CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«文化庁「文化芸術による子供育成総合事業−巡回公演」のご報告@ | Main | 鎌倉こども能、Jcomさんに取材いただきました!»
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年02月(10)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
       
文化庁「文化芸術による子供育成総合事業−巡回公演」のご報告A [2019年12月15日(Sun)]

令和1年度、「文化芸術による子供育成総合事業−巡回公演事業」で伺った学校は(当初予定19校)は下記の通りです。19校、計5200人強の生徒さんに鑑賞いただきました!

7月1日  岐阜県関市立洞戸小学校 82人
7月2日  岐阜県白河市立蘇原小学校 130人
7月3日  岐阜県白川町立佐見小学校 52人
7月4日  岐阜県郡上市立大和南小学校 180人
9月17日  神奈川県三浦市立上宮田小学校 160人
9月18日  神奈川県横浜市立子安小学校 1130人
9月19日  神奈川県横浜市立笠間小学校 335人
11月19日 神奈川県茅ヶ崎市梅田中学校 388人
11月25日 長野県岡谷市長地小学校 150人
11月26日 長野県信州新町中学校 75人
11月27日 長野県上田市立川西小学校 55人
11月28日 長野県佐久市望月小学校 274人
12月2日  神奈川県川崎市下平間小学校 560人
12月3日  神奈川県川崎市中野島小学校 450人
12月5日  神奈川県海老名市中新田小学校 90人
12月9日  神奈川県厚木市依知中学校 400人
12月10日 神奈川県川崎市東管小学校 178人
12月11日 神奈川県厚木市北小学校 440人

能舞台を再現する簡易舞台【どこでも能舞台】の設営は能楽師全員とスタッフで行います。生徒数が多い場合はステージに、体育館の床に設営できる場合はフロアに設営します。だいたい30分程度で設営&撤収できます。

本公演のプログラムは、

・最初に5分ほど中森貫太の解説を行います。
、狂言「柿山伏」、能「小鍛冶」と鑑賞してもらいます。
・鑑賞した後には狂言方による「狂言ワークショップ」を行います。今見た狂言の場面を練習したり、狂言の構えや笑い方など、生徒全員で体験してもらいます。
・最後に、疑問に思ったことを質問してもらう質問コーナーもあります。

能「小鍛冶」にはスクリーンにわかりやすい現代語訳の字幕を映し出して上演します。今、何を言っている場面か、リアルタイムでの平易な解説により、物語としての能を楽しんでいただけます。また、能の途中で、ワークショップで練習した詞章の一部を鑑賞している生徒全員と舞台の上の能楽師とで共演してもらう場面もあります。

解説〜質疑応答までで100分の公演です。途中10分の休憩あり

というわけで、本公演の様子です。

19.12.10+文化庁+(83).JPG

19.12.10+文化庁+(130).JPG

19.12.10+文化庁+(158).JPG

19.12.10+文化庁+(171).JPG

19.12.10+文化庁+(213).JPG

DSC00296.JPG

DSC00315.JPG


能狂言をより身近に感じられる1日になること間違い無しです!令和2年度もたくさんの学校さんの応募を心よりお待ちしております!

2年度応募に関しては https://blog.canpan.info/nohbutai/archive/703 の記事をご参照くださいませ。

【全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい。それが私たちの願いです!】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント