CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«玉川大学学生能 公演のご報告 | Main | 秋の鎌倉公演のお知らせ@ 「能を知る会 鎌倉公演 −宗教劇としての能−」»
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年02月(9)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
       
「能を知る会東京公演−仲光」公演のご報告 [2019年09月16日(Mon)]

9月14日の「能を知る会東京公演−仲光」の公演のご報告です。この公演は鎌倉能舞台では初!の観世能楽堂での公演でした。(来年も9月の東京公演は観世能楽堂で行います!)たくさんのお客様にご来場賜りました。ありがとうございました。

最初に中森貫太よりひとこと

19.09.14+能知会+(7).JPG

解説は葛西聖司氏

19.09.14+能知会+(16).JPG

狂言「長光」 シテ 野村萬斎師、アド 野村裕基師

19.09.14+能知会+(21).JPG 

能「仲光」 藤原仲光:中森貫太、多田満仲:観世喜正師、恵心僧都:森常好師、子方 美女丸:佐藤碧さん、幸壽:野田歩花さん

19.09.14+能知会+(105).JPG

19.09.14+能知会+(114).JPG

19.09.14+能知会+(170).JPG

19.09.14+能知会+(297).JPG

(写真撮影:駒井壮介氏。写真の無断ダウンロード、二次使用はご遠慮ください。)

主君のために我が子を討つという悲しい物語で、関東ではあまり上演されない仲光ですが、舞台が兵庫県の中山寺、多田神社などのため関西ではご当地曲として上演回数も多いそうです。

今回子方を勤めたくれた子どもさんたちは、昨年から始まった鎌倉市の事業「鎌倉こども能」で1年間能のお稽古をし、3月の能「土蜘蛛」の発表会で前シテと頼光を経験した子どもたちです。今回の子方も「鎌倉こども能」のお稽古と並行して貫太先生がお稽古してきました。本番でも堂々として立派な子方でした。

このところ鎌倉能舞台の子方をしてくれている富坂唐くん(6月の「国栖」や観世九皐会での「松山鏡」など多数出演しています)もとてもよい子方くんで、本当に良き子方さんたちに恵まれて幸せです。富坂唐くんは次回は11月の「能を知る会横浜公演」の「江野島」で弟の耀くんと子方をしてくれます。

次回の「能を知る会」は10月7日(月)の鎌倉公演、10月25日(火)午後の「能を知る会鎌倉公演」「飛雲(ひうん)」、11月2日(土)午前の部「鉢木」、午後の部「葛城」、11月21日「能を知る会横浜公演」「江野島(えのしま)」と、公演が続きます。10月7日以外はまだまだチケット多数ございますので、ぜひご来場くださいませ!
Posted by kamakura nohbutai at 20:56 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント