CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«謹賀新年 | Main | 「能を知る会鎌倉公演−観阿弥・世阿弥の能」公演のご報告»
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2020年02月(9)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
       
11月「能を知る会横浜公演−福の神・大社」公演のご報告 [2015年01月15日(Thu)]

11月28日に横浜能楽堂にて行われました「能を知る会横浜公演」の公演のご報告が大変遅くなりました。

講演「出雲大社式年遷宮祝賀〜神在月の饗宴」 葛西聖司氏

14.11.28 能知会_018.JPG

狂言「福の神」 福の神 野村萬斎師、参詣人 岡聡史師、参詣人 飯田豪師

14.11.28 能知会_034.JPG

能「大社(おおやしろ)神子神主」 前シテ 尉 中森貫太、ツレ 宮人 中森健之介、ワキ方 臣下 殿田謙吉師

14.11.28 能知会_054.JPG

間狂言(神子神主) 神主 野村萬斎師、神子 高野和憲師、神子 岡聡史師

14.11.28 能知会_075.JPG

「大社」 後シテ 大己貴命 中森貫太、ツレ 天女 中所 宜夫師、ツレ 龍神 鈴木 啓吾師

14.11.28 能知会_134.JPG

14.11.28 能知会_130.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

「大社」の上演は鎌倉能舞台では始めてでした。「神子神主(みこかんぬし)」の小書(特殊演出)はとても面白く、野村萬斎師の狂言を2番観られたようなお得感がありましたね!

「大社」初演にさきだって、鳥兜(とりかぶと)(後シテの頭に載っている兜)と、龍神の持ってくる”箱”(金箔が貼られた、中に龍戴(りゅうたい)の入っている箱。←誂えで作っていただき、ウン十万円の貴重品です)を新調しました。この”箱”は「大社」にしか使わない小道具ということでしたあせあせ(飛び散る汗)

出雲大社が大変に話題になったのもありまして、この公演は見所も満席となりました。お席のトラブルも一部にあったようで、申し訳ありませんでした。ご来場賜りましたお客様、稀曲にお付き合いいただきました出演者の皆様、ありがとうございました!!
Posted by kamakura nohbutai at 14:18 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント