わります。

今回は午前の部を中森健之介が、午後の部を中森貫太がシテを勤め、若い赤頭の狐、老練な白頭の狐と、同じお囃子方・地謡で、2番の「小鍛冶」にお付き合いいただきました。まことにありがとうございました。

午前の部の学生能は客席を市松に空けて50%の鑑賞人数で、午後の部は40%程度のお客さま数でした。

午後の部の公演のご報告です。

まず始めに、中森貫太より、「白頭」の小書がつくとどのように変化するか・・の説明がありました。

21.03.10 閭ス遏・莨・(3).JPG

講演 日本刀と能 本阿彌光蓮氏

21.03.10 閭ス遏・莨・(9).JPG

仕舞「屋島」 観世喜之師

21.03.10 閭ス遏・莨・(13).JPG

仕舞「鞍馬天狗」 観世喜正師

21.03.10 閭ス遏・莨・(22).JPG

狂言「二人大名」 野村 裕基師、石田淡朗師、深田博治師 

21.03.10 閭ス遏・莨・(38).JPG

21.03.10 閭ス遏・莨・(61).JPG

能「小鍛冶 白頭」 中森貫太

21.03.10 閭ス遏・莨・(82).JPG

21.03.10 閭ス遏・莨・(118).JPG

21.03.10 閭ス遏・莨・(130).JPG

能には、わかりやすい現代語訳(日本語と英語)の字幕解説を映し出して上演します。物語としての能をお楽しみいただけます。

21.03.10 閭ス遏・莨・(73).JPG


(写真撮影:駒井壮介氏/写真の無断ダウンロード、二次使用はご容赦ください)
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

思えば、去年の横浜公演(藍染川)の際に、2月末に出された政府の「劇場封鎖要請」が2週間で解除になるかならないか・・公演を中止にするべきではないかとお客さまからお叱りをうけながら開催したのから、「2週間程度の自粛」「1ヵ月程度の自粛」とずーーーっと自粛が続いていながら、なかなか感染症終息がみえないままとなっております。

感染症に負けない抵抗力をつけるが先か、ワクチンや特効薬が先か・・ 

安心して、劇場に足を運んでいただき、文化芸術を生で鑑賞していただける世の中が1日も早く戻ってくることを祈るばかりの毎日です。

鎌倉能舞台YouTubeチャンネルに、秋の4公演のダイジェスト(30〜40分)もアップしております。

また、5月からの公演も、感染症予防対策を充分に取りながら、出演者やスタッフの体調にも気をつけつつ、なるべく安全に開催していきたいと思っております。

6月20日の健之介「道成寺」の時には、客席満杯のお客さまにご覧いただきたいと心より願っております。

今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

Posted by kamakura nohbutai at 16:43 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント