CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«玉川大学学生さん向けワークショップ | Main | 四日市市立中学校能楽ワークショップ»
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年04月(11)
2020年03月(14)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
       
鎌倉市内小学校 狂言教室 [2016年09月29日(Thu)]

午後からは、鎌倉市立腰越小学校6年生の生徒さん62人が鎌倉能舞台での「狂言鑑賞・体験ワークショップ」をされました。

この事業は、文化庁の地域活性化事業として助成をいただいている事業で、鎌倉市教育委員会が主催されて、鎌倉市内小学校16校が、鎌倉能舞台を訪れたり、または自校の体育館で、狂言「柿山伏」と体験を経験されています。今年で7年目くらいとなり、とうとう鎌倉市内小学校16校全校が参加してくれることとなりました。これからもこの事業が続いてくれることを、心から願っています。

まず、健之介先生の、能や狂言とはなんぞや・・という解説。能面を皆さんに見せているところです。

IMG_6418.JPG

狂言「柿山伏」 シテ 大藏教義師

IMG_6424.JPG

そして、何人かの生徒さんに足袋を履いてもらい舞台に上がっての体験。舞台に上がらない生徒さんも、客席から全員で体験してみます。

IMG_6431.JPG

狂言でもとても素直に笑い声があがり、良い経験を楽しんでくれたことと思います。ぜひ心の片隅にでも、能舞台で狂言を見たことがあるよ〜と覚えていて欲しいなと願います。


狂言「柿山伏」ですが、”山伏”が”大きな柿の木に登り”、”柿を盗み食いする”という話しなのですが、最近の柿の木は(収穫の時に取りやすいように)小さい木に品種改良されているそうで・・・(文化庁の巡回公演で、柿の名産地の地方に行って、貫太さんが聞いてびっくりしていました)

というわけで、「柿の木っていうのは、昔は大きな木で、柿の実が上〜の方になっているから、それを取るために、石を投げたり、木に登ったりしたんだよ」と、説明を加えています。

だいたいが、今の子供たちは、木になっている柿の実を、盗み食いまでして食べたいご馳走だと思わないだろうなー というか、果物はスーパーで買ってくるものだと思っているだろうなー とか・・・ どこまで説明すればよいのか、しなくて大丈夫なのか、悩むところではありますが・・・

子ども達の想像力を豊かにするという意味でも、能や狂言をみて、この場面は木に登っているんだ、などと想像できる力を育む、大切な体験だと思います。

来年以降も、鎌倉市内の小学生が同じような形で鑑賞と体験ができますように。切に願います!
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント