CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年11月(7)
2017年10月(7)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
       
丘みどりさん [2017年11月19日(Sun)]

今年の紅白歌合戦の出場歌手が発表になりましたね!

NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171116/k10011225311000.html

紅組初出場の「丘みどり」さん!おめでとうございます!!!!!

覚えていらっしゃいますか? こちらのブログ http://blog.canpan.info/nohbutai/archive/493 でご紹介した、”若手演歌歌手さん”、今年の大ヒット曲『佐渡の夕笛』のプロモーションビデオを鎌倉能舞台で撮ってくださった歌手さんです\(^o^)/

プロモーションビデオでみどりさんが手にしているのは鎌倉能舞台の能面で、能面の持ち方、顔へのあて方、能管の持ち方など、中森貫太が指導させていただきました。

丘みどりさんの「佐渡の夕笛」のプロモーションビデオ こちら https://www.youtube.com/watch?v=pb9tXPx77Bc

ね?鎌倉能舞台ですよねわーい(嬉しい顔)

PV撮影の時に、羽衣の能装束をつけた貫太さんがバックで舞う演出も素敵〜などなどPV作成会社さんとも盛り上がったのでした。紅白の演出でいかがでしょう? ・・・と小さく呟いてみますひらめき

夢は諦めない。強く願えばいつか夢は叶う。そんな素敵な夢を見せて貰いました。我が事のように嬉しいです。

素敵な演歌歌手さんとして、ますますのご活躍をお祈りしています!このたびは本当におめでとうございます!!
Posted by kamakura nohbutai at 22:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
公演のご報告「能を知る会横浜公演〜修験道と能〜 」 [2017年11月18日(Sat)]

11月15日は横浜能楽堂にて「能を知る会横浜公演〜修験道と能〜 」を上演いたしました。

”修験道”がテーマの公演でしたので、たくさんの山伏が登場しました。

まずは、本職のお坊様、新井弘順さまの講演。

修行をされた山伏殿も登場いただき、法螺貝を吹いてくださいました。

17.11.15+能知会_002.JPG

17.11.15+能知会_009.JPG

仕舞「嵐山」中森健之介

17.11.15+能知会_012.JPG

仕舞「車僧」奥川恒治師

17.11.15+能知会_019.JPG

狂言「腰祈(こしいのり)」シテ 野村萬斎師

17.11.15+能知会_025.JPG

17.11.15+能知会_028.JPG

能「谷行(たにこう)」シテ 中森貫太 阿闍梨 森常好師、松若 森颯真くん

17.11.15+能知会_040-2.JPG

17.11.15+能知会_056.JPG

17.11.15+能知会_066.JPG

17.11.15+能知会_078.JPG

17.11.15+能知会_135.JPG

17.11.15+能知会_140.JPG

(舞台写真:駒井壮介氏)

安宅のような、だけど山伏たちはワキ方で、「谷行」されてしまった松若を皆で祈って伎楽鬼神を登場させて蘇らせる・・・何とも不思議な能でした。

最初の新井ご住職の講演と、お配りしたしおり、字幕スクリーンで、見ているお客様もドラマチックな舞台展開がおわかりになられたことと思います。

颯真くんが可愛かった!山伏が豪華だった!伎楽鬼神がカッコ良かった。(^^)v

次回「能を知る会」は、11月25日(土)、鎌倉能舞台での「紅葉狩」「六浦」でございます。日にちが近いですが、”紅葉”をテーマにした能もぜひお楽しみくださいませ。

2017.1125_01.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 00:29 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
小田原善福寺さま報恩講奉能 [2017年11月18日(Sat)]

11月4日は、小田原市の善福寺さまにて、報恩講の奉能をさせていただきました。

善福寺さまHP http://www.zempukuji.or.jp/

DSC05672.JPG

DSC05673.JPG

ご住職のお話のあと、中森貫太が能について少し解説をさせていただき、

DSC05676.JPG

仕舞2番と、

DSC05678.JPG

DSC05684.JPG

能「水無月祓(みなづきばらえ)」を上演しました。

DSC05697.JPG

毎年お呼びいただき、もう5年目となりました。本殿の中で奉能させていただき、ありがとうございます。

来年は10月末の土曜日に開催されるとのこと。ぜひ一度足をお運びくださいませ。

このたびはありがとうございました。


Posted by kamakura nohbutai at 00:20 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成30年度「文化芸術による子供の育成事業−巡回事業」 実施校募集のお知らせ [2017年11月15日(Wed)]

平成30年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回事業」 実施校募集が始まりました!!

○鎌倉能舞台の行っております「巡回公演」の様子は、こちらのブログよりご覧いただけます 
http://blog.canpan.info/nohbutai/category_7/1

○鎌倉能舞台の平成30年度伺う地域は、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県、となります。

学校体育館にて生徒さんに能狂言を鑑賞いただく事業です。簡易能舞台設営のお手間も、公演に関する学校の負担金もございません。

鑑賞する生徒さんは小学校1年生から中学生までOKです。

○募集案内は、「文化芸術による子どもの育成事業」のHP
http://www.kodomogeijutsu.go.jp/ の、
「新着情報」の上の「募集に関する情報」をクリック、
◎ 平成30年度「巡回公演事業」−実施校募集のご案内−
http://www.kodomogeijutsu.com/application/index.html#junkai
より、ダウンロードしてください。

鎌倉能舞台の公演の詳しい内容は、
「J 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 ダウンロード」
から、ご覧いただけます。

ぜひ「自校の生徒に日本の伝統文化 能楽を体験させたい」という学校さんのご応募、お待ちしております!!

全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい。それが私たちの願いです!


22751218_1523407417751096_424802681_o.jpg

22690405_1523407414417763_1948158507_o.jpg


■文化芸術による子供の育成事業とは
小学校・中学校等において一流の文化芸術団体による巡回公演を行い、優れた舞台芸術を鑑賞する機会を提供することにより、子供たちの発想力やコミュニケーション能力の育成を図り、将来の芸術家や観客層を育成し,優れた文化芸術の創造に資することを目的とした文化庁事業です。
※募集要項HP  http://www.kodomogeijutsu.go.jp/application/index.html

■具体的にどんな事業?

学校体育館に能舞台を再現し、プロの能楽師による、生徒向けにアレンジした狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」を鑑賞、体験もします。字幕も出るので大人も子供も楽しく鑑賞できます。

■学校の負担は?
公演料、能楽出演者の交通費等、学校の負担金はありません
能舞台の設置・搬出も能楽団体が行い、体育館を使う時間は公演時間を含めて午前か午後の半日のみでOKです。

■学生向け能楽公演実績
公益財団法人鎌倉能舞台では学生のための「能楽(能と狂言)」公演を48年来開催、文化庁巡回公演事業は平成20年度より受託し、年間5千人以上の生徒児童が「能楽」を鑑賞・体験しています。
ろう学校、視覚支援学校での実績もございます。

■事業の概要
〇公演開催地域:
Jブロック:大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

〇公演実施可能期間:平成30年6月4日〜平成30年7月20日(うち平日34日)
平成30年 8月20日 〜 平成30年12月21日(うち平日86日)

〇公演内容(詳しくは別紙チラシを参照してください)
「事前ワークショップ(90分)」と「本公演(100分))を別日に行います。
「事前ワークショップ(90分)」※本公演に先立ち「能の話、謡体験、能面と能の楽器体験、能の小道具の作成」を行います。(授業時間2時間内)(能楽師3名で伺います。)
「本公演(100分)」※狂言「柿山伏(かきやまぶし)」(15分)、能「小鍛冶(こかじ)」
(40分)の鑑賞と、狂言の体験ワークショップ(20分)、質疑応答(20分)を行います。
能鑑賞の際には、プロジェクターに映し出された字幕を見ながら鑑賞する、事前ワークショップで
練習した謡の一部分を生徒全員で謡うなど、生徒参加型の、わかりやすい公演を行います

〇舞台設営にかかる時間
 本公演の舞台設営は簡易舞台セットを持参し能楽師が行います。設営・撤収にかかる時間は約30分ですので、公演時間を含めて、体育館は午前のみ、または午後のみの使用で大丈夫です。

〇対象:小・中学生とその保護者、教職員(小学1年生から参加可能です)

〇学校の費用負担
この事業にかかる費用(出演料、交通宿泊費等)で学校が負担する費用はございません

〇提出期限:平成29年12月23日(水)【必着】
上記の提出期限とは、都道府県等が域内の申請を取りまとめて(株)JTBコミュニケーションズへ提出する期限です。学校から都道府県等へ提出する期限は、お早めに教育委員会に問い合わせてください。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鎌倉能舞台
担当:中森 貫太(能楽師観世流シテ方)
〒248-0016神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
TEL・Fax:0467-22-5557
Email:webmaster@nohbutai.com
HP:http://www.nohbutai.com/

「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@青森 最終クール [2017年11月14日(Tue)]

平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の青森公演 11/6-11/8の公演報告です。最終クールです。

公演の内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間くらい前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。撤収も20分前後です。

11月6日(月) 青森県南部町立南部中学校 (生徒119人)
11月7日(火) 青森県十和田市立西小学校 (生徒168人)
11月8日(水) 青森県立八戸聾学校・盲学校 (生徒22人)

公演の様子です。

南部町立南部中学校

17.11.06+文化庁南部中+(109).JPG

17.11.06+文化庁南部中+(138).JPG

17.11.06+文化庁南部中+(172).JPG

十和田市立西小学校

0201.jpg

0202.jpg

0205.jpg

0206.jpg

青森県立八戸聾学校・盲学校

0301.jpg

0302.jpg

0303.jpg


ろう学校での公演は、解説・狂言・能とも現代語訳の字幕を出しました。事前に先生方も授業でよく教えてくださっていて、手話通訳の方の通訳もあり、生徒さんたちも大きな声で一緒に謡ったり、体験をしたりしてくれました。

このクールの公演をもって、鎌倉能舞台の平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」は終了となりました。秋田県、北海道、石巻市、仙台市、青森県の全24校、約5800人の生徒さん(+ご父兄や地元の方など)に、能楽を鑑賞&体験していただきました。

本公演前に能楽師3名で伺った「事前ワークショップ」では、能面や装束を着けてみたり、能の楽器をさわってみたり、小鍛冶のシテとワキが使う小道具の「鎚(つち)」と「刀」を紙で作り振ってみる型をやってみたり・・能について学習して貰いました。

本公演では、体育館に簡易能舞台を設営し、プロの能楽師が演じる狂言「柿山伏(かきやまぶし)」と能「小鍛冶(こかじ)」を鑑賞してもらい(能と解説には現代語訳の字幕解説付きで)、狂言の体験もしてもらいました。

能狂言、楽しかったなー、音楽がすごかった、面白かったよ!と、鑑賞してくれた生徒さんの心に印象が残ってくれるととても嬉しいです。そして、日本の伝統文化を大切に残していかなくちゃと思ってくれるとさらに嬉しいです。

24校全て無事に公演を終え、ほっとしています。ありがとうございました。

来年は南九州&沖縄の学校へ参ります!自校の体育館で生徒さんに能楽を鑑賞させたいと思われる先生は、ぜひご応募くださいませ。

これからもこの事業に限らず、学生向け公演に力を入れていきたいと思っています。【全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい!】そう願っています!!
新聞掲載 [2017年11月14日(Tue)]

北海道新聞に、函館戸倉中学校の巡回公演の様子を、読売新聞に八戸ろう学校・盲学校の公演の様子を掲載いただきました!

平成29年度の文化庁巡回公演は、たくさん取材もいただいました。ありがとうございます。励みになりますし、この事業の素晴らしさを広く読者の方にも知っていただけて、感謝申し上げます。

記者さんも、解説や字幕付きの公演を生徒たちと一緒に楽しんで頂けたならば、とても嬉しいです。

本当にありがとうございました。

2017函館 新聞.jpg

読売20171109.jpg



文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@青森・函館 [2017年11月05日(Sun)]

平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の青森・函館公演 10/30-11/1の公演報告です。

公演の内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間くらい前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。撤収も20分前後です。

10月30日(月)青森県七戸町立天間西小学校(生徒221人)
10月31日(火)青森県平内町立小湊小学校 (生徒264人)
11月 1日(水)函館市立戸倉中学校    (生徒390人)

7月の秋田4校(1073人)、8月の北海道9校(1563人)、9月の仙台5校(1881人)に加えて、青森・函館の3校(875人)、合計5392人の小中学生に能楽を鑑賞していただきました。他にも、PTAや近隣の方や、また、新聞社やテレビニュースの取材も入っていただいていました。

公演の様子です。

10月30日(月)青森県七戸町立天間西小学校

DSC05544.JPG

DSC05551.JPG

DSC05554.JPG

DSC05562.JPG

DSC05572.JPG

10月31日(火)青森県平内町立小湊小学校

DSC05592.JPG

DSC05599.JPG

DSC05618.JPG

DSC05622.JPG

11月 1日(水)函館市立戸倉中学校

DSC05634.JPG

DSC05637.JPG

DSC05653.JPG

DSC05663.JPG

DSC05671.JPG

小学校1年生から中学生まで、とても興味深そうに鑑賞してくれました。ありがとうございました!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

平成30年度もおかげ様でこの事業を鎌倉能舞台は続けさせていただけることとなりました。

ブロックが南九州の、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県の学校を巡回させていただきます。この地域の学校さまで、狂言「柿山伏」と字幕解説付き「小鍛冶(こかじ)」と狂言体験を、自校の学校体育館で生徒に見せたい!!とお思いの学校さまは、応募開始期間を公式HP http://www.kodomogeijutsu.go.jp/ でご確認の上、ぜひご応募くださいませ!!

全ての日本の子ども達に能狂言を見る機会を持って欲しい。それが私たちの願いです!!

22751218_1523407417751096_424802681_o.jpg

22690405_1523407414417763_1948158507_o.jpg

「能を知る会鎌倉公演−能の音楽」公演のご報告 [2017年10月26日(Thu)]

10月24日、台風一過の鎌倉での公演のご報告です。

解説は「能の音楽」 中森貫太

17.10.jpg

午前中は鎌倉市内の女子高生さんの団体でした。毎年鑑賞してくださっています。ありがとうございます。

午前の部 狂言「寝音曲」シテ 深田博治師 アド 高野和憲師

17.10.24+能知会_012.JPG

午前の部 能「天鼓」シテ 鈴木啓吾師

17.10.24+能知会_056.JPG

午後の部 能「天鼓」シテ 中森貫太

17.10.24+能知会_083.JPG

17.10.24+能知会_124.JPG

ご観劇いただきましたお客様、ありがとうございました!

(舞台写真撮影:駒井壮介氏)

字幕は、このような形で、シテや地謡の言葉の意味や、囃子のこと、舞の名前等、”能楽師が演じながら皆様にお伝えしたいこと”をリアルタイムにお客様にお伝えできるシステムです。

DSC05441.JPG

例えば、「小督」では、一度幕に入ったシテが、装束の肩を上げた状態で出てくると、それは「馬に乗っている」状態なのだ、とか、笛の音に合わせて出てくるのが「一声のかけごえ」で馬を駆って急いでいる様子を表しているとか、作物が引かれると、そこは小督の局の居間になったなど、

また「天鼓」では、呂水に流された天鼓が水を波立てて波と戯れる情景が字幕によって浮かび上がったり・・・

見ているお客様が想像力を巡らすための補助となるシステムだと思います。現代語訳と英訳と出ますので、外国人の方にも、今、何をやっている場面なのか理解していただけると思いますので、ぜひこれからも「字幕能」をよろしくお願いいたします!!
Posted by kamakura nohbutai at 12:19 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会鎌倉公演−秋の名曲」公演のご報告 [2017年10月26日(Thu)]

10月18日、鎌倉能舞台で行われた「能を知る会鎌倉公演−秋の名曲」公演のご報告です。

解説(午前:「名曲の月」、午後:「仲秋に響く琴の音」)中森貫太

17.10.18+能知会_005.JPG

午前の部 狂言「鈍太郎」シテ 野村萬斎師 アド 中村修一師、内藤連師

17.10.18+能知会_023-2.JPG

午前の部 能「井筒」シテ 中森貫太

17.10.18+能知会_045.JPG

17.10.18+能知会_074.JPG

午後の部 狂言「文荷(ふみにない)」シテ 野村萬斎師、アド 月崎晴夫師、深田博治師

17.10.18+能知会_090.JPG

午後の部 能「小督(こごう)」シテ 中森健之介 シテツレ 新井麻衣子氏、河井美紀氏

17.10.18+能知会_106.JPG

17.10.18+能知会_136.JPG

たくさんのお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました!

字幕もお客様に好評です。今演じられている場面がどんな場面か、事前勉強せずとも良くわかり、背景や心情などを想像しながら観能できて、能がより身近に感じられるようになるのでは・・・と思います。

また、当日は午後の部をJcomさんが取材してくださり、鎌倉ケーブルテレビのデイリーニュースで放映していただきました。ありがとうございました。

(写真撮影:駒井壮介氏)
Posted by kamakura nohbutai at 10:55 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ワンコイン事前ワークショプのお知らせ [2017年10月15日(Sun)]

10月は主催公演が目白押しで、7日に終了した「能を知る会東京公演」の他、18日(水)「能を知る会鎌倉公演−井筒・小督」(おかげさまで満席です)、24日(火)午後2時から「能を知る会鎌倉公演−天鼓」、28日(土)午後1時半から11月公演の事前ワークショップがございます。

<事前ワークショップのお知らせ>
・10月28日(土)午後1時半より午後3時頃まで
・会費:500円(賛助会員さまは無料)
・内容:11/15「能を知る会横浜公演−谷行」と、11/25「能を知る会鎌倉公演−紅葉狩・六浦」の公演の事前解説と、能面をかけたり舞台の上を歩いたりの体験など。
・講師:中森貫太・中森健之介

まだご参加可能です!11月の公演にいらっしゃらない方でも、10/28ワークショップのみのご参加も可能です。ぜひ能の世界に触れにいらしてくださいませ!!

1028特別講座(11月公演)-1.jpg

1028特別講座(11月公演)-2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 19:49 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ