CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鎌倉市内私立学校さま 学生能 | Main | 9/22 J-LODlive配信動画»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2021年12月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
       
文化庁「文化芸術による子供育成事業-巡回公演」10月のご報告 [2020年11月15日(Sun)]

令和2年度文化庁「文化芸術による子供育成事業-巡回公演」、10月12日から15日の大阪クール4校は無事に公演をさせていただきました。

当初予定では6月から学校を巡回する予定でしたが、学校も閉鎖となり、巡回できる状況ではなかったので、秋以降に日程を変更しました。これから冬に向かいますが、12月の学校まで無事に回れることを心より祈っております。

今期は、なるべく移動の回数を減らすため、例年ですと本公演の前に一度学校に伺って事前ワークショップをするところを、本公演の前の解説を長めにする感じで、40分の事前ワークショップをしてから、休憩をはさんで本公演、という形をとらせていただいております。

また、伺う能楽師も毎朝検温&健康チェックをして、マスク、手指の消毒の徹底、サーキュレーターも舞台セットと一緒に持ち込み、予防に努めております。

舞台上の地謡も、アクリル板を持参し、アクリル板の後ろで謡うことにしております。ただ、アクリル板で仕切るとやはり謡の声が弱くなるため、体育館が広い学校さんでは、地謡は特製マスクをして謡います。

※ 巡回公演の詳細は下記の通りです。

体育館に簡易能舞台を設営します。能楽師全員とスタッフで設営、準備時間は30分ほどです。

事前ワークショップと、能の上演時には、スクリーンに解説を映し出します。今どんな物語が繰り広げられているのか、予習なしでもリアルタイムに状況がわかり、物語としての能をお楽しみいただけます。

事前ワークショップ40分、休憩/ 狂言20分、休憩/ 能40分、体験10分 という例年とは変則的な時間割でさせていただいております。

※ 大阪クールの報告写真をアップします。

簡易能舞台セットの様子と、事前ワークショップ時の解説。

DSC00707.JPG

狂言「柿山伏」

DSC00717.JPG

地謡座のアクリル板

DSC00722.JPG

能「小鍛冶」前シテの場面

DSC00761.JPG

能「小鍛冶」後シテの場面

DSC00745.JPG

狂言体験

DSC00765.JPG

別の学校の風景。生徒さんも密にならないよう、間隔をあけて座っています。また、なるべく舞台からも離れています。

DSC00777.JPG

DSC00781.JPG

例年ですと、生徒さんたちとの交流も大事なことなのですが、今回はなるべく離れて、体験するお友達も少人数で、見ているお友達も遠くから見ていただいています。それでも、生の能楽を見て、体験してくれたことは、小中学生の皆さんにとって大きな経験となっていると思います。

開催できて本当に良かったです。

これからの学校さんにも無事に能楽をお届けできますように。能楽師一同も健康に留意して、お伺いしたいと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント