• もっと見る
最新記事
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2022年12月(1)
2022年09月(3)
2022年08月(5)
2022年07月(1)
2022年06月(7)
2022年05月(2)
2022年03月(6)
2022年02月(3)
2022年01月(4)
2021年12月(3)
2021年11月(10)
2021年10月(9)
2021年09月(3)
2021年08月(1)
2021年07月(1)
2021年06月(8)
2021年05月(6)
2021年04月(1)
2021年03月(4)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(5)
2020年11月(10)
2020年10月(1)
2020年09月(9)
2020年08月(4)
2020年07月(5)
2020年06月(5)
2020年05月(11)
2020年04月(18)
2020年03月(13)
2020年02月(11)
2020年01月(4)
2019年12月(7)
2019年11月(5)
2019年10月(5)
2019年09月(8)
2019年08月(3)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(2)
2019年03月(10)
2019年02月(7)
2019年01月(10)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
       
ご支援のお願い [2022年12月31日(Sat)]

【ご支援のお願い】

新型コロナウイルス感染症の影響により、能楽界、また鎌倉能舞台もかつてない経営危機に直面しています。この状況を乗り越え、これからも能楽の普及と振興のための活動を続けていくため、ご支援のお願いです。

能楽の継続には皆様のご支援が必要です。 お力添えをなにとぞよろしくお願い申し上げます。

ご寄付・賛助会員のお申込は下記フォーム、またはメール等でご連絡頂ければ幸いです。

http://www.nohbutai.com/support/

※当法人は一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人の認定に関する法律の施行にともなう 関係法律の整備等に関する法律(平成18年法律第50号)第44条の規定に基づく「公益財団法人」としての認定を受けておりますので、当法人への寄附金には、特定公益増進法人としての税法上の優遇措置が適用されます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「能楽」は今から650年ほど前に生まれた現存する世界最古の古典演劇です。長い時間の流れの中で、舞台、台本、役者が使う能面、装束、楽器、演出、作曲、振り付け、セリフの発声と発音まで昔のままに受け継がれ、当時もこうであっただろうという面影を色濃く伝えている芸能です。

能楽師は、家の子は立って歩ける頃から父親から口移しでお稽古をつけてもらい、子方の役がつくようになると学校を休んでお舞台に出ます。シテ方も謡と仕舞だけでなく全ての能の楽器を師匠のところに学びに行きます。

自分も能楽師の道を歩むと決めた子供は師匠家に内弟子に入り、長い修行の期間を経て能楽師となります。

また、大学の能楽部などで興味を持ったり、大人になって突然能楽にはまったり、さまざまなきっかけで能楽の道を進む人も、師匠の教えを長年受けて一人前の能楽師となります。

師匠のところに「能楽師になる」と決めて入門してから一人前になるには10数年以上の長い修行が必要です。

ほとんどの能楽師は個人事業主(いわゆるフリーランスです)で、無形文化財総合認定者も個人への国からの補助金は特にありません。仕事着の紋付、能の楽器、シテ方ですと能装束や能面など、次代へ継承すべき道具・技能全ては「好きでやっている」個人の支出で賄っています。

このコロナ禍のため、2月末から能の公演もほとんどが「自粛」となりました。薪能、学生向け公演、市民能など、先行きの見えない不安から12月頃の公演まで中止の嵐となっています。

国からの事業への助成はありがたいことに次々発表となっています。ただ多くが「事業経費の2分の1の助成」また「動画の配信など新しい演劇の姿」を模索する必要があります。

日本はとかく「古いものは悪いもの、古いものは捨てて新しくすることが正しい」と思う民族のように思います。ヨーロッパのように、昔ながらの町並みを残していくのが文化と思わず、古い建物は壊して新しい技術で新しい町にしてしまう。

文化も、動画で配信したり、今まで守ってきた伝統ではない"新しい試み"を「より積極的な取組」と称賛しがち・・。

能楽師が650年大事に継承してきた大切な心=『古の伝統を古の形のまま守る』ための支援をぜひお願いできればと願っています。日本の文化を大切にしてください。

コロナ後の世界に、伝統文化の公演が元に戻るのか需要はあるのか、一度無くなってしまった公演は二度と戻ってこないのでは…と心配です。

今が最大のダメージ、とは言い切れないかも知れない… 今も事業収入ゼロの大変厳しい状況ですが、コロナ後も、能楽が生き残り立ち上がるためのご支援を賜りたく、切に切にお願い申し上げます。

能楽の継続には皆様のご支援が必要です。

鎌倉能舞台が能楽の普及と振興のための活動を続けていくため、お力添えをなにとぞよろしくお願い申し上げます。

http://nohbutai.com/support/

鎌倉能舞台_賛助会チラシ#2-1.jpg

鎌倉能舞台_賛助会チラシ#2-2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 16:12 | お願い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
文化庁巡回公演「文化芸術による子供育成推進事業」 [2022年09月18日(Sun)]

鎌倉能舞台の文化庁学校巡回公演がスタートしました。

青森県三沢市おおぞら小学校と青森県五戸町立五戸小学校で、狂言「柿山伏」・仕舞「船弁慶」・半能「敦盛」上演しました。狂言体験もしてもらいました。

FB_IMG_1663486438407.jpg

FB_IMG_1663251732063.jpg

FB_IMG_1663251738538.jpg

FB_IMG_1663251721397.jpg

FB_IMG_1663251727203.jpg

生徒の皆さんは興味深く熱心に鑑賞&体験をしてくれました。

RAB青森放送でも取り上げて頂きました。

https://www.rab.co.jp/news/sp/news108c6nzghhgfpcs7aqq.html?s=09

#文化庁巡回公演
#文化芸術による子供育成推進事業
#敦盛
#柿山伏
#鎌倉能舞台
能を知る会 東京公演「安宅」 男のドラマ 女の運命 [2022年09月18日(Sun)]

※当日券、若干枚あります! 開場は開演の45分前の、1時15分です。ご来場お待ちしております。

【字幕解説付き!(現代語訳&英訳)。初めて能楽に触れる方や外国人の方にも面白くお楽しみ頂ける公演です。】

◆公演名:能を知る会東京公演−安宅−  
◆日 時:9月23日(金・祝)14:00開演
◆会 場:観世能楽堂
◆入場料 正面自由席9,130円/脇中自由席6,930円
◆演 目:
講演「男のドラマ 女の運命 〜安宅〜」葛西 聖司
狂言「今参(いままいり)」野村 萬斎
能「安宅(あたか)勧進帳」中森 貫太

0923ataka.jpg

◆みどころ:2022年9月能を知る会東京公演は、歌舞伎の「勧進帳」の題材ともなった源義経の逃避行を描いた名曲「安宅」を上演致します。兄頼朝と不仲となり、追っ手がかかった義経一行。四国に逃げることは叶わず、吉野山に逃げ込むも追い立てられる。窮した一行は奥州藤原氏を頼るために北に逃げることにする。その道中、石川県小松の近くにたてられた“安宅の関”を突破するために知恵を絞り、見事突破する場面を題材としております。山伏問答、勧進帳、酒宴の舞と見所の多い名曲です。

狂言は、野村萬斎師による名曲「今参」を上演致します。大名、と新参者の秀句(【しゅうく】:だじゃれ)を主とした面白おかしいやりとりが見所です。

公演の最初には古典芸能解説者の葛西聖司氏による見所解説もございます。
能にはわかりやすい字幕解説を備え付けのスクリーンに映し出し、初心者でも楽しめる公演となっております。

◆あらすじ:
安宅【あたか/Ataka】
 平家滅亡の後、兄・頼朝と不仲になった源義経(子方)は、弁慶(シテ)、その他家臣(ツレ・同山【どうやま】)と共に山伏の姿となり、奥州へと向かった。一方、頼朝は関所を造り、山伏を厳しく取調べさせた。義経一行が加賀国安宅湊に差し掛かった所、関守富樫(ワキ)が通行を阻む。そこで弁慶は、南都東大寺再建の為に寄進を募っている山伏だと弁じ、巻物を本当の勧進帳の如くに読み上げる。富樫は恐れをなして関を通そうとするが、強力姿を装う義経を見咎める。義経の為、弁慶達が武力を示して通すように迫ると、富樫は折れて一行を通してしまう。その後、一行がひと休みしていると、富樫が現れ先程の非礼を詫び、酒を勧める。やがて弁慶が興を添える舞を舞うさなか、一行は立ち去り奥州へと下っていくのであった。

今参【いままいり/Imamairi】
 大名は新しい使用人を雇うことにし、家来である太郎冠者に探させることにした。冠者が大きな街道で待っていると、奉公志願の男が通りかかったので連れ帰る。道中、冠者は大名に気に入られるよう男に秀句(【しゅうく】:だじゃれのこと)をいくつか教える。対面した大名は男を気に入り、雇うことにする。さらに話す内、新参の男は秀句を交えることになるが・・・。

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス https://eplus.jp/sf/detail/3632990001-P0030001

2022.9.jpg

2022.9_2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 16:25 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カレンダー2023 販売予約受付中 [2022年09月18日(Sun)]

能カレンダー2023のデザインが上がってきました。10月には販売開始になります!

2023_01.jpg

2023_13.jpg

☆シテ:中森 貫太、 中森健之介
☆撮影:駒井 壮介氏

☆1部1,430円※消費税込み 10部お買い上げごとに1部プレゼント!

☆[お申し込み方法] FAX、お電話、メールフォーム等でお申し込み頂ければ郵送いたします。

☆ [お支払い方法] カレンダー到着後、代金+送料振り込みください。 (郵便局または横浜銀行)
☆詳しい申込みページは こちら http://www.nohbutai.com/goods/calendar.htm

☆申込みフォームは こちら http://www.nohbutai.com/goods/order.htm

☆または、申込み用紙をFAXでお送り下さい。 こちら http://www.nohbutai.com/goods/img/2022.pdf


お申込みお待ちしております!


(表紙の「隅田川」の梅若丸 中森陽大は、貫太先生 次男、中森慈元の長男です。
中森貫太 長男、中森健之介はまだ独身ですからかう(あっかんべえ))←トリビア的な‥

Posted by kamakura nohbutai at 16:07 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
「平和を考えるパネル展」 [2022年08月25日(Thu)]

「平和を考えるパネル展」

297903228_498300885629839_6882116956299265575_n.jpg

298095595_498300922296502_9122872929026971976_n.jpg

▼展示場所・期間
鎌倉駅地下道ギャラリー:15日(月)まで
市役所本庁舎1階ロビー:8月16日(火)〜19日(金)

中森貫太のメッセージも展示いただきました。まことにありがとうございます。

Posted by kamakura nohbutai at 22:12 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
相模薪能〜公演のご報告 [2022年08月25日(Thu)]

8月15日、寒川神社様での相模薪能が3年振りに行われました。第53回目の薪能は晴れ渡ったお天気の中無事に開催され、関係各位に深く感謝申し上げます。

22.08.15 逶ク讓。阮ェ閭ス (3).JPG

ご神事のあと、能「箙」、狂言「墨塗」、能「巻絹」を上演いたしました。

能「箙」シテ 観世喜正師

22.08.15 逶ク讓。阮ェ閭ス (31).JPG

狂言「墨塗」シテ 野村萬斎師

22.08.15 逶ク讓。阮ェ閭ス (95).JPG

能「巻絹」シテ 中森貫太、ツレ 中森健之介

22.08.15 逶ク讓。阮ェ閭ス (121).JPG

22.08.15 逶ク讓。阮ェ閭ス (146).JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)(写真の無断ダウンロード、二次使用はご遠慮ください)


DSC_3552.JPG

参集殿に飾られていたねぶた「箙の梅」

DSC_3546.JPG

中森貫太のご挨拶文

DSC_3550.JPG

無事の開催を心より感謝しております。
Posted by kamakura nohbutai at 21:57 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
はじめての能楽〜土蜘蛛〜マグカル助成普及能 [2022年08月19日(Fri)]

2022年10月29日鎌倉能舞台主催公演は、初めて能楽を見る方に向けた形式で、能は人気曲「土蜘蛛」を上演致します。最初に能楽と土蜘蛛の解説があり、その後能「土蜘蛛」、最後に能楽体験ワークショップを行います。初めて能楽に触れてみたい方にもオススメの公演となっております。能「土蜘蛛」では、場内3箇所に設置したモニターに現代語訳の字幕を表示致します。

◆日時:10月29日(土)午前10時半〜11時50分
◆場所:鎌倉能舞台
◆料金:全席自由席 大人5000円 子供(小学生〜高校生)3000円
◆演目:
解説:「能ってなぁに?」 中森貫太
能 :「土蜘蛛【つちぐも/Tsuchigumo】」
シテ[僧/土蜘蛛の精]:中森健之介、ツレ[源頼光]:中森貫太、ツレ[胡蝶]:奥川恒成、トモ[頼光の従者]:久保田宏二、
ワキ[独武者]:野口能弘、ワキツレ[従者]:吉田祐一
 笛:平野史夏、小鼓:岡本はる奈、大鼓:佃良太郎、太鼓:姥浦理沙
 後見:奥川恒治、佐久間二郎
 地謡:駒瀬直也、鈴木啓吾、小島英明、柴田孝宏
体験:「能楽ワークショップ」
 謡ってみよう、歩いてみよう、投げてみよう

◆あらすじ:
土蜘蛛【つちぐも/Tsuchigumo】
猛将・源頼光(ツレ)は、近頃体調に優れず病床に伏していた。その話を聞いた典薬守は胡蝶(ツレ)という女性を頼光のもとへ遣わす。頼光の侍従(トモ)に取り次いでもらった胡蝶は頼光と対面し、弱気に成る頼光を励ます。
そしてその夜、頼光が寝所にて眠っていると怪しげな僧(前シテ)がどこからともなく現れ頼光に蜘蛛の糸を投げかけ亡き者にしようとする。しかし武勇に優れた頼光は、枕元にあった名刀・膝丸【ひざまる】にて蜘蛛を斬り伏せ撃退する。
程なくして騒ぎを聞きつけた独武者(ワキ)がやってくると、力を取り戻した頼光から事の次第を伝えられ、土蜘蛛退治を命じられる。
[中入]
独武者一行(ワキ・ワキツレ)は葛城山の土蜘蛛のすみかまで赴き、取り囲んで塚を崩す。すると中から妖怪・土蜘蛛(後シテ)が現れ、蜘蛛の糸で応戦し、戦いとなる。しかしやがて、武者たちの武力が勝り、土蜘蛛の首を斬り落とし都へ凱旋するのであった。

1029_01.jpg

1029_02.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 16:52 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能を知る会鎌倉公演「碇潜」「景清」 [2022年08月09日(Tue)]

【字幕解説付き!(現代語訳&英訳)。初めて能楽に触れる方や外国人の方にも面白くお楽しみ頂ける公演です。】

0128_kage.jpg

2023年1月28日土曜日、県民のための能を知る会鎌倉公演・朝の部は、平知盛の最期を描いた名曲「碇潜【いかりかづき/Ikarikazuki】」を上演致します。
前半は平教経の最期を語り、後半は平知盛が碇を頂いて入水する場面を示す曲となっております。
狂言は、妻乞の名曲「二九十八【にくじゅうはち/Nikujuhachi】」を上演致します。清水の観世音に妻乞をした男がお告げをもらい、その通りに行動すると女性と巡り会えるが・・・。という曲になっております。女の謎かけ「にく」という言葉がどういう意味かをお楽しみ下さい。

昼の部は、平家の猛将“景清”の源平合戦後の姿を描いた名曲「景清【かげきよ/Kagekiyo】」を上演致します。
盲目となり九州に流刑にされたという説から作られた曲で、盲目となり、衰えた景清が自ら活躍した屋島の戦いの「しころ引き」を舞い示す場面が見所のひとつとなっております。
 狂言は、盆山(盆の上に作った箱庭のようなもの)を巡った名曲「盆山【ぼんさん/Bonsan】」を上演致します。盆山を盗もうとした男が、持ち主によって色々とからかわれる様をお楽しみ下さい。

能には、現代語訳をした字幕を場内3箇所のモニターに写し出し、わかりやすく解説致します。

◆日時:2023年1月28日(土)
◆場所:鎌倉能舞台
◆演目
午前の部(10時始め)
・解説「壇ノ浦の合戦〜平家の最期 平教経・知盛」   中森貫太
・狂言「二九十八【にくじゅうはち/Nikujuhachi】」 
 シテ:善竹十郎、アド:野島伸仁、後見:善竹大二郎
・能 「碇潜【いかりかづき/Ikarikazuki】」
 シテ:中森健之介、ワキ:野口能弘、アイ:善竹大二郎
 笛:栗林祐輔、小鼓:幸 正昭、大鼓:柿原光博、太鼓:澤田晃良
 地謡:遠藤喜久、鈴木啓吾、佐久間二郎、坂真太郎
 後見:奥川恒治、小島英明

午後の部(14時始め)
・解説「孤高の武将 悪七兵衛景清」   中森貫太
・狂言「盆山【ぼんさん/Bonsan】」 
シテ:善竹十郎、アド:善竹大二郎、後見:野島伸仁
・能 「景清【かげきよ/Kagekiyo】」
 シテ:中森貫太、ツレ:永島 充、トモ:桑田貴志、
ワキ:野口琢弘
 笛:栗林祐輔、小鼓:幸 正昭、大鼓:柿原光博
 地謡:奥川恒治、鈴木啓吾、小島英明、坂真太郎
 後見:遠藤喜久、佐久間二郎

鎌倉能舞台チケット申込みフォーム
http://www.nohbutai.com/ticket/ticket.htm

eプラス 朝の部
https://eplus.jp/sf/detail/3692930001-P0030001
eプラス 昼の部
https://eplus.jp/sf/detail/3692940001-P0030001


0128_1.jpg

0128_2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 15:15 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能楽キャラバン!in神奈川「江野島」 [2022年08月09日(Tue)]

【字幕解説付き!(現代語訳&英訳)。初めて能楽に触れる方や外国人の方にも面白くお楽しみ頂ける公演です。】

0105_eno.jpg

2023年1月5日木曜日、日本全国能楽キャラバン!in神奈川は、日本でも有数の観光地「江ノ島」を舞台にし、江ノ島の神話をもとにした謡曲「江野島」を上演致します。

『日本全国 能楽キャラバン!』は文化芸術の重要性や魅力を発信し、体感して頂くことにより、コロナ禍の萎縮効果を乗り越え、地域の文化芸術の振興を推進する目的で開催されます。

「江野島」は深沢に住むとされる龍神と、天より遣わされた弁才天の物語で、弁才天の華やかな舞と勇猛な龍神の舞が見所となっております。
 狂言は野村萬斎師による「鐘の音」を上演致します。こちらは鎌倉縁の名曲で、「金の値」を聞いてくるよう言われた太郎冠者が、鎌倉の寺院の「鐘の音」を聞き比べて主人に教えるという物語となっております。
 冒頭には古典芸能解説者の葛西聖司氏による解説も御座います。
能は、前方スクリーンにて現代語訳を投影しまして、より理解を深めることの出来る公演となっております。

◆日時:2023年1月5日(木)午後2時始め
◆場所:鎌倉芸術館小ホール
◆演目:
・解説 神秘の島 祈祷の響き「江野島」  葛西聖司
・狂言「鐘の音【かねのね/Kanenone】」 シテ:野村萬斎、アド:高野和憲、後見:深田博治
・能 「江野島【えのしま/Enoshima】」
 シテ:中森貫太、前ツレ:中森健之介、後ツレ:小島英明、子方:手島福太郎、大川眞央
 ワキ:舘田善博、ワキツレ:則久英志、梅村昌功、アイ:飯田 豪
 笛:杉信太朗、小鼓:飯田清一、大鼓:亀井広忠、太鼓:小寺真佐人
 地謡:観世喜正、駒瀬直也、鈴木啓吾、永島 充、佐久間二郎、坂真太郎、桑田貴志、平野真樹
 後見:奥川恒治、遠藤喜久

▽日本全国 能楽キャラバン!in 神奈川「江野島」
能楽協会特設ページ こちら)
https://www.nohgaku.or.jp/caravan2022/performance/detail/20230105_kanagawa

鎌倉能舞台チケット申込みフォーム
http://www.nohbutai.com/ticket/ticket.htm

eプラス 販売ページ
https://eplus.jp/sf/detail/3691200001-P0030001

0105-1.jpg

0105-2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 13:33 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会鎌倉公演 平家物語と能」公演のご報告 [2022年07月12日(Tue)]

7月2日、「能を知る会鎌倉公演」は無事に終了しました。ご来場いただきましたお客さま、ご出演頂きました先生方、ありがとうございました。

今回は平家物語と能をテーマの公演でした。

午前の部 
講演 小林健二氏

22.07.02 閭ス遏・莨・(24).JPG

狂言「飛越」 シテ 大藏吉次郎師

22.07.02 閭ス遏・莨・(35).JPG

能「俊寛」 シテ 中森貫太、ツレ 中森健之介

22.07.02 閭ス遏・莨・(93).JPG

22.07.02 閭ス遏・莨・(49).JPG

午後の部

狂言「寝音曲」 シテ 大藏吉次郎師

22.07.02 閭ス遏・莨・(194).JPG

能「小督」 シテ 佐久間二郎師

22.07.02 閭ス遏・莨・(256).JPG

22.07.02 閭ス遏・莨・(277).JPG


質疑応答 中森貫太

22.07.02 閭ス遏・莨・(338).JPG

能には、わかりやすい現代語(日本語&英語)の字幕を映し出して上演しますので、物語としての能をお楽しみいただけます。

22.07.02 閭ス遏・莨・(52).JPG

(写真撮影:駒井壮介氏。 写真の無断ダウンロード、二次使用はご遠慮ください)

次回「能を知る会」は、9月23日に観世能楽堂で「安宅」を上演します。

皆様のご来場をお待ち申し上げております!

2022.9.jpg

2022.9_2.jpg


Posted by kamakura nohbutai at 21:28 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ